Last-modified: 2017-05-06 (土) 17:36:09 (18d)

【航空母艦】(こうくうぼかん)

Aircraft Carrier.

複数の航空機艦上機)を搭載し、これの発着及び整備を行う能力を持つ艦艇。空母。
原義を直訳すれば「航空機運搬艦」という程度の意味で、「母」と称するのは漢字特有の詩的表現である。

艦載機を運用するために膨大なペイロードを要するため、艦自体の運動性は比較的低い。
巨大な船体に比して高い巡航速度を持つ傾向にあり、旋回や加減速などの艦隊運動に不向きである。
同様の理由から武装も貧弱で*1、近接戦闘を強いられれば容易に撃沈の憂き目を見る事となる。

とはいえ、艦載機空爆による打撃力は他の艦種の追随を許さない圧倒的なものである。
戦術的には、攻撃機によって敵の軍事目標に対しアウトレンジ攻撃をかけること企図した兵器であると言える。

固定翼機を扱う場合は、上甲板に滑走路飛行甲板)を備える。
しかし、飛行甲板は船体のサイズとの兼ね合いもあって、離艦着艦に十分な長さを確保できない事も多い。
このため、離着艦を行う際は風を利用するために艦ごと向きを変える事が普通。
カタパルトスキージャンプなど、離艦を補助する特殊な構造を備える艦も多い。
また、着艦時にはアレスティングギアを用いて強制的な急停止*2が行われるのが普通。

黎明期には艦隊護衛や、少数を多方面で運用してゲリラ的な攻撃を行う艦として運用された。
しかし、1941年の真珠湾攻撃によって航空主兵主義が立証され、艦隊決戦の主力に躍り出た。

関連:CIWS ジェットブラストディフレクター イージス艦 テイルフッククラブ 強襲揚陸艦

cv63.jpg
"CV-63 Kitty Hawk"

航空母艦の大型化とそれに伴うデメリット

ここ半世紀、艦上機を含めてあらゆる軍用機は大型化する傾向にある。
このため、航空母艦は軒並み大型化するか、搭載機数を削減するかの選択を迫られている。

そして結局の所、正規空母は常軌を逸する規模まで巨大化の一途を辿っている。
往時の戦艦と同様、空母は国威の象徴であり、その存在は時として国際問題になるほど威圧的である*3

例えば、アメリカ海軍ニミッツ正規空母満載排水量が10万トンを超える。
この規模のスーパーキャリアーになれば一隻で攻勢対航空作戦を実施する事も可能となる。
即ち、一部の列強を除くほぼ全ての国家の空軍を単独で撃滅し得るのである。

ゆえに、空母は極めて高額な兵器である。
搭載機も空母そのものに負けず劣らず高額で、勤務するエビエーターも精鋭が集められる。
最新軍事技術と軍事機密の塊であるため、防諜にかかる経済的・政治的コストも甚大である。

結果、大型空母の損失時に生じる損害は、列強各国をもってしても耐え難い規模に達している。
そのため、戦闘で失われる危険のある海域にはまず派遣されず、余程の事がない限り出動しない。
つまり、出動したと言う事はそれだけ深刻な事態と言える。

また、それほど高価な艦艇であるため、損耗を前提とした作戦には投入できない。
運用時は常に護衛艦隊を展開し、敵襲に備えた厳重な警戒網を敷く必要がある。

加えて艦艇の常として、整備・補修・交代要員の訓練などで即応できない状態になる事がある。
そのため、航空母艦を戦略的に運用するためには最低3隻を保有し続ける必要が生じる*4

ここまで甚大な負担に耐えられる国家は非常に限られている。
実際、現代の海軍情勢において、正規空母は実質的にアメリカ合衆国の一極独占状態にある。
多くの国家は正規空母の運用を非現実的と考えており、軽空母V/STOL空母ヘリコプター空母を海軍戦略の基軸としている。
また、「制海艦」「多目的空母」などのマルチロール艦の構想・建造も進められている。

分類

※()内はアメリカ海軍での略号。

各国の主な航空母艦

正規空母

  • イギリス
    • 第二次世界大戦前まで
      • フューリアス(退役)(元・大型巡洋艦)
      • グロリアス級(退役)
      • カレイジャス級(退役)(元・巡洋戦艦)
      • アーガス(退役)(元・イタリア客船「コンテ・ロッソ」)
      • ハーミーズ(初代)(戦没)
      • イーグル(初代)(元・チリ戦艦「アルミランテ・コクレーン」→「インディア」)(戦没)
      • アーク・ロイヤル (初代)(戦没)
      • イラストリアス級(退役)
  • 第二次世界大戦中に建造
    • インプラカブル級(退役)
    • セントー級(退役)*5
    • マルタ級(キャンセル)
    • イーグル級(2代目)(退役)
  • フランス
    • 第二次世界大戦前まで
      • ベアルン(退役)(元・「ノルマンディ」級戦艦(未完成))
    • 第二次世界大戦後に建造
  • 日本(大日本帝国海軍)
    • 第二次世界大戦前まで
    • 第二次世界大戦中に建造
      • 飛鷹型?(1隻戦没、1隻退役)(元・客船「橿原丸」「出雲丸」)
      • 雲龍型?(2隻戦没、1隻退役、3隻建造中止)
      • 大鳳?(戦没)
      • 信濃(戦没)(元・大和級戦艦3番艦)
      • 改大鳳型(計画のみ)
  • ブラジル
    • サン・パウロ(元フランス・クレマンソー?級「フォッシュ」)*6
  • インド
    • ヴィラート(元・英セントー級「ハーミーズ」(退役))
    • ヴィクラント(2代目。2013年進水)
  • 中国

軽空母・ヘリコプター空母

護衛空母については別項を参照のこと。

  • アメリカ
    • 第二次世界大戦中に建造
      • インディペンデンス級(退役)
      • サイパン級(退役)
  • ロシア
  • イギリス
  • インド
  • イタリア
    • 第二次世界大戦中に建造
      • アクイラ(未完成)
    • 第二次世界大戦後に建造
  • ブラジル
    • ミナス・ジェライス(元・英コロッサス級「ベンジャンス」(退役))
  • フランス
    • 第二次世界大戦前まで
      • ジョッフル級(未完成)
    • 第二次世界大戦中に建造
      • ディズミュド(退役)(元・英護衛空母「バイター」)
      • ボー・ベロー(元・米インディペンデンス級(退役))
      • ラファイエット(元・米インディペンデンス級(退役))
      • アローマンシュ(元・英コロッサス級(退役))
  • スペイン
    • デダロ(元・米インディペンデンス級)(退役)
    • プリンシペ・デ・アストゥリアス(退役)
    • フアン・カルロス1世(強襲揚陸艦兼用
  • タイ
  • 日本
    • 第二次世界大戦前に建造
      • 鳳翔?(退役)
      • 龍驤?(戦没)
      • 祥鳳型?(戦没)(元・「剣崎」型潜水母艦)
      • 大鷹型?(戦没)(元・「春日丸」級客船)
    • 第二次世界大戦中に建造
      • 海鷹?(退役)(元・貨客船「あるぜんちな丸」)
      • 神鷹?(戦没)(元・ドイツ客船「シャルンホルスト」)
      • 龍鳳?(退役)(元・潜水母艦「大鯨」)
      • 千歳型?(戦没)(元・水上機母艦)
      • 伊吹(未完成)(元・改「鈴谷」級重巡洋艦
    • 第二次世界大戦後に建造(海上自衛隊・いずれも公式には「ヘリコプター搭載護衛艦(DDH)」)

過去に空母を保有していた国の一覧

  • カナダ(元・英コロッサス級およびマジェスティック級航空母艦)
    • ウォリアー(マグニフィセントと交換)
    • ボナヴェンチャー(「パワフル(HMS Powerful R95)」)
    • マグニフィセント(「ウォリアー」の後継。ボナヴェンチャーと交換)

  • アルゼンチン(2隻とも元・英国コロッサス級航空母艦(退役))
    • インデペンデンシア(「ウォリアー(HMS Warrior R31)」)
    • ベインティシンコ・デ・マヨ*7(「ヴェネラブル(HMS Venerable R63)」)

  • オランダ(元・英コロッサス級航空母艦「ヴェネラブル(HMS Venerable R63)」)
    • カレル・ドールマン(Hr. Ms. Karel Doorman R81)(アルゼンチンへ売却)

  • オーストラリア(2隻とも元英国マジェスティック級航空母艦(退役))
    • メルボルン(HMAS Melbourne R21(「マジェスティック(HMS Majestic R77)」)
    • シドニー(HMAS Sydney R17/A214(「テリブル(HMS Terrible R93)」)

  • ドイツ(いずれも未完成)
    • グラーフ・ツェッペリン(Graf Zeppelin)*8
    • ペーター・シュトラッサー
    • ヴィーザル(アドミラル・ヒッパー級?重巡4番艦「ザイドリッツ(Seydlitz)」を建造途中に改造したもの)

*1 艦隊決戦の時代には8インチ以下の艦載砲高射砲、あるいは機関銃が搭載されていることが多かったが、現代ではCIWS機関砲・短射程艦対空ミサイル)・対潜魚雷程度にとどめられている。
*2 これを指して「制御された墜落」とも呼ぶ。
*3 アメリカ合衆国大統領は、海外で大規模な紛争・武力衝突・自然災害などが発生すると「一番近くにいる空母は?」と尋ねるという。
*4 実際には多くの国家にとって、空母は「我が国唯一」なるものであったが。
*5 同型艦の「ハーミーズ」(2代目)は後にインドへ売却された。
*6 2017年、運用終了が発表された。
*7 1982年のフォークランド紛争にも参戦。
*8 第二次世界大戦終戦後ソ連に接収され洋上基地(PB-101)になる。

添付ファイル: filecv63.jpg 1276件 [詳細]

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS