Last-modified: 2023-08-24 (木) 11:07:24 (276d)

【VH-71】(ぶいえいちななじゅういち)

Agusta-Westland/Lockheed Martin/Bell VH-71 "Kestrel(ケストレル)"

アメリカ海兵隊大統領専用ヘリコプターマリーン・ワン」として開発されていた未成の失敗作。
アグスタウェストランド社の大型対潜/輸送ヘリコプター・AW101からの派生型として開発されていた。

発注当初、2005年にロッキード・マーチン社が「US-101」としてライセンス生産契約を締結するも、技術的問題から挫折。
ベル・エアクラフト社が計画を引き継いで開発を続行し、2008年に初飛行まで進展。

しかし、大統領専用機としての1,900項目にのぼる膨大で非現実的な要求項目によって開発費が極度に高騰
最終的に開発費112億ドル・機体単価4億ドルに達していた。
そして2009年6月、当時のバラク・オバマ大統領の意向により調達中止となった。

この時点で、発注されていた27機のうち2機が完成済み、7機が組立途中であったが、すべてカナダ政府に売却された。
カナダはこれらの機体・部品を全てCH-149「コルモラント」の補修資材に転用し、機材として運用される事はなかった。

スペックデータ

乗員4名
全長22.81m
全高6.65m
主回転翼直径18.59m
空虚重量10,500kg
最大離陸重量15,600kg
ペイロード14名(立席なら45名)または担架16個
エンジンGECT7-8E?ターボシャフト×3基
エンジン出力2,520shp(1,879kW)×3基
超過禁止速度309km/h
航続距離1,389km
上昇限度4,575m
上昇率2,000m/min



トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS