*&ruby(ぶいしーてん){【VC-10】}; [#y75fe29a]
Vickers VC-10.~
~
1950〜1960年代、英国の[[ヴィッカース]]社が開発・生産していた長距離用[[四発>多発機]]ジェット[[旅客機]]。~
~
本機の開発は、1950年代にヴィッカース社が[[ヴァリアント>3V]][[爆撃機]]をもとに拡大した[[英国空軍(RAF)>RAF]]向け長距離[[輸送機]]型の「V1000」と、民間旅客機型の「VC7」に由来する。~
しかし、ヴァリアントに機体構造上の欠陥が明らかになったことからRAFがV1000の仮発注をキャンセルしたことと、VC7の[[ローンチカスタマー]]になる予定だった[[英国海外航空(BOAC)>ブリティッシュ・エアウェイズ]]が興味を示さなかったため、双方ともキャンセルされてしまう。~
~
この頃、BOACは世界初のジェット旅客機である「[[コメット]]」と米国[[ボーイング社>ボーイング]]製の[[B707]]((エンジンはロールスロイス社の「[[コンウェイ]]」に換装されていた。))を運用していたが、前者は原設計が1940年代の機体であってすでに旧式化しており((加えて、1型が連続空中分解事故を引き起こして信用と販路を失っていた。))、一方のB707は南アジアやアフリカ方面(MREルート((Medium-Range Empire. 中距離帝国間ルート。)))への運航には過大なうえ、[[エンジン]]の出力不足で[[高度]]の高い[[空港]]での[[離>離陸]][[着陸]]に難があり、[[ペイロード]]が大きく減ることが問題となっていた。~
この頃、BOACは世界初のジェット旅客機であるデ・ハビランド「[[コメット]]」と米国[[ボーイング社>ボーイング]]製の[[B707]]((エンジンはロールスロイス社の「[[コンウェイ]]」に換装されていた。))を運用していたが、前者は原設計が1940年代の機体であってすでに旧式化しており((加えて、1型が連続空中分解事故を引き起こして信用と販路を失っていた。))、一方のB707は南アジアやアフリカ方面(MREルート((Medium-Range Empire. 中距離帝国間ルート。)))への運航には過大なうえ、[[エンジン]]の出力不足で[[高度]]の高い[[空港]]での[[離>離陸]][[着陸]]に難があり、[[ペイロード]]が大きく減ることが問題となっていた。~
そこで、BOACは改めてMREルート用のジェット旅客機の開発を各メーカー([[デ・ハビランド>デ・ハビランドエアクラフト]]社、[[ハンドレページ]]社、ヴィッカース社)に打診し、これにヴィッカース社が応えたのが本機である。~
~
こうして完成した本機は、[[T尾翼]]に4基の[[ジェットエンジン]]を機体後部につけるという独特な形状をしていた((なお、このレイアウトはソ連の[[スパイ]]によりソ連に持ち帰られ、同国でイリューシン[[Il-62]]の設計に転用されている。))。~
また、[[主翼]]には[[高亜音速>亜音速]]巡航を可能にするピーキー[[翼型]]を採用した他、複式自動着陸装置など当時最新の[[アビオニクス]]を搭載したが、そのために開発費が高騰した上に実用化に時間がかかる結果(時間の壁)となってしまい、「[[ヴァイカウント>バイカウント]]で得た利益を吐き出しただけ」と揶揄される結果になってしまった。~
加えて、エンジンもレイアウトの関係上、低〜中[[バイパス比]]のものしか搭載できず、後年の[[高バイパス比>バイパス比]]エンジン搭載機に比べて騒音が大きくなってしまった((地上では本機が遠くに位置していても、いつ頭上に飛来するか容易に分かったという。))。~
>その反面、[[エンジン]]の無い[[主翼]]には、全幅に渡って[[高揚力装置>フラップ]]の装備が可能になり、優秀な[[STOL]]性を獲得することができたという利点もあった。

計画着手から50機を受注したものの、[[初飛行]]が1962年という遅さでは追加受注もなく、1964年になってようやく初号機がロンドン〜ラゴス間に就航した((これは、ライバル機の[[B707]]に遅れること6年、[[ダグラス]][[DC-8]]に遅れること5年という結果であった。))。~
その後、胴体の延長とエンジンを強化した「スーパーVC-10」も開発されたが受注は振るわず、1970年に64機で生産が打ち切られてしまう。~
更に[[中東戦争]]の結果として起きた「オイルショック」により、高燃費なエンジンの本機は早々と引退してしまい、1980年代には民間航路から姿を消すことになる。~
>BOACとその後継の[[ブリティッシュ・エアウェイズ]]が乗り入れに用いていた他、[[英国王室専用機>政府専用機]]として各国を歴訪していたため、日本でもなじみの深い機体であった。

また、本機は[[RAF]]によって[[空中給油機]]・[[輸送機]]としても用いられていた。~
空中給油機としては、胴体にエンジンを装備しているため、主翼に給油[[ポッド]]を搭載しても被給油機が[[ジェット後流>ジェットウォッシュ]]に巻き込まれる心配がないという利点があった。~
この給油機型も後継の[[A330 MRTT「ボイジャー」>A330]]に任務を譲り、既に引退している。~

**スペックデータ(Type1101) [#r1fd7466]
|乗員|4名([[機長]]・[[副操縦士>副機長]]・[[航空機関士]]・[[航法員]])+[[フライトアテンダント]]3名|
|乗客数|151名|
|全長|48.36m|
|全高|12.04m|
|翼幅|44.55m|
|翼面積|264.9|
|空虚重量|63,278kg|
|最大離陸重量|151,898kg|
|[[燃料]]容量|81,490L(21,527 US gal)|
|[[エンジン]]|[[ロールス・ロイス]][[コンウェイMk.301>コンウェイ]][[ターボファン]]×4基|
|[[推力]]|100kN(22,500lbf)|
|最高速度|930km/h|
|[[巡航速度]]|890km/h(高度12,000m(経済巡航))|
|[[航続距離]]|9,410km|
|[[上昇限度]]|13,000m|
|[[上昇率]]|9.8m/s|
|[[離陸]]滑走距離&br;(高度35ft(11m))|2,520m|
|[[着陸]]滑走距離&br;(高度50ft(15m))|1,940m|
~
**バリエーション [#a6451131]
-民間
--ヴィッカース VC-10 Type1100:~
プロトタイプ。~
~
--BAC VC-10 Type1101:~
BOAC向け標準型。35機中12機製造。~
~
--BAC VC-10 Type1102:~
ガーナ航空向けコンビ型。3機製造。~
~
--BAC VC-10 Type1103:~
ブリティッシュ・ユナイテッド(BUA)航空向けコンビ型。2機製造。~
~
--BAC VC-10 Type1104:~
ナイジェリア航空向け標準型。2機発注もキャンセル。~
~
--BAC VC-10 Type1109:~
レーカー航空へのリースのために1100を改称したもの。~
~
--BAC スーパーVC-10 Type1150:~
胴体を4.3mストレッチしエンジンを強化した型。~
~
--BAC スーパーVC-10 Type1151:~
BOAC向け。22機中17機製造。~
~
--BAC スーパーVC-10 Type1152:~
BOAC向けコンビ型。13機発注もキャンセル。~
~
--BAC スーパーVC-10 Type1154:~
イーストアフリカ航空向けコンビ型。5機製造。~
~
-軍用
--VC-10 C.1(VC-10 Type1106):~
イギリス空軍の輸送機型。~
~
--VC-10 C.1K(VC10 Type 1180):~
イギリス空軍の空中給油機兼輸送機型。~
~
--VC-10 K.2(VC10 Type 1112):~
イギリス空軍の空中給油機型。Type1101を改造。~
~
--VC-10 K.3(VC10 Type 1164):~
イギリス空軍の空中給油機型。Type1154を改造。~
~
--VC-10 K.4(VC10 Type 1170):~
イギリス空軍の空中給油機。Type1151を改造。~
~

IP:118.8.23.67 TIME:"2023-06-10 (土) 09:44:21" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/114.0.0.0 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS