*&ruby(ぶいにじゅうに){【V-22】}; [#r080b494]
Bell Boeing V-22 &ruby(オスプレイ){Osprey};

>オスプレイは猛禽類の一種。日本語では&ruby(みさご){鶚};という。

[[ベル・ヘリコプター>ベル・エアクラフト]]社と[[ボーイング]]社の共同開発による大型双発[[ティルトローター]]機。1989年3月19日に[[初飛行]]。~
[[飛行機]]並みの[[巡航速度]]を持ちつつ[[ヘリコプター]]のように[[ホバリング]]できる[[統合垂直離着陸機>VTOL]](Joint Multi-Mission Vertical Lift Aircraft :JMVX)。~
~
[[アメリカ海兵隊]]の[[強襲]]任務向けの[[輸送機]]として設計されたが、開発が難航。~
配線ミスやエンジントラブルによる試作機の[[墜落]]事故が相次いだため、安全性について疑問の声も囁かれた。~
しかし量産モデルでは安全性が向上しており、2000年以降には機体要因による事故は起こしていない。

>2010年にはアフガニスタンで横転死亡事故が発生しているが、これは夜間の[[空間識失調]]による人的要因と結論されている。
>ただし、[[強襲]]任務という想定自体が根本的に危険である。戦場で運用している以上は万全の安全性など望みようもない。~
[[地対空ミサイル]]に狙われる事態を防ぐため、夜間航行・[[地形追随飛行]]などの危険行為に走らざるを得ない運用もしばしば見られる。~
2010年にはアフガニスタンでV-22の横転死亡事故が発生しており、これは夜間の[[空間識失調]]による人的要因と結論されている。

これまでの兵員輸送用[[ヘリコプター]]と比べて[[巡航速度]]が速すぎるため、運用上の問題が指摘されている。~
輸送ヘリコプターを護衛していた[[AH-1]]コブラなどの[[攻撃ヘリコプター]]はV-22に比べて遅すぎ、同道できない。~
既存の[[戦闘機]]・[[攻撃機]]はV-22のような機体との帯同を想定していないため、単に護衛機を手配しても問題は解決しない。~
V-22自身は[[ハードポイント]]を持たない設計であるため、V-22単機で武装するのも難しい。~
このため、[[前線]]任務における自衛能力の確保は難題である。~
~
また、[[ホバリング]]時に急激な降下を試みると[[揚力]]が失われて[[失速]]を起こすという構造上の欠陥が報告されている。~
2000年にこれが原因で[[墜落]]事故を起こしており、対策として急降下警報装置が追加された。~
緩やかな降下や水平飛行であれば問題ないのだが、これは緊急展開能力を望む[[アメリカ海兵隊]]の要求とは微妙に矛盾する。~
~
関連:[[AW609]]~

**スペックデータ [#m507fc5a]
|乗員|4名+兵員24名|
|全長|17.47m([[ピトー管]]含まず)|
|全高|6.63m([[VTOL]]時)|
|全幅|25.54m([[ローター]]含む)|
|主翼面積|35.49屐[[フラッペロン]]、中央翼部分を含む左右合計)|
|ローター直径|11.58m|
|回転円盤面積&br;(片側)|105.36|
|空虚重量|15,032kg|
|最大離陸重量|23,981kg(垂直離陸時)&br;27,442kg(短距離離陸時)|
|[[エンジン]]|ロールス・ロイスアリソン T406(社内名称:AE 1107C-「リバティー」)&br;[[ターボシャフト]]×2基|
|出力|最大定格出力:6,150shp(4,586kW)&br;緊急時最大出力:5,093kW|
|最高速度|305kt(565km/h)(通常時)&br;100kt(185km/h)(ヘリモード時)|
|[[失速]]速度|110[[kt>ノット]](204km/h)(固定翼モード時)|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|7,925m|
|[[上昇率]]|11.8m/s|
|[[航続距離]]|強襲揚陸時:515nm(953km)&br;[[ペイロード]]4,536kg、垂直[[離陸]]:350nm (648km) 以上&br;ペイロード2,721kg、垂直離陸:700nm (1,295km) 以上&br;ペイロード4,536kg、短距離離陸:950nm (1,758km) 以上|
|[[フェリー>回航]][[航続距離]]|1,940nm (3,593km)(補助燃料タンク使用時)|
|[[作戦行動半径>戦闘行動半径]]&br;(最大)|370nm(公称。実態は300〜325nmと推定される)|
|>|CENTER:''アビオニクス''|
|[[レーダー]]|AN/APQ-174レーダー([[海軍]]/[[空軍]]型)&br;AN/APQ-186レーダー(空軍型)|
|航法装置|[[軽量慣性航法装置>慣性航法装置]](LWINS)&br;AN/ARN-47 全方位無線標識/[[計器着陸装置]](VOR/ILS)&br;マーカービーコン装置&br;OA-8697/ARC/[[VHF]]/[[UHF]]自動方位測定装置(ADF)&br;[[VHF]] FMホーミングモジュール&br;AN/APN-194(V) 電波高度計&br;AN/APN-153(V) [[戦術航法装置(TACAN)>TACAN]]&br;小型航空機搭載[[全地球測位システム>全地球測位装置]](MAGR)|
|赤外線センサ|AN/AAQ-27A mid-wavelength infrared(MWIR)imaging system|
|自衛装備|AN/AAR-47 [[ミサイル警報装置>ミサイル接近警報装置]]&br;AN/APR-39A [[レーダー警戒受信機]]&br;[[赤外線]]警報装置&br;&br;下記は米空軍型&br;AN/ALE-47 [[チャフ]]/[[フレア]]投射装置(CMDS、対抗手段散布装置)&br;AN/ALQ211 統合型無線[[周波数]]対抗手段装置(SIRFC)&br;AN/AVR-2A0 [[レーザー]]探知装置|
~
**派生型 [#f3575ac3]
-V-22A:~
初期試作型。[[墜落]]事故により凍結。~
~
-UV-22A:~
[[アメリカ陸軍]]向け提案型。~
調達コストが高すぎ、[[UH-60]]や[[CH-47]]を廃するほどの利点もなかったため不採用に終わった。~
~
-MV-22B:~
[[アメリカ海兵隊]]向けの強襲輸送型。[[CH-46]]や[[CH-53]]の後継。360機導入予定。~
また、日本の[[陸上自衛隊]]にも「V-22『ヴィーナス』」の[[型式]]名で輸送航空隊([[第1ヘリコプター団]]隷下、木更津駐屯地)に配備されている。~
なお、[[自衛隊]]における[[兵器]]導入の通例に従い、『ヴィーナス』の[[愛称]]は現場において丁重に黙殺されている。~
~
-CV-22B:~
[[アメリカ空軍]]向けの特殊作戦型。[[MH-53J>CH-53]]の後継。50機導入予定。~
~
-CMV-22:~
[[アメリカ海軍]]向け輸送型。~
他の型より燃料タンクが大型になり[[航続距離]]も伸びる予定。~
また、[[空中給油]]装置付きの外装燃料タンクを搭載し、[[艦載機]]に[[空中給油]]が可能とされている。~
44機が導入される予定。~
~
-HV-22B:~
[[アメリカ海軍]]向けに計画されていた[[戦闘捜索救難]]・[[特殊作戦]]・[[艦隊]][[兵站]]支援型。~
48機導入予定だったが、CMV-22に変更されキャンセルされた。~
~
-EV-22:~
イギリス海軍が提案・研究している早期警戒機型。~
インド海軍が[[Ka-31>Ka-27]]早期警戒ヘリコプターの後継として導入を検討している。~
~

IP:43.234.255.218 TIME:"2023-12-02 (土) 19:01:36" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:120.0) Gecko/20100101 Firefox/120.0"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS