*&ruby(ぜっとえすゆーにじゅうさんよん){【ZSU-23-4】}; [#z30ad787]
&ruby(Zenitnaya){Зенитная}; &ruby(Samokhodnaya){Самоходная}; &ruby(Ustanovka){Установка}; 23-4~
~
ソビエトの開発した自走式[[対空機関砲>AAA]]。~
[[愛称]]は『シルカ』。防空兵器に河川名を用いるソ連の命名規則に従い、アムール川水系のシルカ川から命名された。~
正式名称は『自走高射装置』の意で、末尾の数字は23mm[[機関砲]]を4門搭載している事を示す。~
~
砲身の冷却機構に欠陥があり、砲身や[[火器管制装置]]の故障が多発した。~
4門同時に射撃すると砲身焼損を避けられないため、緊急時以外は1門か2門のみ用いて射撃された。~
この理由から[[機甲部隊]]の最前線への投入は忌避され、部隊後方に配置される事が多かった。~
~
[[2K12「クープ」>SA-6]]や[[9K31「ストレラ-1」>SA-9]]などの[[地対空ミサイル]]を潜り抜けた機体を近距離から仕留める運用が想定される。~
[[第4次中東戦争>中東戦争]]で実戦投入され、低空侵入したイスラエル国防軍機を多数撃墜している。~
また、[[アフガニスタン紛争]]では輸送部隊の護衛に付き、山岳からの[[アンブッシュ]]を迎撃した。~
~
後継として[[2K22(2S6)「ツングースカ」>2S6]]が開発されたが、置換は進んでおらず、現在でも現役。~
また、イラクなどの中東諸国やアフリカ、北朝鮮などに輸出され運用されている。~
~
#ref(http://www.masdf.com/altimeter/duxford/IMG_5425.jpg,600x400);
~
**スペックデータ [#kb50f796]
|乗員|4名|
|全長|6.53m|
|全高|3.57m([[レーダー]]起立時)|
|全幅|3.12|
|戦闘重量|20.5t|
|懸架・駆動方式|トーションバー|
|[[エンジン]]|V-6R[[ディーゼルエンジン]](出力280hp)|
|[[エンジン]]|V-6R 4ストローク6気筒[[液冷>液冷エンジン]][[ディーゼル>ディーゼルエンジン]](出力280hp/2,000rpm)|
|登坂力|60%|
|超堤高|1.1m|
|超壕幅|2.8m|
|最大速度|65km/h(路上)|
|[[行動距離>航続距離]]|550km|
|[[装甲]]|15mm(車体前面)/9.2mm([[砲塔]]前面)|
|[[レーダー]]|RPK-2「ヴィユーガ」([[NATOコード]]:B-76「ガンディッシュ」)|
|兵装|AZP-23 液冷式23mm[[機関砲]]×4門(弾数2,000発)&br();[[9K38「イグラ」>SA-18]]6基、または[[9K310「イグラ-1」>SA-16]]|
|兵装|2A7(AZP-23"Amur")液冷式23mm[[機関砲]]×4門(弾数2,000発)&br;[[9K38「イグラ」>SA-18]][[SAM>地対空ミサイル]]×6基、または[[9K310「イグラ-1」>SA-16]]|

**バリエーション [#g4d1f98a]
:ZSU-23-4|1964年に開発された初期量産型。~
-ZSU-23-4:~
1964年に開発された初期量産型。~
量産型とは砲塔前面部の形状が異なる。

:ZSU-23-4V|1968年の量産型。~
-ZSU-23-4V:~
1968年に開発された量産型。~
電子機器の冷却システムと車内換気システムを改良し、車長用光学照準器を装備している。~

:ZSU-23-4V1|1972年の発展型。~
--ZSU-23-4V1:~
1972年に開発された発展型。~
[[射撃管制装置>火器管制装置]]と[[エンジン]]を更新している。~

:ZSU-23-4M:|1977年の発展型。~
-ZSU-23-4M:~
1977年に開発された発展型。~
レーダーをRPK-2「トーボル」から「ヴィユーガ」に換装、[[火器管制装置]]をデジタル化。~
銃身に追加[[装甲]]を施された。~
1〜3個の[[砲塔]]外付け式弾薬庫により個別に作戦行動を取れるようになった。~

:ZSU-23-4MZ|1977年の部分改良型。~
--ZSU-23-4MZ:~
1977年に開発された部分改良型。~
[[IFF>敵味方識別装置]]を搭載。既存のM型も順次この型に改良されている。~

:ZSU-23-4M2|1987年の近接戦闘モデル。~
--ZSU-23-4M2:~
1987年に開発された近接戦闘モデル。~
アフガン紛争で対[[ゲリラ戦]]用途に投入された、通称「アフガン型」。~
[[レーダー]]が撤去されて弾薬庫に換装され、搭載弾数は2,000発から4,000発に増加。~
戦車用の暗視装置を搭載した他、1RL133『Credo』地上監視用レーダーのマウントを砲塔右前面に設置。

:ZSU-23-4M4|1999年の近代化改修型。~
--ZSU-23-4M4:~
1999年に開発された近代化改修型。~
駆動部を[[油圧ポンプ]]式に改良し、センサーと射撃管制装置を近代化。~
近距離[[地対空ミサイル]]2基を砲塔上に搭載している。

:ZSU-23-4M5|ベラルーシで開発された改良型。~
センサーと[[火器管制装置]]が近代化。~
され、[[砲塔]]後部左右に近距離[[地対空ミサイル]]3基を搭載している。
--ZSU-23-4M5:~
ベラルーシで開発された改良型。~
センサーと[[火器管制装置]]を近代化し、[[砲塔]]後部左右に近距離[[地対空ミサイル]]3基を搭載している。

:ZSU-23-4MP Biala|ポーランドで開発された改良型。~
-ZSU-23-4MP Biala:~
ポーランドで開発された改良型。~
[[火器管制装置]]と照準装置を改良。~
[[砲塔]]上右側に国産の「グロム((Grom:雷の意。))」[[地対空ミサイル]]2基を搭載。

:ZRAK((ウクライナ語で防空ロケット(ミサイル)−砲システムの略。)) ドネーツィ|1999年にウクライナで開発された後継型。~
-ZRAK((ЗЕНИТНЫЙ РАКЕТНО-АРТИЛЛЕРИЙСКИЙ КОМПЛЕКС(防空ロケット(ミサイル)−砲システム)の略。)) ドネーツィ:~
1999年にウクライナで開発された後継型。~
[[T-80UD>T-80]]のシャーシにZSU-23-4の[[砲塔]]を搭載、[[ストレラ-10>SA-13]][[携行SAM>地対空ミサイル]]の連装発射機を装備した。
~
-M1993(仮称、正式名称不明):~
北朝鮮で開発された改良型。[[機関砲]]を30mm連装機関砲に換装した。

:4M4|ウクライナで開発された改良型。

:4M5|ベラルーシで開発された改良型。

:M1993(仮称、正式名称不明)|北朝鮮で開発された改良型。[[機関砲]]を30mm連装機関砲に換装した。

IP:153.151.168.192 TIME:"2015-11-15 (日) 01:27:19" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS