*&ruby(てぃーよん){【T-4】}; [#z2db7aa2]
+Sukhoi T-4(Сухой Т-4)~
ソ連(現ロシア)の[[スホーイ]]が開発していた[[超音速]][[爆撃機]]。~
[[NATOコード]]は無いが、[[アメリカ国防総省]]は当機に「ラームH」のコードネームを与えていた。~
アメリカの[[XB-70]]と比べ、大型の[[クロースカップルドデルタ]]であることは共通しているが、機体には[[SR-71]]と同じくチタン合金を使用し、[[主翼]]は[[ダブルデルタ]]になっており、翼端を折り曲げるような機構はない。~
また、ソ連初の4重・全自動方式の[[フライバイワイヤー]]が採用されたほか、燃料にはRG-1((SR-71で使用されるJP-1燃料に相当。))と呼ばれる特別な燃料を使用する。~
また、ソ連初の4重・全自動方式の[[フライバイワイヤー]]が採用されたほか、燃料にはRG-1(([[SR-71]]で使用されるJP-1燃料に相当。))と呼ばれる特別な燃料を使用する。~
しかし、他の大型超音速機と同様に[[航続距離]]が極端に劣り、実用化されることはなかった。~
後年、[[主翼]]を[[可変後退翼]]に改めたT-4Mや、さらに胴体を[[リフティングボディ]]に改めたT-4MSも構想されたが、空力特性や生産能力等に問題があり、結局[[Tu-22M]]や[[Tu-160]]が開発されることとなった。~
~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|乗員|2名|
|全長|44.0m|
|全高|11.2m|
|全幅|22.0m|
|[[主翼]]面積|295.7|
|空虚重量|55,600kg|
|運用重量|114,000kg|
|最大離陸重量|135,000kg|
|[[エンジン]]|コゾレフ RD-36-41[[ターボファン]]([[推力]]16,000kg)×4基|
|速度&br;(最高/巡航)|[[Mach>マッハ]]3.0/Mach 2.8|
|[[航続距離]]|7,000km(フェリー時)|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|20,000-24,000m|
~
参考リンク:http://www.sukhoi.org/eng/planes/museum/t4/~
~
#ref(http://mmsdf.sakura.ne.jp/masdf/monino/IMG_3693.jpg,600x400);
~
+川崎 T-4.~
[[川崎重工>川崎重工業]]など国内航空産業メーカー5社が製作した純国産の[[中等練習機>練習機]]/[[連絡機]]。~
詳しくは[[T-4(日本)]]の項を参照。~

~
IP:153.151.168.94 TIME:"2016-03-01 (火) 21:41:04" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php?cmd=edit&page=T-4" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS