Last-modified: 2023-04-09 (日) 10:41:12 (407d)

【HIMARS】(えいちあいえむえーあーるえす/はいまーす)

M142 High Mobility Artillery Rocket System(高機動ロケット砲システム)

アメリカ陸軍の運用する自走多連装ロケットシステム
大型ロケット弾6発を発射可能な状態で搭載したトラック。

プラットフォームは「FMTV(Family of Medium Tactical Vehicles:中型戦術車両ファミリー)」5トントラックを採用。
車台に装甲キャブ、FCSロケット弾発射装置などを搭載した。

前世代のMLRSと比べて小型軽量化されたため、C-130輸送機に搭載して空輸する事も可能になった。

装填されるロケット弾M270と共通の「MFOM(MLRS Family Of Munition rockets and artillery missiles)」規格である。
軽量化の代償としてペイロードが少なく、発射筒はM270の半分しか搭載されていない。

主に緊急展開と迅速な集中運用を求めて大量生産され、空挺部隊海兵隊陸軍軽歩兵師団に配備・運用されている。
アメリカのほか、シンガポール・UAE・カナダ・スペインでも運用されている。

主な運用国

  • 現在の運用国
  • 調達予定
    • オーストラリア:20基
    • エストニア:6基
    • ラトビア:6基
    • リトアニア:8基
    • オランダ:20基
    • ポーランド:20基+486基(この内468基分は発射装置のみ、国産のJelcz6×6シャーシに搭載予定)
    • 中華民国(台湾):11基

スペックデータ

乗員3名
全長7m
全高3.2m
全幅2.4m
戦闘重量13.7t
エンジンキャタピラー3166 ディーゼルエンジン(出力330hp)
速度85km/h(路上)
行動距離480km
最大射程50km
携行弾数6発/1発(MGM-140
武装6連装227mmロケット弾発射機×1基
MGM-140「ATACMS」短距離弾道ミサイル1発に換装可能)



トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS