Last-modified: 2024-03-11 (月) 08:19:16 (41d)

【ブッシュマスター】(ぶっしゅますたー)

Bushmaster IMV.

オーストラリアのタレス・オーストラリア社が1990年代末より開発・生産している装輪式装甲兵員輸送車
偵察・兵員輸送を目的としていて直接戦闘は想定外。武装は銃架軽機関銃を搭載する程度に留まる。

広大な荒野が広がるオーストラリア大陸での作戦行動を念頭に置き、兵員9名が搭乗した上で72時間連続無補給で軍事行動できるよう設計されている。
車体は装甲化された応力外皮構造で、7.62mm弾に対する対弾性(STANAG 4569レベル1以上)を持ち、地雷IEDに対する避弾径始を考慮して底面がV字状に成形されている。

前方に一箇所・後方上部に2箇所のハッチが設けられており、各ハッチに1基(計3基)の銃架を持つ。
前方ハッチにはリモートウェポンシステム、後方上部ハッチ2箇所には軽機関銃を設置するのが通例。
空輸に関しても考慮されており、C-130C-17C-2輸送機Mi-26?輸送ヘリコプターに積載可能。

オーストラリア陸軍で採用されている他、英国、オランダ、ジャマイカ、インドネシア、日本(陸上自衛隊)にも輸出されている。

主な運用国

  • オーストラリア
  • イギリス
  • オランダ
  • ジャマイカ:「コマンドウ」装輪装甲車の後継として導入。
  • インドネシア:インドネシア陸軍特殊部隊で運用。
  • 日本(陸上自衛隊):「輸送防護車」の名称で導入。
  • ニュージーランド
  • フィジー
  • ウクライナ:ロシアのウクライナ侵攻を受けてオーストラリアから供与。

主な配備部隊

オーストラリア陸軍

  • 第1旅団
    • 王立オーストラリア連隊 第5大隊
    • 王立オーストラリア連隊 第7大隊
  • 第3旅団
  • 第7旅団
    • 王立オーストラリア連隊 第6大隊
    • 王立オーストラリア連隊 第8/9大隊
  • 第12/16「ハンター・リバー・ランサーズ」(予備役部隊、1個中隊)
  • 戦闘兵器訓練センター
  • 陸軍兵站訓練センター

オーストラリア空軍

  • 第1飛行場防衛中隊
  • 第2飛行場防衛中隊

陸上自衛隊

スペックデータ

乗員数1名+兵員9名
全長7.18m
全高2.65m
全幅2.48m
重量14.5t
駆動・懸架方式ZF 6HP502 ECOMAT G変速機(前進6段・後進1段)
燃料搭載量319リットル
エンジンキャタピラー3126E 7.2L 6気筒ターボチャージドディーゼル
(出力330hp/246kW/2,200rpm)
速度100km/h
行動距離800km以上
武装前方ハッチに5.56mmまたは7.62mm機関銃×1丁もしくは
「CROWS」リモート・ウェポン・ステーション×1基
後方上部ハッチに5.56mm機関銃×2丁
装甲STANAG 4569レベル1以上、Vハル、モノコック構造



トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS