Last-modified: 2023-05-24 (水) 22:26:39 (363d)

【特殊部隊】(とくしゅぶたい)

本稿は法執行機関における部隊について記述し、軍事的特殊部隊には言及しない。

法執行機関(警察)において、通常の捜査官では対処困難な事案を扱うために編制された部隊特殊部隊)。

「能動的な暴力を行使するための部隊」や「災害救助専門部隊」、あるいは特殊な事案を扱うための部隊など多岐にわたる。

隊員に必要な技能は狙撃・徒手格闘技・爆発物の取り扱い・交渉術などとされている。

軍の特殊部隊と同様に武装することも多いが、武器の使用には制約が強く、特殊部隊の行動そのものが民事訴訟・刑事事件の対象となる場合もある。
(“不必要な殺傷行為”を行ったとして起訴される事がある)
そのため、催涙剤閃光・音響手榴弾など非殺傷性の武器が用いられることも多い。

主な警察/治安系特殊部隊


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS