Last-modified: 2023-09-18 (月) 17:43:22 (211d)

【戦時債券】(せんじさいけん)

War Bond.

「戦時公債」「戦時国債」ともいう。
紛争・事変や戦争に伴って発生する巨額の財政支出の財源に充てるため、政府が発行する債券(有価証券)の総称。

通常の債務と全く変わらない国の借金であり、後日に税収などから購入者へ償還する義務を負う。
ただし事態の性質上、戦災と戦費によって財政が破綻し、あるいは債務者の法人格が消滅し、債務不履行のまま失効消滅する債券も少なくない。
窮乏に陥った政府が暴政に走り、明らかに償還するつもりのない詐欺同然の債券を発行し始めるのも経済史の通例である。

戦争に伴って発生する出費の内訳は概ね以下の通り。

  • 大幅に増員された将兵の給与・諸手当。
  • 平時を遙かに上回る速度で消費される、弾薬・燃料・食糧その他消耗品の調達費用。
  • 平時を遙かに上回る頻度で故障したり破壊される、各種装備と兵器の修理費・補充費。
  • 平時を遙かに上回る頻度で発生する、死傷者及びその遺族に対する年金・恩給・一時金などの補償。
  • 新たに占領した領土の維持管理と復興に必要な投資。
  • 敵に占領された領土から得ていた税収の喪失にかかる補填。
  • 戦災によって発生した難民の生活保護(または追放や虐殺)にかかる費用。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS