Last-modified: 2023-05-19 (金) 15:31:57 (372d)

【ノッキング】(のっきんぐ)

Knocking / Pinging(米).

エンジン内燃機関)が金属性の打撃音や打撃的な振動を起こす現象の総称。
特に、燃料の異常燃焼や構造部品の衝突などによって起きるエンジンの振動(エンジンノック)を指すことが多い。

燃焼室内での燃料への点火タイミングや圧力の誤設定、オクタン価の低い燃料を使用した場合や混合気が極端に薄い場合などに発生しやすく、これらを適正に整備することで軽減されやすい。

なお、ディーゼルエンジンでは空気だけを圧縮し、そこに液体燃料を吹き込んで自己発火させるため、ノッキングは起こらないとされる。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS