Last-modified: 2023-06-24 (土) 05:32:35 (333d)

【防衛装備庁】(ぼうえいそうびちょう)

Acquisition, Technology & Logistics Agency(ATLA).

2015年10月、防衛省の外局として設立された国の機関。
自衛隊が使用する各種装備品の開発・取得・輸出を一元的に行う機関として設立された。

これまで、自衛隊が使用する装備品の開発・取得には防衛省経理装備局の装備グループ、幕僚監部の装備品調達部門、技術研究本部、装備施設本部といった機関が携わってきたが、本庁はこれらを集約・統合する組織と位置付けられている。
人員は約1,800名(自衛官約400名・事務官・技官約1,400名)。

武器輸出三原則等にもあるように)これまで日本製の兵器はコスト高が欠陥として指摘されてきたが、本庁に装備品の開発と管理を一元化することで、防衛装備移転三原則に基づく輸出による生産規模の確保や国際共同開発を行うことでコストの削減が期待されている。

組織

  • 内部部局
    • 長官官房
    • 装備政策部
    • プロジェクト管理部
    • 技術戦略部
    • 調達管理部
    • 調達事業部

  • 施設等機関
    • 航空装備研究所(東立川駐屯地)
      • 土浦支所
      • 新島支所(新島試験場)
    • 陸上装備研究所
    • 艦艇装備研究所
      • 川崎支所
      • 岩国海洋環境試験評価サテライト
    • 次世代装備研究所
      • 飯岡支所
    • 千歳試験場(2018年(平成30年)4月1日に札幌試験場から名称変更)
    • 下北試験場
    • 岐阜試験場(航空自衛隊岐阜基地に併設)

  • 審議会等
    • 防衛調達審議会


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS