Last-modified: 2023-07-30 (日) 18:02:07 (297d)

【ラムジェット】(らむじぇっと)

Ramjet Engine.

ジェットエンジンの一種。吸気を圧縮する機構を持たず、代わりに高圧(超音速)の吸気を減圧する機構を持つもの。
対気速度超音速でなければ稼働できないという制約を持つ代わりに、極超音速マッハ6〜8)での運航に耐え得る。

筒の中に円錐形の蓋を付けたような単純な構造で、大気を圧縮する機構を持たない。
音速を越えた状態で稼働させる事を想定しており、機体が前進する際のラム圧によって吸気を行う。
吸気口は大気を取り込んで圧縮するためではなく、超音速の気流を亜音速まで減速するために存在する。

上記の原理上、マッハ2.5未満の速度域では極端に効率が悪くなり、マッハ0.5未満では全く作動しない。
ラムジェットのみで離陸する事はできないので、初期加速用の補助エンジンが必ず必要となる。

現状、極超音速航空機を運行する需要はほとんどないが、一部の超音速戦闘機偵察機に採用例がある。
また、一部のミサイルでも二次的な動力として使われている。

関連:ターボラム パルスジェット スクラムジェット


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS