Last-modified: 2023-04-09 (日) 11:34:09 (324d)

【87式偵察警戒車】(はちななしきていさつけいかいしゃ)

陸上自衛隊が使用している国産の装甲車。路上を走りながらの偵察を目的とする。

国産の装輪装甲車としては、82式指揮通信車に続く2機種目の車両となる。
師団旅団の偵察隊、偵察戦闘大隊、戦車連隊本部などに配備されており、現在までに95両以上が調達されている。
防衛省では略称「87RCV」、愛称「ブラックアイ」としているが、隊員からは「RCV」と呼ばれる。

それまで偵察機材として使われていた73式小型(1/2トン)トラックやオートバイには無かった火力・装甲を持つ。
駆動装置・懸架装置・およびエンジンは82式指揮通信車からそのまま転用している。
車体と砲塔均質圧延装甲の全溶接構造。水上での浮航は不可能で、NBC兵器に対する防護も施されていない。
車体中央部の砲塔に備えた機関砲同軸機銃で対歩兵戦闘が可能だが、機甲部隊との交戦には耐えられない。

偵察は乗員が目視で行う。
操縦手席・砲手席は暗視装置を持つが、偵察員のための暗視装置は用意されていない(必要なら個人装備として持ち込む)。

スペックデータ

乗員5名(車長、砲手、操縦手、前部偵察員、後部偵察員)
全長5.99m
全高2.5m
全幅2.48m
戦闘重量15t
懸架・駆動方式装輪式(3軸6輪駆動、通常時は後4輪駆動)
エンジンいすゞ製10PBI 4ストロークV型10気筒液冷ディーゼル(出力305hp)
変速前進6速・後進1速MT
登坂力60%
超堤高0.6m
超壕幅1.5m
最大速度100km/h(路上)
行動距離500km
兵装エリコンKBA-02B 25mm機関砲×1門(対地対空両用、弾数400発)
74式車載7.62mm機関銃×1挺(弾数4,000発)
76mm発煙弾発射器×2基(旧型は3連装、新型は4連装)
製作小松製作所(車体)、日本製鋼所(機関砲)



トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS