*&ruby(はーいーはんだーとつぶぁいうんとぜくつぃひ){【He162】}; [#xbfb75bd]
Heinkel He162.~
~
[[第二次世界大戦]]末期にドイツのハインケル社が開発、[[ルフトバッフェ]]で運用された[[単発]][[ジェット]][[戦闘機]]。~
[[愛称]]は"&ruby(フォルクスイェーガー){Volksjäger};((「国民戦闘機」の意。本機が一般市民による製造と搭乗をも想定した戦闘機開発計画から生まれた事にちなむ。))"。~
>また、開発計画の中では"&ruby(ザラマンダー){Salamnder};(火トカゲ(サラマンダー)の意)"のコードネームで呼ばれ、ハインケルからは"&ruby(シュパッツ){Spatz};(雀の意)"とも呼称された。

[[アメリカ陸軍航空隊>USAAF]]を中心とする連合国の大規模空襲に対抗するための「国民戦闘機」計画に基づき、1944年9月に開発が開始され、試作機は試作・製造段階も含めわずか3ヶ月の間に完成、1944年12月に試作機が[[初飛行]]した。~

**特徴 [#i94dd504]
機体構造には戦況の逼迫していた当時のドイツに合わせ、生産性確保のため製造工程を抑える、貴重資源の消費量を抑えるため可能な限り木製部品を用いるなどの工夫がなされた。~
しかし、木製部品に用いられた接着剤の強度不足により空中分解事故が度々発生した。~
~
小型の[[主翼]]は[[高翼]]配置で緩い上反角を持ち、左右の[[水平尾翼]]翼端部に[[垂直尾翼]]が取り付けられていた。~
また、胴体上部に[[カウリング>カウル]]ごと直接「[[BMW003]]」(ドイツ航空省呼称:109-003)軸流式[[ターボジェット]][[エンジン]]1基を搭載していた。~
ただし、この搭載位置により[[エアインテーク]]が操縦席の斜め上後方へ配置され、結果として[[搭乗者>エビエーター]]が脱出した際にジェットエンジンの吸気に巻き込まれる危険性が高まった。~
このため、圧縮空気によって作動する[[射出座席]]が装備された((He162は射出座席を標準装備した史上初の航空機とされている。))。~
加えて、[[エンジン]]そのものの信頼性も低く、故障が相次いだ。~

**戦史 [#acf2ee68]
1945年4月中旬から実戦へ投入され、[[RAF]]所属のテンペストなど数機の撃墜を記録している。~
>大日本帝国陸軍は[[大東亜戦争]]([[太平洋戦争]])末期に本機の[[ライセンス生産]]を計画していたが、戦局の悪化によって頓挫した。~

終戦までの生産数は約320機で、部隊配備数は約120機とされている。~
また、終戦時点で約600機が生産途上にあった。~
~
#ref(http://www.masdf.com/altimeter/iwmlondon/IMG_5018.jpg,600x400);
~
関連:[[Me262]] [[Me163]]
**性能諸元 [#mce4ae3b]

|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|型式|>|''He162A-1''|
|乗員|>|1名|
|全長|>|9.05m|
|翼幅|>|7.2m|
|全高|>|2.6m|
|翼面積|>|11.16|
|空虚重量|>|1,663kg|
|全備重量|>|2,907kg|
|[[燃料]]容量|>|695L(184 US gal)|
|[[エンジン]]|>|BMW109-003E-1 もしくは BMW109-003E-2&br;[[ターボジェット]]×1基|
|出力|通常| 最大((連続最大30秒間まで。))|
|~|800kgf/7.85kN/1,760lbf|920kgf/9.00kN/2,030lbf|
|最高速度|790km/h@海面高度&br;838km/h@6,000m&br;765km/h@11,000m|890km/h@海面高度&br;905km/h@6,000m&br;845km/h@11,000m|
|[[航続距離]]&br;(高度11,000m巡航時)|975km|945km|
|[[上昇限度]]|>|12,000m|
|[[上昇率]]&br;(重量2,450kg時)|19.2m/s|26.5m/s|
|[[離陸]]滑走距離|850m|740m|
|[[翼面荷重]]|>|260kg/|
|[[推力重量比]]|0.275|0.316|
|固定武装|>|ラインメタル・ボルジッヒ MK 108 30mm[[機関砲]]×2門&br;(装弾数各50発)|
((最高速度、航続距離は推算値。))
~
**派生型 [#y1809b51]
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|分類|型式|概要|生産機数|
|試作|V((試験を意味する"Versuchs"の頭文字。))|V1からM32まで製造された。|32|
|~|M((型式を意味する"Muder"の頭文字。))|~|~|
|生産|A-0|先行生産型。|10|
|~|A-1|対[[爆撃機]]型。MK108 30mm[[機関砲]]×2門(装弾数50発)を搭載。|不明|
|~|A-2|本格量産型。[[機関砲]]をMG151/20 20mm機関砲×2門(装弾数120発)に変更。|不明|
|~|S|複座の[[グライダー>滑空機]][[練習機]]型。生産された可能性がある。|不明|
|計画|A-3|MK108を搭載、射撃時の反動対策として機体構造を強化。|なし|
|~|A-6|胴体構造を強化、全長を延長。|~|
|~|A-8|[[ユンカース]] Jumo004D-4軸流式[[ターボジェット]][[エンジン]]を搭載、燃料容量を増大。&br;推定最高速度887km/h。|~|
|~|A-9|基本的にはA-2と同様ながら、尾翼は[[V字型>V尾翼]]となっている。|~|
|~|A-10|アルグス As014[[パルスジェットエンジン]]([[推力]]300kg×2)を並列に搭載。|~|
|~|A-11|アルグス As044[[パルスジェットエンジン]](推力500kg)を単発で搭載。|~|
|~|A-14|C-1およびD-1の試作型。|~|
|~|B-1|ハインケル-ヒルト Hes011[[ターボジェット]][[エンジン]]搭載。&br;問題のあった部分を再設計した。|~|
|~|B-2|アルグス As044[[パルスジェットエンジン]]搭載。|~|
|~|C-1|B型の発展型。主翼形態は[[後退翼]]、尾翼はA-9と同様にV字型。&br;MK108をシュレーゲムジーク(斜め銃)として装備。&br;HeS011[[ターボジェット]]エンジンを搭載。|~|
|~|D-1|C-1とほとんど同様だが、主翼形態は[[前進翼]]。|~|
|~|E-1|BMW003AにBMW 718[[液体燃料ロケット]]エンジンを[[補助ロケット>RATO]]として装備。&br;(このブースター装備のエンジンはBMW003Rと呼ばれる)|~|
|~|&ruby(ミステル){Mistel};5|E.377遠隔誘導滑空[[爆弾]]を胴体下に懸架する[[ミステル]][[発進母機>プラットフォーム]]型。|~|
~

IP:124.144.51.84 TIME:"2023-09-01 (金) 15:59:50" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php?cmd=edit&page=He162" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/116.0.0.0 Safari/537.36 Edg/116.0.1938.62"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS