Last-modified: 2024-04-06 (土) 10:59:06 (6d)

【山形空港】(やまがたくうこう)

山形県東根市に所在する特定地方管理空港
「おいしい山形空港」の愛称がある。

本空港は、滑走路を以下の公共機関と共有している。

略史

本空港の歴史は、第二次世界大戦中に帝国海軍航空隊が設置した「舞鶴鎮守府神山練習飛行場」に始まる。
1944年には「神町海軍航空隊」が開設されるが、終戦とともにアメリカ軍に接収。
その後、1956年に日本政府に返還され、自衛隊飛行場・演習場として利用されていたが、1964年に「山形空港」として民間開放。
全日本空輸による東京との定期路線(フレンドシップ使用)が開設された。

当初、滑走路は1,200mで開設されたが、航空路線のジェット化に伴って延長が計画された。
当初は2,000mへの延長を目指したが、諸事情により1,500mへの延長にとどまった*1
また、地元住民との騒音協定も締結され、これにより1976年からは全日本空輸のB737が就航。
1985年からはB767も就航し、利用客も延べ30万人を超える空港へと成長した。

しかし、東京便と競合する東北新幹線・山形新幹線の開業に伴って利用客が鉄道へ転移。
これに伴って競争に負けた全日空が東京線を休止、路線撤退する局面に追い込まれる。
だが、1979年から乗り入れを続けていた東亜国内航空日本エアシステム日本航空はその後も乗り入れを続けたうえ、フジドリームエアラインズも乗り入れたことにより、東京・大阪札幌名古屋の4都市就航となり、利用客も持ち直している。

空港情報

種別特定地方管理空港(旧第二種
滑走路2,000×45(01/19)
ILSあり
3レターコードGAJ
4レターコードRJSC
設置・管理者山形県


主な就航路線

※航空会社が2社以上の路線は、最前の航空会社の機材・乗務員で運航する共同運航便


所在の官公庁航空組織

  • 防衛省
  • 山形県警察本部
    • 生活安全部地域課
      • 山形県警察航空隊(A109E「がっさん2号」を配備)
  • 山形県庁
    • 総合防災課
      • 山形県消防防災航空隊(AW139「もがみ」を配備。運航は東北エアサービス社に委託)


*1 その後、滑走路は当初の計画通りの2,000mに延長されている。
*2 ジェイエアの機材・乗務員による運航。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS