*&ruby(てぃーに)){【T-2】}; [#p18b0900]
*&ruby(てぃーに){【T-2】}; [#p18b0900]
[[NorthAmerican>ノースアメリカン]] T-2 "&ruby(バックアイ){Back Eye};"

> "Back Eye"はセイヨウトチノキの実(大きな眼球のように見える)を指す語。~
>"Back Eye"はセイヨウトチノキの実(大きな眼球のように見える)を指す語。~
「後方視界(Back Eye)」を[[エビエーター]]の心得である[[後方確認>チェックシックス]]と掛けてもいる。

[[アメリカ海軍]]が用いていた[[艦上>艦上機]][[練習機]]。~
1956年に出されたアメリカ海軍の「多用途ジェット練習機開発」要求に応えて開発され、1958年に[[初飛行]]。~
~
基礎操縦練習から兵器訓練、[[空母>航空母艦]]勤務資格取得まで、海軍のジェット[[飛行士>エビエーター]]達が行う操縦訓練の大半をまかなう機体として運用された。~
[[主翼]]は[[FJ-1「フューリ」>FJ-1]]から流用し、操縦系統は[[T-28C「トロージャン」>T-28]]をベースにしている。~
[[主翼]]は[[FJ-1「フューリ」>F-86]]から流用し、操縦系統は[[T-28C「トロージャン」>T-28]]をベースにしている。~
~
[[ローンチカスタマー]]のアメリカ海軍以外にも、ベネズエラやギリシャに輸出され、[[軽攻撃機>攻撃機]]([[COIN機]])として運用された。~
[[アメリカ海軍]]では[[T-45「ゴスホーク」>T-45]]の配備で2008年に全機退役したが、ギリシャ空軍では引き続き運用されている。~
~
[[アメリカ海軍]]では[[T-45「ゴスホーク」>T-45]]の配備で2008年に全機退役したが、ギリシャ[[空軍]]では引き続き運用されている。~

**スペックデータ(T-2C) [#bc4fe609]
|乗員|2名|
|全長|11.6m|
|全高|4.5m|
|翼幅|11.621m(翼端タンクまで)|
|[[主翼]]面積|23.7|
|翼型|NACA 64A212|
|空虚重量|3,681kg|
|最大離陸重量|5,978kg|
|[[燃料]]容量|2,620リットル(691US gal)|
|[[エンジン]]|[[GE>ジェネラルエレクトリック]] [[J85-GE-4>J85]][[ターボジェット]]×2基&br;([[推力]]13.1kN(2,950lbf))|
|最大速度|839km/h(高度7,600m)|
|[[失速]]速度|160.4km/h|
|[[航続距離]]|1,683km|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|12,300m|
|[[上昇率]]|31m/s|
|兵装|固定武装なし。&br;外部兵装に[[ガンポッド]]や[[爆弾]]等を搭載可能。(最大1,600kg)|

**主な派生型(カッコ内は生産機数) [#z3633fa2]
-YT-2A(YT2J-1)(6機):~
評価試験用に生産された原型機。~
~
-T-2A(T2J-1)(217機):~
単発エンジンを持つ初期量産型。~
~
-T-2B(T2J-2)(97機):~
アメリカ海軍の要望を受けて改良された双発エンジン型。~
安全性の観点からエンジンを[[WE>ウェスティングハウス]] J34ターボジェット1基から、[[P&W>プラット&ホイットニー]] J60ターボジェット2基に変更した。~
~
-T-2C(231機):~
B型の改良型。~
エンジンをGE J-85ターボジェットに換装。~
主翼下4箇所の[[パイロン]]に[[ハードポイント]]を設置。~
ミサイル運用能力は持たないが、[[ガンポッド]]・[[爆弾]]等の兵装により[[軽攻撃機>攻撃機]]([[COIN機]])として運用可能。~
~
-T-2D(12機):~
T-2Cのベネズエラ空軍向け生産型。~
~
-T-2E(30機):~
T-2Cのギリシャ空軍向け生産型。~

IP:118.14.32.153 TIME:"2023-01-28 (土) 16:50:22" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/109.0.0.0 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS