*【&ruby(やーく・あでぃーん){Yak-1};】 [#j528dc53]
Яковлев Як-1 / Yakovlev Yak-1 / Jakovlev Jak-1.~
~
大祖国戦争([[第二次世界大戦]])期にソビエト連邦の[[ヤコブレフ]]が開発、[[赤軍>ソ連軍]]で運用された[[単発>単発機]][[レシプロ>レシプロエンジン]][[戦闘機]]。~
~
試作機「I-26」の初飛行は1940年1月。~

**特徴 [#q6bee251]
[[M-105]](VK-105)[[液冷エンジン]]を搭載、総力戦で発生しうる金属資源の不足を想定し、機体構造は木金混合で設計された((この木金混合構造は[[LaGG-3]]戦闘機でも採用されている。))。~
低高度において優秀な上昇性能と[[運動性]]を発揮、同時期のソ連で開発された[[LaGG-3]]戦闘機と比較して総合的な性能が高かった。~
ただし、中・高高度以上ではエンジン出力の大幅低下により、MiG-3やドイツ軍戦闘機と比べて性能低下が大きかった。~
>雪原を滑走路として使用するため、冬季には主脚がスキー板状に改造された機体が運用された。

なお、Yak-1の基本設計は後の[[Yak-7]]、[[Yak-3]]の原型となった。~

**戦史 [#rd121520]
[[独ソ戦]]前から配備は進行していたものの、[[バルバロッサ作戦]]実施時点の実働機数は赤軍全体の戦闘機の数に比して少なかった。~
また、エンジン発火、エンジン架の振動吸収能力不足、キャノピーの質の悪さなど、初期の運用では様々な不具合が発生した。~
それでも、赤軍にとっては[[ルフトバッフェ]]の主力戦闘機[[Bf109]]E/F型に十分対抗しうる[[運動性]]、速力、火力を併せ持つ強力な戦闘機であり、[[枢軸国]]にとっても初期の航空戦における大きな脅威となった。~
ウラル山脈周辺へ移設された工場が本格的に稼働し始めた1942年以降は
>Yak-1は航空戦史上2人のみ存在する女性[[エースパイロット]]の一人、「スターリングラードの白百合」として知られる[[リディア・リトヴァク]]の乗機であった。

枢軸側の攻勢が停滞、赤軍の本格的な反転攻勢が始まる戦争中盤から後半にかけて、Yak-1は後継の[[Yak-9]]や[[Yak-3]]に置き換えられていった。~
Yak-1は生産終了の1944年7月までに、約8,700機が生産された。~

**性能諸元 [#b61fdcdf]
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~型式|>|>|>|~Yak-1|
|~乗員|>|>|>|1名|
|~全長(m)|>|>|>|8.48|
|~全幅(m)|>|>|>|10.00|
|~全高(m)|>|>|>|2.64|
|~翼面積(屐|>|>|>|17.15|
|~空虚重量|2,445|2,425|2,412|2,326|
|~全備重量(kg)|2,950|2,930|2,917|2,884|
|~[[エンジン]]|>|>|>|M-105(VK-105)液冷V型12気筒|
|~|M-105P|M-105PA|>|M-105PF|
|~[[過給器]]|>|>|>|1段2速[[スーパーチャージャー]]|
|~出力(HP)|1,020|1,100|>|1,210|
|~[[プロペラ]]|>|>|>|可変3翅|
|~最高速度(km/h)|>|560|571|592|
|~[[上昇率]](m/s)|14.6|13.7|13.8|15.4|
|~[[上昇限度]](m)|>|>|10,000|10,050|
|>|>|>|>|~固定武装|
|~モーターカノン|>|>|>|ShVAK 20mm機関砲×1門|
|~胴体|>|>|ShKAS 7.62mm機銃×2挺|UBS 12.7mm機銃×1挺|

**型式一覧 [#ge2abb45]
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~分類|~型式|~生産開始|~解説|~エンジン|>|~武装|
|試&br;作|I-26|1940|Yak-1原型機。|M-105P|20mm×1|7.62mm×2|
|生&br;産|Yak-1|1940|生産前期型。|~|20mm×1|7.62mm×2|
|~|~|1942(夏)|生産中期型。|M-105PA|~|~|
|~|~|1942/10|生産後期型。&br;風防形状を[[涙滴形>バブルキャノピー]]へ改変。&br;非公式呼称Yak-1B((Yak-1b))。|M-105PF|~|12.7mm×1|
|試&br;作|Yak-1M|1943|[[Yak-3]]原型機。&br;翼面積、翼幅を減じ、軽量化。((2号機ではエンジン冷却系[[吸気口>エアインテーク]]の翼根部移設により速度性能が向上。&br;この設計は後のYak-1発展系機体に反映された。))&br;低高度における[[運動性]]が向上。|M-105PF(1号機)&br;M-105PF2(2号機)|~|~|

**派生型 [#nf9151ce]

-[[Yak-7]]~
--[[Yak-9]]~
-[[Yak-3]]~
~

IP:124.144.51.84 TIME:"2023-09-16 (土) 18:04:41" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php?cmd=edit&page=Yak-1" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/116.0.0.0 Safari/537.36 Edg/116.0.1938.81"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS