Last-modified: 2023-08-05 (土) 16:26:19 (259d)

【ゲルハルト・バルクホルン】(げるはると・ばるくほるん)

Gerhard Barkhorn (1919-1983)

第二次世界大戦期のルフトバッフェに従軍したエースパイロット

出撃回数1,104回のうち、生涯を通しての撃墜数は301機。
これは戦史上第1位の撃墜記録を保持するエーリッヒ・ハルトマンの352機に次ぐスコアで、300機超えの撃墜数はこの2人のみである。
また、ハルトマンとは同じJG52戦闘隊の同僚で、軍歴はバルクホルンの方が長かった*1。また、2人には戦後まで長らく交友関係があった。

自己主張の強い者が多かった大戦中のドイツ空軍の中で、その性格は比較的もの静かなものであった。
また、戦果を同僚に譲る、被弾した敵機の搭乗員に脱出を促すなど、仲間内で大きな信頼を得る人柄で、ハルトマンからは「身命を投げ出して悔いることのないただひとりの指揮官であり、父として、兄として、同僚として、友人として、私の知っている人の中では最高の人物」と最大級の賛辞を送られている。

なお、バルクホルンは、その軍歴中に被撃墜9回、しばらく飛行不能となる程の大きな負傷を3度経験しながら、最後の負傷以外は毎回前線に復帰していた。

300機超えの撃墜数を記録したパイロットは航空戦史上、バルクホルンとハルトマンのみであり、今後も記録される事はないであろう*2

終戦後は西ドイツ空軍に入隊、要職を歴任して1976年に少将で退役。
1983年、ケルン市内にて自動車事故で死亡した。

使用機体


*1 ハルトマンがバルバロッサ作戦以後の東部戦線で初陣を切ったのに対し、バルクホルンはフランス侵攻が初陣である。
*2 現代では航空機及び搭乗員の調達・養成コストが格段に跳ね上がったことと、ミサイルの発達によって航空戦の性質が根本から変わってしまったこと、及び国家総力戦が行われなくなったことで、エースパイロットが生まれる余地は失われつつある。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS