*&ruby(きゅうろくしきかんじょうこうげきき){【九六式艦上攻撃機】}; [#vb1a793c]
空技廠(海軍航空技術廠) B4Y.~
~
1930年代に日本の[[海軍]]航空技術廠(空技廠)が設計・開発し、[[日本海軍>日本軍]]に[[制式]]採用された[[複葉>複葉機]]の[[艦上攻撃機]]。~
[[連合国軍>連合国(第二次世界大戦)]]でのコードネームは「&ruby(ジーン){Jean};」であった。~
~
本機は、先に開発された一三式艦上攻撃機の後継となる「九試艦上攻撃機」として、[[中島>SUBARU]](B4N)・[[三菱>三菱重工業]](B4M)と空技廠との競争試作によって開発された。~
このうち、中島、三菱の機体に強度不足などの問題があったため、九四式[[水上>水上機]][[偵察機]]の構造を採用するなど堅実な設計であった空技廠の機体が、1936年に「九六式艦上攻撃機」として[[制式]]採用された。
>一三式の後継となるべき機体には、これ以前に「八九式艦上攻撃機(B2M)」「九二式艦上攻撃機(B3Y)」があったが、いずれも不満足な出来上がりであった。

機体は[[複葉>複葉機]][[羽布>布]]張りの固定脚機で、上翼はパラソル配置であった。~
機体は[[複葉>複葉機]][[羽布>布]]張りの[[固定脚>ランディングギア]]機で、上翼はパラソル配置であった。~
機体の中央部に、[[開放式風防]]の三座席([[操縦士>エビエーター]]・[[偵察]]員・[[通信員>航空通信士]])が設けられ、[[エンジン]][[カウリング>カウル]]の直径を切り詰めたり胴体になだらかな曲線を採用するなど、空気抵抗の低減に注力された作りとなっていた。~
~
しかし、時代はすでに全金属製・[[単葉>単葉機]]の高速機の時代に入っており、最高速度が300km/hに満たなかった本機の活躍の場は限られていた((同じころ、英国でも同様の機体構造を持つフェアリー・[[ソードフィッシュ]]が実用化されていたが、大規模な[[空母>航空母艦]]同士の戦闘が発生しなかった大西洋戦域では[[対潜哨戒機]]として長く用いられていた。))。~
事実、本機より1年遅れて開発された[[低翼]]・[[単葉>単葉機]]の[[九七式艦上攻撃機]]が成功したこともあり、生産機数は約200機にとどまった。~
~
[[九七式>九七式艦上攻撃機]]に代替されて一線を退いた後も、[[太平洋戦争]]初期まで、[[小型空母>航空母艦]]の搭載機、[[沿岸哨戒>偵察]]、[[練習機]]として使用された。~

**スペックデータ(B4Y1) [#y5922fc8]
|乗員|3名(操縦士、[[航法員]]、[[無線オペレーター>航空通信士]]兼[[機銃手>ガナー]])|
|全長|10.15m|
|全高|4.36m|
|翼幅|15m|
|翼面積|50|
|空虚重量|2,000kg|
|全備重量|3,600kg|
|[[発動機>エンジン]]|[[中島>SUBARU]] 光二型[[空冷>空冷エンジン]]星形9気筒×1基|
|出力|840hp(630kW)(離昇出力)&br;700hp(522kW)(高度1,200m)|
|[[プロペラ]]|2枚翅固定ピッチプロペラ|
|最高速度|278km/h|
|[[航続距離]]|1,573km|
|[[上昇限度]]|6,000m|
|[[翼面荷重]]|72kg/|
|パワー/マス|0.1749kW/kg|
|武装|九二式7.7mm機銃×2挺([[機首]]固定・後部旋回各1挺)&br;800kg[[魚雷]]または500kg[[爆弾]]×1発|
~

IP:118.8.23.67 TIME:"2023-11-11 (土) 15:15:53" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/119.0.0.0 Safari/537.36 Edg/119.0.0.0"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS