*&ruby(じー・ちんくあんたちんくえ){【G.55】}; [#se8e067c]
Fiat G.55 Centauro.~
~
[[第二次世界大戦]]期にイタリアのフィアット社が開発、[[イタリア空軍>イタリア軍]]で運用された[[レシプロ>レシプロエンジン]][[単発]][[戦闘機]]。~
愛称の「&ruby(チェンタウロ){Centauro};」は日本語でケンタウロスと呼ばれることの多い、ギリシア神話に登場する半人半馬の生物の名前。~

**特徴 [#h7f29991]
ドイツ製「DB605」液冷エンジンのフィアット社ライセンス生産型「R.A.1050 R.C.58 "&ruby(ティフォーネ){Tifone};"」を搭載する「&ruby(セリエ・チンクエ){Serie 5};」系列戦闘機の3機種(G.55、M.C.205、Re.2005)の内、唯一新規に設計された((M.C.205は[[M.C.202]]、Re.2005はRe.2001を原型とする。))。~
ドイツ製「DB605」液冷エンジンのフィアット社ライセンス生産型「R.A.1050 R.C.58 "&ruby(ティフォーネ){Tifone};"」を搭載する「&ruby(セリエ・チンクエ){Serie 5};」系列戦闘機の3機種(G.55、[[MC.205]]、Re.2005)の内、唯一新規に設計された((MC.205は[[MC.202]]、Re.2005はRe.2001を原型とする。))。~
武装形態は[[型式]]によるものの、後期型では20mm[[機関砲]]×3門+12.7mm[[機銃]]×2挺と非常に強力で、[[機首]]周辺に集中して搭載された。

**戦史 [#h88cce71]
1943年に実用化、運用が開始されたものの配備機数は少なく、加えて同年9月のイタリア王国の[[降伏]]により本格的な生産期間は短かった。~
しかし、その飛行性能は万全な状態であれば((この頃のイタリア軍は[[兵站]]が脆弱で、[[航空機]]の整備体制に難があった。))同時期に運用されていた各国の主力戦闘機と比しても遜色のないものであった。~
>イタリア降伏後に2機のみ試作され、1944年3月に[[初飛行]]したDB603エンジン搭載のG.56は、ジェット機を除いた当時のあらゆるドイツ製戦闘機を超える優秀な飛行性能を発揮した。

**スペックデータ(G.55/1) [#db563f3e]
|乗員|1名|
|全長|9.37m|
|全高|3.13m(無線アンテナマスト除く)|
|翼幅|11.85m|
|翼面積|21.11|
|翼型|翼根:NACA 2415&br;翼端:NACA 2409|
|空虚重量|2,630kg|
|総重量|3,520kg|
|最大離陸重量|3,718kg|
|[[発動機>エンジン]]|フィアット RA.1050 R.C.58「ティフォーネ」[[液冷>液冷エンジン]]倒立V型12気筒×1基&br;(ダイムラー・ベンツ[[DB605A-1>DB 605]]の[[ライセンス生産]]型)|
|出力|1,455shp(1,085kW)|
|[[プロペラ]]|3枚定速プロペラ|
|最高速度|623km/h|
|[[航続距離]]|1,200km|
|[[フェリー>回航]]航続距離|1,650km(100L(26 US gal)[[ドロップタンク>増槽]]×2基)|
|[[上昇限度]]|12,750m|
|高度到達時間|高度6,000mまで5分50秒&br;高度7,000mまで8分34秒|
|[[翼面荷重]]|154kg/|
|[[馬力荷重]]|308W/kg|
|>|CENTER:武装|
|G.55 Serie 0|プロペラ軸内:&br;マウザー MG151/20 20mm[[機関砲]]×1門(装弾数250発)&br;エンジンカウル/[[主翼]]根部:&br;Breda-SAFAT 12.7mm[[機関銃]]×4挺&br;(上部エンジンカウル×2・下部エンジンカウル/主翼付け根×2、装弾数300発)|
|G.55 Serie 1|プロペラ軸内・翼内:&br;マウザー MG151/20 20mm[[機関砲]]×3門&br;(エンジン×1・主翼×2、装弾数250発(エンジン)/200発(主翼))&br;上部エンジンカウル:&br;Breda-SAFAT 12.7mm[[機関銃]]×2挺(装弾数300発)&br;[[主翼]]下面ラックに160kg[[爆弾]]2発を搭載可能&br;(エジプトおよびシリアでは[[主翼]]に[[機関銃]]を搭載)|
~
**型式 [#x6ee3069]
***戦中 [#x45f5d11]
-G.55(3機):~
試作型。~
~
-G.55/0(16機):~
先行量産型。~
~
-G.55/1:~
初期量産型。~
~
-G.55/2:~
[[爆撃機]]迎撃機型。~
~
-G.55/S:~
[[雷撃機]]型。~
~
-G.56(2機):~
[[エンジン]]換装型。~
ダイムラー・ベンツ [[DB601>DB 601]]の拡大型であるDB603(出力1,750hp(1,300kW))に換装した。~
~
-G.57:~
[[エンジン]]換装計画案。~
フィアット A.83 R.C.24/52[[空冷>空冷エンジン]]星形18気筒(出力1,250hp(930kW))の搭載が計画されていた。~
~
**戦後 [#uec11d8b]
-G.55/A・/B:~
単座および複座[[練習機]]型。終戦後に開発された。~
~
-G.59-1A・1B:~
単座および複座高等練習機型。1948年初飛行。~
ロールス・ロイス「マーリン」エンジンを搭載。~
~
-G.59-2A・-2B(26機(2A)・4機(2B)):~
シリア向けに新造された単座および複座練習機型。~
ロールス・ロイス「マーリン」エンジンを搭載。~
~
-G.59-4A・-4B(20機(4A)・10機(4B)):~
イタリア共和国[[空軍]]向けに新造された単座および複座型。~
ロールス・ロイス「マーリン」エンジンを搭載し、[[バブルキャノピー]]を採用した。~
~

IP:124.144.51.84 TIME:"2024-01-10 (水) 20:48:39" REFERER:"https://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php?cmd=edit&page=G.55" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 16_7_2 like Mac OS X) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/16.6 Mobile/15E148 Safari/604.1"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS