Last-modified: 2022-11-15 (火) 00:33:53 (464d)

【北アメリカ航空宇宙防衛司令部】(きたあめりかこうくううちゅうぼうえいしれいぶ)

North American Aerospace Defense Command(NORAD)

概要
創設1958.5.12
タイプ二国間連合司令部
目的北米の防衛のための航空宇宙空間警戒、制御、および海上警戒
所在地米宇宙軍ピーターソン宇宙軍基地?

アメリカ合衆国とカナダが共同で運営する防衛組織。
北米大陸上空及びその周辺における各種飛翔体に関する監視を行い、脅威対象を早期に発見する事を目的として設置された。
司令官はアメリカ北方軍司令官(大将)、副司令官はカナダ空軍司令官(中将)が務める。

司令部はアメリカ・コロラド州コロラドスプリングスのピーターソン宇宙軍基地に置かれているが、非常時に備えてコロラド州エルパソ郡のシャイアン・マウンテン空軍基地の地下にもバックアップセンター(地下司令部)が置かれている。

主要な任務は人工衛星弾道ミサイル戦略爆撃機の監視であるが、近年ではスペースデブリも監視対象に追加された。

地域別に3個管区が置かれており、各管区の指揮所が所在する。管区は以下の通り。

  • アラスカ管区(Alaskan NORAD Region,ANR):エルメンドルフ空軍基地(アラスカ州)
  • アメリカ本土管区(Continental U.S. NORAD Region,CONR):ティンダル空軍基地(フロリダ州)
  • カナダ管区(Canadian NORAD Region, CANR):ウィニペグ空軍基地(マニトバ州)



トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS