Last-modified: 2024-01-02 (火) 15:08:30 (107d)

【チャレンジャー1】(ちゃれんじゃー)

FV4030/4 Challenger 1.

1980年代にイギリスで開発・生産された第3世代主力戦車
イギリス陸軍には1983年から配備が始められ、1990年に調達完了。総生産数420両(試作車を含む)。

前世代であるチーフテンの延長線上で開発され、主砲・火器管制装置チーフテンと共通。
また、旧西側諸国としては始めて複合装甲(当時の表記では「チョバム・アーマー」)を採用している。

登場当初はCAT(Canadian Army Trophy)射撃競技会などでM1レオパルト2に大差を付けられ、その性能に疑いを向けられていた。
しかし1991年の湾岸戦争でイラク軍機甲部隊と交戦し、高い能力が実戦証明された。

「200輛以上のイラク軍戦車と交戦するも1両の損失も無く撃破した」「交戦距離5,000mからイラク軍のT-55を撃破した」など、いささか信憑性の薄い逸話もある。

現在はすべて後継のチャレンジャー2へと更新し、退役
うち318両がヨルダンに供与され、2024年現在でもヨルダン陸軍では現役。

ヨルダン陸軍では「アル・フセイン」の愛称で呼ばれている。これは同国の陸軍最高司令官にして国王であるアブドゥッラー2世の名に因む。
国王アブドゥッラー2世はイギリス留学中にサンドハースト陸軍士官学校を卒業し、戦車操縦および機甲部隊戦術の教導を受けた経歴を持つ。

スペックデータ

乗員4名
全長11.56m
車体長8.84m
全高2.95m
全幅3.51m
戦闘重量62.0t
懸架方式ハイドロニューマチック式
エンジンパーキンス CV-12-1200TCA No.3 Mk.4A 4ストロークV型12気筒液冷ディーゼル
(出力1,200hp(895kW))
APU生産当初:
コヴェントリー・クライマックス H30 No.4 Mk.18H 2ストローク垂直対向3気筒液冷ディーゼル
(出力23hp/2,000rpm)

1999年から:
パーキンス 4.108 4ストローク直列4気筒液冷ディーゼル
(出力45hp/3,600rpm)
変速機デビット・ブラウン TN37型全自動変速・操向機(前進4段/後進3段)
登坂力58%
超堤高0.9m
超壕幅2.8m
最大速度56km/h(路上)
航続距離450km
装甲複合装甲/爆発反応装甲
兵装L11A5 55口径120mmライフル砲×1門(弾数64発)
L8A2 7.62mm機関銃×1挺
L37A2 7.62mm機関銃×1挺(弾数4,000発)
6連装発煙弾発射器×2基


バリエーション

  • チャレンジャー1 Mk.1:
    初期生産型。

  • チャレンジャー1 Mk.2:
    TOGS(Thermal Obersvation Gun Sight)射撃システムを追加した第二次生産型。

  • チャレンジャー1 Mk.3:
    第三次生産型。

派生型

  • チャレンジャー訓練戦車(CTDD):
    訓練戦車型。
    前面と側面、後面、上面に各2枚の透明窓を備える「グリーンハウス(温室)」砲塔を装備する。
    また、訓練生が実際のチャレンジャー戦車と同じ操縦感覚を得るために車内各部にはウェイトが収められ、通常の戦車型と重量を合わせている。

  • CRARRV(Challenger Armoured Repair and Recovery Vehicle:チャレンジャー装甲回収車:
    装甲回収車型。
    近年、履帯・起動輪・転輪などがチャレンジャー2と同じ物にアップグレードされている。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS