Last-modified: 2022-12-20 (火) 20:58:25 (436d)

【R-2600】(あーるにせんろっぴゃく)

Wright R-2600 "Cyclone14".

アメリカのカーチス・ライト社で開発・製造された航空機空冷星型エンジン
R-1820「サイクロン9」を複列14気筒化したもので、通称として「ツイン・サイクロン」とも呼ばれる。

1935年に製作され、アメリカ陸軍アメリカ陸軍航空隊)のA-20「ハボック」やB-25「ミッチェル」海軍SB2C「ヘルダイバー」TBF「アベンジャー」など、後に第二次世界大戦で活躍することになる軍用機へ採用された。

主な搭載機

性能諸元(GR-2600-C14)

タイプ空冷星型複列14気筒
ボア155.6mm
ストローク160.2mm
排気量42.7L
全長1,576mm
直径1,397mm
乾燥重量930kg
燃料供給方式ストロンバーグPR48A 降流式キャブレター
(オートマチック・ミクスチャコントロール付)
過給器機械式遠心型過給器1段2速
潤滑油機構ドライサンプおよび圧縮機
ポンプ機×2基
馬力1,750hp/2,600rpm(高度975m時)
1,450hp/2,600rpm(高度4,575m時)
出力重量比1.40kW/kg
圧縮比6:9:1


バリエーション

  • R-2600-1:
    出力1,600hp(1,194kW)。

  • R-2600-2:
    試作機。ほとんど製作されず。出力1,500hp(1,118kW)。

  • R-2600-3:
    出力1,600hp(1,194kW)。

  • R-2600-4:
    出力1,650hp(1,230kW)。

  • R-2600-6:
    出力1,600hp(1,194kW)。

  • R-2600-8:
    出力1,700hp(1,268kW)。

  • R-2600-9:
    出力1,700hp(1,268kW)。

  • R-2600-10:
    R-2600の高高度型。2段式の機械式スーパーチャージャーを搭載。出力1,700hp(1,268kW)。
    XF6F-1に搭載されたほか、テストベッドとしても使用された。

  • R-2600-11:
    出力1,600hp(1,194kW)。

  • R-2600-12:
    出力1,700hp(1,268kW)。

  • R-2600-13:
    出力1,700hp(1,268kW)。

  • R-2600-14:
    出力1,700hp(1,268kW)。XF6F-1に搭載。

  • R-2600-15:
    出力1,800hp(1,342kW)。
    XB-33A(B-33「スーパーマローダー」(B-26「マローダー」の高高度型)の試作機)に搭載予定だった。

  • R-2600-16:
    出力1,700hp(1,268kW)。XF6F-2に搭載。

  • R-2600-19:
    出力1,600hp(1,194kW)、1,660hp(1,237kW)。

  • R-2600-20:
    出力1,700hp(1,268kW)、1,900hp(1,420kW)。

  • R-2600-22:
    出力1,900hp(1,420kW)。

  • R-2600-23:
    出力1,600hp(1,194kW)。

  • R-2600-29:
    出力1,700hp(1,268kW)、1,850hp(1,380kW)。

  • GR-2600-A5B:
    出力1,500hp(1,118kW)、1,600hp(1,194kW)、1,700hp(1,268kW)。

  • GR-2600-A71:
    出力1,300hp(969kW)。

  • GR-2600-C14:
    出力1,750hp(1,304kW)。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS