*&ruby(えっくすびーななじゅう){【XB-70】}; [#df4041f1]
North American XB-70 "&ruby(バルキリー){Valkyrie};((北欧神話に登場する、戦死者を導く乙女が語源。))"~
~
1950年代、アメリカが開発した[[戦略爆撃機]]。~
[[核戦争]]を想定した設計で、ソヴィエト領内に侵入、[[防勢対航空作戦]]を強行突破して[[水素爆弾]]を投下する目的で開発された。~
[[核戦争]]を想定した設計で、ソヴィエト領内に侵入し、[[防空網]]を強行突破して[[水素爆弾]]を投下する目的で開発された。~
~
機体案は1954年に発表され、1957年に[[ノースアメリカン]]社を主契約メーカーとして製作することが決定した。~
極めて大規模かつ先進的なプロジェクトのため、[[ボーイング]]など多数の企業が製作に携わっている。~
~
設計上の要目は、[[マッハ]]3を超える最高速度と、アラスカ・モスクワ間を無着陸で往還できる[[航続距離]]。~
そのために[[熱の壁]]でも焼尽しないステンレス合金の構造材、膨大な[[燃料]]、多発の巨大なエンジンが必要とされた。~
機体形状は[[超音速巡航]]のために極端に細く絞り込まれていて、「[[戦闘機]]を3倍大きくした」ように見える独特の外見をしている。

>なお、優美な外見から受ける印象とは異なり、[[運動性]]は極めて劣悪。~
[[戦闘機]]のように回避機動を行えないどころか、[[旅客機]]が行うような航路変更すら満足に行えない。
>なお、優美な外見から受ける印象とは異なり、[[運動性]]は極めて劣悪で、[[戦闘機]]のように回避機動を行えないどころか、[[旅客機]]が行うような航路変更すら満足に行えなかった。

性能要求は当時の技術水準の極限に達したが、その性能ゆえに研究は難航し、開発費も暴騰。~
しかも研究途上で先んじて[[弾道ミサイル]]が実用化された事で存在意義を喪失し、1961年にプロジェクト終了。~
性能要求は当時の技術水準の極限に達していたが、その性能ゆえに研究は難航し、開発費も暴騰。~
しかも研究途上で先んじて[[弾道ミサイル]]が実用化された事で存在意義を喪失し、1961年にプロジェクトは終了。~
~
開発チームは[[超音速旅客機]]・[[偵察機]]としての再起を図り、1964年に試作機が完成。~
その後、開発チームは[[超音速旅客機]]・[[偵察機]]としての再起を図り、1964年に試作機が完成。~
1966年には一周4,500kmのコースでマッハ3.08を33分間維持するという記録を打ち出した。~
しかし同年、試作2号機が広告撮影目的での[[編隊]]飛行中に僚機と衝突、[[墜落]]した。
しかし同年、試作2号機が広告撮影目的での[[編隊]]飛行中に僚機([[F-104N>F-104]])と衝突、[[墜落]]した。

>一部始終が撮影されていたにも関わらず、事故原因について一定の結論は出ていない。~
ただ、「異なる機体同士で密集編隊を組む」という[[飛行計画>フライトプラン]]自体が高難易度で失敗を誘発したと考えられている。

事故によって信用を喪失したため、機体開発は事実上凍結。試作1号機は国立アメリカ空軍博物館に移管された。~
この事故によって信用を完全に喪失したため、機体開発は事実上凍結。試作1号機は[[国立アメリカ空軍博物館]]に移された。~
~
関連:[[MiG-25]] [[T-4(ソ連)>T-4]] [[M-50]] [[XF-108]]~

**スペックデータ [#a60038eb]
|乗員|2名([[機長]]・[[副機長]])|
|全長|56.39m|
|全高|9.14m|
|翼幅|32m|
|翼面積|585|
|翼型|Hexagonal; 0.30 Hex modified root, 0.70 Hex modified tip|
|空虚重量|115,031kg|
|総重量|242,536kg|
|最大離陸重量|245,847kg|
|[[燃料]]容量|140,000kg、46,745 US gal(176,950L)|
|[[エンジン]]|[[GE>ジェネラルエレクトリック]] YJ93-GE-3[[ターボジェット]]×6基|
|[[推力]]|[[ドライ>ミリタリー推力]]:89kN(19,900lbf)&br;[[A/B>アフターバーナー]]使用時:120kN(28,000lbf)|
|最高速度|[[マッハ]]3.1|
|[[巡航速度]]|3,219km/h|
|[[戦闘行動半径]]|6,899km|
|[[航続距離]]|12,200km|
|[[上昇限度]]|23,580m|
|最大運用高度|23,600m|
|[[揚力]]比|[[マッハ]]2で約6|
|[[翼面荷重]]|414.7kg/|
|[[推力重量比]]|0.314|
|兵装|[[水素爆弾]]×14発(予定)|
~
**バリエーション [#i6589ebd]
-XB-70A(2機):~
試作機。~
AV-1([[機体番号>機体記号]]:62-0001)とAV-2(機体番号:62-0207)の2機が製作された。~
~
-XB-70B:~
AV-3(機体番号:62-0208)。~
YB-70Aの生産1号機になる予定だったが製造途中でキャンセルされた。~
~
-YB-70:~
[[爆弾倉>ウェポンベイ]]を備えた改良試作型。計画のみ。~
~
-B-70A(65機予定):~
初期生産型。計画のみ。~
~
-RB-70:~
偵察爆撃機型。[[SR-71]]との競争に敗れ不採用。~
~

IP:211.11.8.112 TIME:"2021-05-26 (水) 13:06:28" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/90.0.4430.212 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS