*&ruby(てぃーわん){【T-1】}; [#g518f98d]

+富士T-1「初鷹」~
1950年代後半、[[富士重工業]]が設計・開発した国産初のジェット[[練習機]]。~
1950年代後半、[[富士重工業]](現在の[[SUBARU]])が設計・開発した国産初のジェット[[練習機]]。~
また同時に、[[第二次世界大戦]]後に日本が初めて製作した実用[[航空機]]でもあった。~
~
[[航空自衛隊]]に納入されていた、[[ノースアメリカン]]T-6「テキサン」中等練習機の後継機として1955(昭和30)年から開発計画が始まった。~
公募では[[川崎航空機>川崎重工業]]、[[新明和工業]]、富士重工業の3社が案を提示し、選考の結果、富士重工業の案が採用された。~
試作初号機は1958(昭和33)年1月16日に初飛行を行なった。~
~
当初は[[エンジン]]も含めて国産する計画だったが、開発の遅延により納期に間に合わず、試作1号機にはイギリス製の「[[ブリストル]]・[[オーフュースMk.805>オーフュース]]」を搭載することになった。~
このモデルは「A型」と呼ばれ、46機が生産された。~
後に国産([[石川島播磨重工>IHI]]製)の「[[J3-IHI-7B>J3]]」[[ターボジェット]]を搭載((後には強化型のJ3-IHI-7Bに転換。))した「B型」が登場、こちらは20機が生産された。~
~
射撃訓練用に機首右下に12.7mm機関銃を装備することが可能である。~
また、有事の際は翼下に[[空対空ミサイル]]などの武装を施し、簡易[[戦闘機]]としても運用できるようになっていたが、幸いその機能は一度も使われること無く、後継の[[T-4>T-4(日本)]]へ道を譲って2006年までに全機が退役した。~
~
|>|>|CENTER:''スペックデータ''|
|型式|CENTER:T-1A|CENTER:T-1B|
|乗員|>|CENTER:2名|
|全長|>|CENTER:12.1m|
|全高|>|CENTER:4.1m|
|全幅|>|CENTER:10.5m|
|[[主翼]]面積|>|CENTER:22.2|
|空虚重量|CENTER:2,767kg|CENTER:2,858kg|
|最大離陸重量|CENTER:4,150kg|CENTER:4,355kg|
|エンジン|>|CENTER:ターボジェット×1基|
|~|CENTER:ブリストル・シドレー&br;[[オーフュースMk.805>オーフュース]]&br;([[推力]]17.8kN)|CENTER:[[IHI]] J3-IHI-7B&br;(推力13.7kN)|
|最大[[速度]]|CENTER:[[マッハ]]0.8|CENTER:マッハ0.78|
|海面[[上昇率]]|CENTER:1,980m/min|CENTER:1,588m/min|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|CENTER:16,155m|CENTER:13,410m|
|[[航続距離]]&br;([[増槽]]使用時)|CENTER:500nm|CENTER:485nm|
|武装|>|固定武装に12.7mm機関銃×1門&br;翼下に[[機銃ポッド>ガンポッド]]、対地[[ロケット弾]]×4発、[[AIM-9]][[AAM>空対空ミサイル]]×2発、&br;340kg爆弾、[[増槽]]などを装備可能。|
~
【派生型(カッコ内は生産機数)】~
--T1F1(2機):~
T-1B原型機。~
~
--T1F2(6機):~
T-1A原型機。~
~
--T-1A(46機):~
RR社製オーフュースMk.805エンジン搭載型。2001年退役。~
~
--T-1B(20機):~
IHI製J3-IHI-7Bエンジン搭載型。A型より燃費が向上している。2006年退役。~
~
--T-1B-10:~
J3の強化型であるJ3-7エンジンを搭載した型。B型全機改修。~
~
--T-1 [[FCS>火器管制装置]]訓練型:~
機首に[[F-104J>F-104]]の[[レーダー]]を搭載した型。計画のみ。~
~
+ロッキード T-1(T2V)"&ruby(シースター){SeaStar};"~
1950年代、[[アメリカ海軍]]に導入された[[ジェット高等練習機>練習機]]。~
[[空軍>アメリカ空軍]]が用いていた[[T-33>F-80]]を[[航空母艦]]で運用できるように改良したものである。~
エンジンの換装やエアインテークの形状変更、[[垂直尾翼]]を延長したほか、[[降着装置]]の強化や[[着艦フック>アレスティングギア]]の装着が施されている。~
また、「[[境界層制御>BLC]]」(吹出しフラップ)を採用した最初の実用機でもある。~
~
1958年の生産終了までに150機が生産されたが、後継として[[T-2]]が配備されたことにより1970年代に退役した。~
~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|乗員|2名|
|全長|11.76m|
|全高|4.1m|
|全幅|13.0m|
|[[主翼]]面積|22.3|
|空虚重量|5,427kg|
|最大離陸重量|7,620kg|
|[[エンジン]]|アリソン J33-A-24またはA-24A[[ターボファン]]([[推力]]2,770kg)×1基|
|[[速度]]|933km/h([[高度]]10,760m)|
|[[航続距離]]|1,400km|
|[[上昇率]]|1,930m/min|
|兵装|なし|
~
+レイセオンT-1A "&ruby(ジェイホーク){Jayhawk};"~
[[アメリカ空軍]]が[[多発>多発機]]大型機([[爆撃機]]・[[輸送機]]・[[空中給油機]]・[[AWACS>AWACS(航空機)]]等)に搭乗する[[パイロット>エビエーター]]候補生向けとして使用している[[練習機]]。~
当初は「T-41」と呼ばれていた。~
~
元々は、旧ビーチクラフト社が生産していた[[双発>双発機]][[ビジネスジェット機>ビジネス機]]「ビーチジェット400A」の軍用機型「ビーチジェット400T」であるが、更に源流を遡ると、日本の[[三菱重工>三菱重工業]]がアメリカの現地法人名義で生産していた「[[MU-300]]"ダイヤモンド"」に行きつく((三菱が同機の生産・販売権をビーチ社に売却、更にそのビーチ社がレイセオンに吸収合併されて「ホーカー400」として生産・販売された。その経緯については[[MU-300]]の項を参照のこと。))((このため、本機は[[アメリカ軍]]に制式採用された外国製航空機の数少ない例の一つともなっている。))。~
~
本機は1994年、母国・日本の[[航空自衛隊]]にも[[輸送機]]・[[救難機]]などの乗員を養成する「次期多発機乗員訓練機 (TC-X)」 として、「T-400」の名称で13機が「逆輸入」された。~
日本向けの機体には[[慣性航法装置]]や[[スラストリバーサー>逆噴射装置]]が追加されている。~
~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|乗員|2名+乗客9名|
|全長|14.75m|
|全高|4.24m|
|全幅|13.25m|
|[[主翼]]面積|22.43|
|空虚重量|4,590kg|
|最大離陸重量|7,300kg|
|[[燃料]]搭載量|2,775リットル(機体内)|
|[[エンジン]]|[[P&W・C>プラット&ホイットニー]]製JT5D-5[[ターボファン]]([[推力]]12.9kN)2基|
|[[速度]]&br;(最大/長距離巡航時)|[[マッハ]]0.78 / 726km/h|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|13,230m|
|[[航続距離]]|1,674nm|
|離着陸距離&br;([[離陸]]/[[着陸]])|1,160m/1,070m|
|兵装|なし|
~
【派生型】~
--[[MU-300]]:~
三菱で開発された原型機。該当項目を参照。~
~
--T-1 JAYHAWK:~
軍用向け機体の米空軍呼称。~
TTTS(給油/輸送機訓練システム)用に装備を改修してある。~
~
--T-400:~
航空自衛隊での呼称。多発大型機操縦士の訓練用に使用される。~
T-1に[[慣性航法装置]]や[[スラストリバーサー>逆噴射装置]]を追加している。~
~

IP:180.45.216.225 TIME:"2017-04-02 (日) 11:52:06" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php?cmd=edit&page=T-1" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/56.0.2924.87 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS