• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(えきゅれいゆ){【エキュレイユ】}; [#qca6179f]
Aerospatiale(Airbus Helicopters) AS350 Ecureuil((仏語でリスの意。))~
フランスのアエロスパシアル社(現[[エアバス・ヘリコプターズ]])が開発・製造する小型[[ヘリコプター]]。~
小ぶりな機体に3枚ブレードの[[メインローター]]を持つ、[[アルエットII]]や[[ガゼル]]の後継機であり、引き続き多くのセールスを獲得している。~
Aerospatiale(Airbus Helicopters) AS350(H125) "&ruby(エキュレイユ){Ecureuil};((仏語でリスの意。)).~
~
前作の[[ガゼル]]が速度性能を重視して[[フェネストロン>ダクテッドファン]]を装備しているのに対し、本機は通常の[[テイルローター]]を装備して[[ホバリング]]性能を重視している。((発展型のEC130B4のみ[[フェネストロン>ダクテッドファン]]を装備している。))~
中でもSA315「ラマ」の後継とされるAS350B3型は2005年にエベレスト山頂まで飛行し、[[航空機]]の高高度着陸世界記録を樹立している。(([[ヘリコプター]]の高高度飛行世界記録は、「ラマ」の12,442m。))~
フランスのアエロスパシアル社(現:[[エアバス・ヘリコプターズ]])が開発・製造する小型[[ヘリコプター]]。~
小ぶりな機体に3枚ブレードの[[メインローター]]を持つ、[[SE.3130(SA313B)「アルエット供>アルエット]]や[[SA341「ガゼル」>ガゼル]]の後継機であり、引き続き多くのセールスを獲得している。~
~
また、フランス軍向けの「フェネック」シリーズや、[[エンジン]]を双発にして冗長性を向上させた「エキュレイユ2」シリーズも存在する。~
前作の[[ガゼル]]が速度性能を重視して[[フェネストロン>ダクテッドファン]]を装備しているのに対し、本機は通常の[[テイルローター]]を装備して[[ホバリング]]性能を重視している((発展型のEC130B4のみ[[フェネストロン>ダクテッドファン]]を装備している。))。~
中でもSA315「ラマ」の後継とされるAS350B3型は2005年にエベレスト山頂まで飛行し、[[航空機]]の高高度着陸世界記録を樹立している(([[ヘリコプター]]の高高度飛行世界記録は、「ラマ」の12,442m。))。~
~
また、[[フランス軍]]向けの「フェネック」シリーズや、[[エンジン]]を双発にして冗長性を向上させた「エキュレイユ供淵張ぅ鵝Ε┘ュレイユ)」シリーズも存在する。~
>なお、アメリカ市場ではエキュレイユが「エイスター(AStar)」、エキュレイユ兇「ツインスター(TwinStar)」として知られる。~
また、イギリス国防省ではリスの英称である「スクイレル(Squirrel)」と呼称している。

ブラジルのヘリブラス社でも[[ライセンス生産]]されているほか、中国では[[リバースエンジニアリング]]により[[Z-11(直昇11)>直昇11]]として生産されている。~

&ref(http://www4.plala.or.jp/klesa108/diary/20061009ecureuil.jpg,512x384);~
AS350B3~
~

**スペックデータ [#xf8a55e4]
|>|エキュレイユ|
|>|CENTER:''AS350B3「エキュレイユ」(H125)''|
|乗員|1名|
|定員|6名|
|定員|5名&br;オプションで4名、5名、6名((6人乗りの場合、前座席が2人掛けに変更されている。))|
|全長|12.94m|
|全高|3.24m|
|[[主ローター>メインローター]]直径|10.69m|
|空虚重量|1,241kg|
|最大離陸重量|2,250/2,570kg|
|[[エンジン]]|チュルボメカ アリエル2Bまたは2B1[[ターボシャフト]](出力847shp)×1基|
|巡航速度|259km/h|
|[[航続距離]]|657km|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|5,044m|
|[[上昇率]]|10.0m/s|
|胴体長|10.93m|
|全高|3.145m|
|[[主ローター>メインローター]]直径|10.7m|
|主ローター面積|89.75|
|空虚重量|1,174kg|
|最大離陸重量|2,250kg(機内搭載時)&br;2,800kg(機外吊下げ輸送時)|
|[[エンジン]]|チュルボメカ アリエル2B[[ターボシャフト]]×1基&br;(離陸出力632kW/848shp)|
|超過禁止速度|287km/h|
|[[巡航速度]]|245km/h|
|[[航続距離]]|662km|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|4,600m|
|[[上昇率]]|8.5m/s|
~
|>|フェネック(AS550C3)|
|>|CENTER:''AS550C3「フェネック」''|
|乗員|2名|
|定員|兵員4名|
|全長|12.94m|
|全高|3.24m|
|胴体長|10.93m|
|全高|3.34m|
|[[主ローター>メインローター]]直径|10.69m|
|空虚重量|1,241kg|
|主ローター面積|89.75|
|空虚重量|1,220kg|
|最大離陸重量|2,250kg|
|エンジン|チュルボメカ アリエル2Bまたはアリエル2B1ターボシャフト(出力632kW)×1基|
|最大速度|140kt|
|[[航続距離]]|178nm(328km)|
|兵装|[[BGM-71「TOW」>TOW]][[ATM>対戦車ミサイル]]&br;Forges de Zeebrugge 2.75インチロケット弾×7発&br;タレス Brandt68mmロケット弾×8発&br;Giat M261 20mm機関砲ポッド&br;12.7mm連装機関銃ポッド&br;[[FN Hershal>ファブリック・ナショナル]]7.62mm連装機関銃ポッド等|
|[[燃料]]搭載量|540リットル(143 US Gal)|
|[[エンジン]]|チュルボメカ アリエル2Bターボシャフト×1基&br;(出力632kW/847shp(離陸出力500kW/671hp))|
|超過禁止速度|287km/h|
|最高速度|246km/h(最大[[巡航>巡航速度]])|
|[[航続距離]]|648km|
|[[上昇限度]]|5,280m|
|[[上昇率]]|10.3m/s|
|兵装|[[BGM-71「TOW」>TOW]][[ATM>対戦車ミサイル]]&br;Forges de Zeebrugge FZ220 2.75インチ(70mm)[[ロケット弾]]×7発&br;タレス Brandt 68mmロケット弾×8発&br;Giat M261 20mm[[機関砲]]ポッド&br;[[FN Hershal>ファブリック・ナショナル]]連装7.62mm or 12.7mm[[ガンポッド]]等|
~
**主な派生型 [#h889264b]
***単発型 [#he581b20]
-AS350:~
試作型。~
~
-AS350 Firefighter:~
消防機型。~
~
-AS350B:~
初期量産型。~
[[エンジン]]はチュルボメカ・アリエル1Bを搭載。~
[[エンジン]]はチュルボメカ・アリエル1B(出力478kW/641shp)を搭載。~
最大離陸重量1,950kg/2,100kg。~
~
--AS350B1:~
改良型。~
[[エンジン]]はアリエル1Dを搭載。~
AS355の幅広非対称翼型[[ローター]]とAS355Fの[[テイルローター]]を装備する改良型。~
[[エンジン]]はアリエル1D(出力510kW/683shp)を搭載。~
最大[[離陸]]重量2,200kg/2,500kg。~
~
--AS350B2:~
AS355の[[ローター]]を装備するなどして飛行性能を向上した型。~
[[エンジン]]はアリエル1D1を搭載。~
AS355の[[ローター]]とAS355Fのテイルローター、テールブーム側面に[[ストレーキ]]を装備して飛行性能を向上した型。~
[[エンジン]]はアリエル1D1(出力531kW/712shp)を搭載。~
最大離陸重量2,250kg/2,500kg。~
~
--AS350B3:~
高高度対応の高出力型。~
[[エンジン]]はアリエル2Bを搭載。~
--AS350B3e:~
B3の[[エンジン]]をデジタル式[[FADEC]]対応のアリエル2Dに変更した型。~
AS355の[[ローター]]、AS355Nの推力向上型テイルローターを装備。~
[[エンジン]]はシングルチャンネルDECU(Digital Engine Control Unit)装備のアリエル2B(出力543kW/728shp)を搭載。~
~
--AS350B3/B1:~
デュアルチャネル[[FADEC]]と2重の油圧系統を備える型。~
最大離陸重量2,370kg。~
~
--AS350B3+:~
初期型B3の改良型。EC130B4に採用された可変ロータースピードコントロール、Engine Backup Ancilary Control Unit(EBCAU)を装備(非常操作を簡素化を目的とする)。~
[[エンジン]]もEC130B4と同様のデュアルチャンネルDECU(Digital Engine Control Unit)装備のアリエル2B1(出力543kW/728shp)を搭載。~
~
--H125(AS350B3e):~
B3+の[[エンジン]]をEC130T2と同様の出力向上型のアリエル2D(出力598kW/802shp)に変更した型。~
~
--EC130B4:~
キャビンを拡大し[[フェネストロン>ダクテッドファン]]を装備した型。~
キャビンを拡大しキャビンが7名乗りに拡大、[[フェネストロン>ダクテッドファン]]を装備した型。~
エンジンはアリエル2B1を搭載。~
旅客輸送特化の為、主操縦席を左席に設定している(H125は従来通りの右席操縦席)。~
~
-AS350D「アスター」:~
北米市場向けに[[エンジン]]をライカミングLTS101に換装((政府機関導入を意識して「バイ・アメリカン法」に対応するためで、性能はオリジナルに劣る。))した型。~
--H130(EC130T2):~
操縦系統に2重油圧操縦装置を標準装備。~
エンジンを出力向上型のアリエル2D(出力598kW/802shp)に変更して搭載。~
~
-AS350C/D「エイスター」:~
北米市場向けに[[エンジン]]をライカミングLTS-101-600A2に換装((政府機関導入を意識して「バイ・アメリカン法」に対応するためで、性能はオリジナルに劣る。))した型。~
D型は一時期「エイスター Mark.3」として販売された。~
~
-AS350BA「エキュレイユ・プラス」:~
アリエル1BとAS355の[[ローター]]を組み合わせ、性能を回復した北米市場向け生産型。~
アリエル1BとAS355の[[ローター]]・テイルローターを組み合わせ、性能を回復した北米市場向け生産型。~
~
-AS350BB:~
イギリス国防省向け練習ヘリコプター型。~
イギリス国防省向け[[練習ヘリコプター>練習機]]型。~
エンジンはアリエル1D1を搭載。~
~
-AS350L1/L2:~
軍用型原型機。~
--Squirrel HT.1:~
国防ヘリコプター飛行学校を通じて、[[イギリス軍]]が訓練用ヘリコプターとして運用しているAS350BBの呼称。~
~
--Squirrel HT.2:~
AS350BBがイギリス[[陸軍]]航空隊(AAC)で運用されていた際の呼称。現在は退役。~
~
-AS350L1/L2「エキュレイユ」:~
AS350B1/B2ベースの軍用型原型機。~
~
-AS550C2「フェネック」:~
B2の軍用型。~
[[HOT]]や[[ロケット弾]]で武装可能。~
~
-AS550U2:~
非武装型。~
~
-AS550C3:~
エンジンをアリエル2Bに換装した高出力型。~
~
-HB350B"Esquilo":~
ブラジル[[空軍]]向け。ヘリブラス社で[[ライセンス生産]]。~
ブラジル空軍での呼称は「CH-50」「TH-50」。~
~
-HB350B1"Esquilo":~
ブラジル[[海軍]]向け。ヘリブラス社でライセンス生産。~
ブラジル海軍での呼称は「UH-12」。~
~
-HB350A1:~
ブラジル[[陸軍]]向け。ヘリブラス社でライセンス生産。~
ブラジル陸軍での呼称は「HA-1」。~
~
-[[直昇11(Z-11)>直昇11]]:~
中国が[[リバースエンジニアリング]]した機体。詳しくは項を参照。~
~
***双発型 [#lb769103]
-AS355「エキュレイユ2」:~
双発試作型。~
[[双発型>双発機]]試作機。~
~
-AS355E:~
双発の初期量産型。エンジンはアリソン250を搭載。~
双発の初期量産型。単独の油圧系統とアリソン250[[ターボシャフト]]を搭載。~
北米向けは「ツインスター」の愛称で呼ばれる。~
~
-AS355F:~
二重の油圧系統を持ち、[[ローター]]や操縦装置を改良した[[計器飛行]]対応型。~
~
--AS355F1:~
アリソン250C20Fエンジンを搭載する型。~
アリソン250C20Fエンジンを搭載する型。最大離陸重量2,400kg。~
~
--AS355F2:~
アリソン250C20Fを2基搭載し、ギアボックスの性能を向上させた[[ペイロード]]向上型。~
アリソン250C20Fを2基搭載し、アキュムレータやギアボックスの性能を向上させた[[ペイロード]]向上型。~
最大離陸重量2,540kg。~
~
-AS355N:~
[[エンジン]]をチュルボメカ・アリウス1Aに換装し、[[FADEC]]を搭載した型。
-AS355N「エキュレイユ2」:~
[[エンジン]]をチュルボメカ アリウス1Aに換装し、[[FADEC]]を搭載した型。~
最大離陸重量2,600kg。~
~
-AS355NP:~
[[エンジン]]をアリウス1A1に換装し出力を強化、最大離陸重量を向上させた型。~
-AS355NP「エキュレイユ2」:~
[[エンジン]]をアリウス1A1に換装し出力を強化、AS350B3と同じメインギアボックスを搭載し、最大離陸重量を2,800kgに向上させた型。~
~
-AS355M:~
F1の軍用型。~
~
-AS355M2:~
F2の軍用型。~
~
-AS555AF「フェネックII」:~
-AS555AF「フェネック供廖~
N型の軍用型。~
--AS555AN:~
フランス陸軍向けの軽攻撃型。20mm機関砲を搭載。~
[[フランス陸軍>フランス軍]]向けの軽攻撃型。20mm機関砲を搭載。~
--AS350AR:~
フランス陸軍向け攻撃ヘリコプター型。20mm機関砲とロケット弾を搭載。~
フランス陸軍向け[[攻撃ヘリコプター]]型。20mm機関砲とロケット弾を搭載。~
--AS555UN:~
フランス陸軍向け練習型。~
--AS555UR:~
フランス陸軍向けの汎用型。~
--AS555MN:~
フランス海軍向け非武装型。~
--AS555MR:~
フランス海軍向けの対艦哨戒型。~
フランス海軍向けの[[対艦哨戒>哨戒機]]型。~
--AS555SN/SR:~
フランス海軍向けの[[対潜型>対潜ヘリコプター]]。~
--AS555SP:~
フランス海軍向け。AS355NPベース。~
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS