*&ruby(すほーいにじゅうご){【Su-25】}; [#d63aaf11]
旧ソビエト/ロシアの[[スホーイ]]設計局で開発された[[亜音速]][[攻撃機]]([[シュトルモビク]])。~
ロシアでの非公式の愛称は「グラーチュ((Грач:ロシア語でミヤマガラスの意。))」、[[NATOコード]]は&ruby(フロッグフット){Frogfoot};。~
~
[[近接航空支援]]用の[[対地攻撃機>攻撃機]]として1960年から開発が始まり、1975年に[[初飛行]]した。~
[[主翼]]は肩翼配置で[[直線翼]]に近く、前縁には19度の[[後退角]]が付けられており、[[エンジン]]の位置は主翼付け根にある。~
機体の大まかなレイアウトは[[A-10]]の競争試作機である[[YA-9]]と似ているが、Su-25は対空戦闘も可能で仕様によっては対艦任務にも対応できる。~
~
[[操縦席>コックピット]]周辺は厚さ24mmの[[チタン>チタニウム]]合金で補強され、[[キャノピー]]も前方部は65mmの厚さを有し、12.7mm弾の直撃に耐えられる。~
~
エンジンはツマンスキー R-95Sh[[ターボジェット]]([[推力]]44.18kN)を2基搭載する。~
このエンジンは、[[燃料]]にガソリンや軽油を使用できるようになっており、前線の地上部隊との連携を容易にする工夫がなされている。~
また、アフガニスタン侵攻での[[戦訓>バトルプルーフ]]から、両エンジン間にチタンの仕切り板を挟む改修が施された。

>アフガニスタン侵攻初期に[[スティンガー>FIM-92]][[携行SAM>地対空ミサイル]]での被撃墜が相次いだため。~
エンジンのどちらかが被弾しても[[片肺]]で帰還できるようになった事で、対空兵器による喪失は激減した。

戦歴では、ソ連のアフガニスタンへの侵攻やアプハーズィヤの紛争の他、中央アジア各地での[[内戦]]、南オセチア紛争、アルメニアなどザカフカース方面での紛争などで使用されている。~
~
ロシア以外では、ウクライナやベラルーシなど旧ソ連諸国の他、アフリカや中東の数カ国で使用されている。~
~
**スペックデータ [#a49980c8]
|>|CENTER:''Su-25/Su-25K''|
|乗員|[[パイロット>エビエーター]]1名|
|全長|15.53m([[機首]][[プローブ]]含む)|
|全高|4.8m|
|翼幅|14.36m|
|翼面積|33.7|
|空虚重量|9,800kg|
|全備重量|14,440kg|
|最大離陸重量|19,300kg|
|[[エンジン]]|ソユーズ/トゥマンスキー R-195[[ターボファン]]×2基|
|[[推力]]|44.18kN(9,930lbf)×2|
|最大速度|[[マッハ]]0.79(975km/h)|
|[[航続距離]]|1,000km|
|[[戦闘行動半径]]|750km(海面上、4,400kgまでの兵装と[[外部燃料タンク>増槽]]×2基)|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|7,000m|
|[[上昇率]]|58m/s|
|[[G]]限界|+6.5|
|固定武装|[[GSh-30-2 30mm機関砲>GSh-302]]×1門(装弾数250発)|
|兵装搭載量|翼下[[ハードポイント]](11箇所)に下記兵装を最大4,400kgまで搭載可能。|
|[[AAM>空対空ミサイル]]|[[K-13A(AA-2「アトール」)>AA-2]]&br;[[R-60(AA-8「エイフィド」)>AA-8]]&br;[[R-73E(AA-11「アーチャー」)>AA-11]]|
|[[ASM>空対艦ミサイル]]/[[AGM>空対地ミサイル]]|Kh-23「グロム」(AS-7「ケリー」)&br;[[Kh-25ML(AS-10「カレン」)>AS-10]]&br;[[Kh-29L(AS-14「ケッジ」)>AS-14]]|
|[[ARM>対レーダーミサイル]]|Kh-28(AS-9「カイル」)|
|[[ロケット弾]]|[[UB-32A>UB-32]]ロケット弾ポッド([[S-5]]を装備)&br;[[B-8M1]]ロケット弾ポッド([[S-8]]を装備)&br;[[S-13]]&br;[[S-24]]&br;[[S-25L>S-25]]|
|爆弾類|BETAB500 500kgコンクリート貫通爆弾&br;FAB-250・KAB-250L/Kr 250kg汎用爆弾&br;FAB-500 500kg[[低抵抗汎用爆弾>低抵抗爆弾]]&br;FAN-500爆弾&br;KAB-500KR [[レーザー誘導爆弾]]&br;ZAB-500[[焼夷弾]]|
|爆弾類|BETAB500 500kg徹甲爆弾&br;FAB-250・KAB-250L/Kr 250kg汎用爆弾&br;FAB-500 500kg[[低抵抗汎用爆弾>低抵抗爆弾]]&br;FAN-500爆弾&br;KAB-500KR [[レーザー誘導爆弾]]&br;ZAB-500[[焼夷弾]]|
|その他|SPPU-22[[ガンポッド]]([[GSh-23L 23mm連装機関砲>GSh-23]]×2基を装備、装弾数260発)&br;ASO-2V[[デコイ]]ディスペンサー([[チャフ]]・[[フレア]])&br;[[増槽]]|
|[[アビオニクス]]|ファザトロン「コピヨー」[[レーダー]]|
~
|タイプ|CENTER:''Su-25T''|CENTER:''Su-39「ストライクシールド」&br;(Su-25TM)''|
|乗員|>|CENTER:パイロット1名|
|全長&br;([[ピトー管]]含む)|>|CENTER:15.33m|
|全高|>|CENTER:5.2m|
|翼幅|>|CENTER:14.36m|
|翼面積|>|CENTER:30.1|
|空虚重量|>|CENTER:10,740kg|
|運用時重量|>|CENTER:16,990kg|
|最大離陸重量|>|CENTER:20,500kg|
|[[ペイロード]]|>|CENTER:4,000kg|
|[[エンジン]]|>|CENTER:ソユーズ R-195-300ターボジェット×2基&br;([[推力]]42.2kN(4,300kg)×2)|
|[[燃料]]搭載重量|>|CENTER:3,840kg|
|速度&br;(最大/失速)|>|CENTER:950km/h / 175km/h|
|フェリー[[航続距離]]|>|CENTER:2,500km|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|>|CENTER:10,000m|
|離陸滑走距離&br;(土/コンクリート)|>|CENTER:750m/680m|
|着陸滑走距離&br;(土/コンクリート)|>|CENTER:750m/650m|
|[[翼面荷重]]|>|CENTER:714kg/|
|負荷|>|CENTER:+6.5/-2[[G]](通常戦闘負荷)&br;+5,2G(最大戦闘負荷)|
|G限界|>|CENTER:+6.5/-2[[G]](通常戦闘負荷)&br;+5,2G(最大戦闘負荷)|
|固定武装|>|CENTER:[[GSh-30-2 30mm機関砲>GSh-302]]×1門(装弾数200発)|
|兵装搭載量|>|CENTER:11個の[[ハードポイント]]に4,000kgまでの兵装を搭載可能|
|[[AAM>空対空ミサイル]]|CENTER:[[R-60>AA-8]]&br;[[R-73>AA-11]]|CENTER:[[R-77(AA-12「アッダー」)>AA-12]]&br;[[R-27R/ER(AA-10「アラモ」)>AA-10]]&br;[[R-73>AA-11]]|
|[[AGM>空対地ミサイル]]|>|CENTER:Kh-25(AS-10「カレン」)&br;Kh-29(AS-14「ケッジ」)|
|[[ARM>対レーダーミサイル]]|>|CENTER:Kh-58(AS-11「キルター」)&br;Kh-31P(AS-17「クリプトン」)|
|[[ATM>対戦車ミサイル]]|>|CENTER:9K121「ヴィキール(AT-16「スカリオン」)」|
|[[ASM>空対艦ミサイル]]|CENTER:-|CENTER:Kh-31A&br;[[Kh-35U(AS-20「カヤック」)>SS-N-25]]|
|[[ロケット弾]]|>|CENTER:[[S-8]]/[[S-13]]/[[S-25]]|
|[[爆弾]]類|FAB-250&br;FAB-500&br;RBK-250&br;RBK-500&br;KaB-500Kr&br;KMGU-2|FAB-250&br;FAB-500&br;KAB-500Kr&br;KMGU-2|
|[[ガンポッド]]|>|CENTER:SPPU-22&br;SPPU-687([[GSh-30-1 30mm機関砲>GSh-301]]を装備)|
|[[アビオニクス]]|I-251「シクヴァル」照準システム&br;A-723 長距離航法システム&br;A-312-10 短距離航法システム&br;IK-VK-80-4 [[慣性航法装置]]&br;ARK-22 自動方向探知機&br;「マーキュリー」夜間照準[[ポッド]]&br;「ファンタマスゴリア」[[ELINT]]ポッド&br;「ヴェルガ」ELINTポッド|N027「コピヨー25」レーダーポッド&br;A-737航法装置&br;I-251M「シクヴァルM」照準システム&br;「マーキュリー」夜間照準ポッド&br;「ファンタマスゴリア」[[ELINT]]ポッド&br;「ヴェルガ」ELINTポッド|
|[[爆弾]]類|FAB-250 250kg爆弾&br;FAB-500 500kg爆弾&br;RBK-250 250kg[[対戦車収束爆弾>クラスター爆弾]]&br;RBK-500 500kg対戦車収束爆弾&br;KAB-500KR 500kgレーザー誘導爆弾&br;KMGU-2 小爆弾・[[地雷]]散布ディスペンサー|FAB-250 250kg爆弾&br;FAB-500 500kg爆弾&br;KAB-500KR 500kgレーザー誘導爆弾&br;KMGU-2 小爆弾・地雷散布ディスペンサー|
|[[ガンポッド]]|>|CENTER:SPPU-22([[GSh-23 23mm機関砲>GSh-23]]を装備)&br;SPPU-687([[GSh-30-1 30mm機関砲>GSh-301]]を装備)|
|[[アビオニクス]]|I-251「シクヴァル」高解像度テレビカメラ&br;「プリチャル」[[レーザー]]目標指示・測距器&br;SAU-8 自動操縦システム&br;A-723 長距離航法システム&br;A-312-10 短距離航法システム&br;IK-VK-80-4 [[慣性航法装置]]&br;ARK-22 自動方向探知機&br;「マーキュリー」夜間照準[[ポッド]]&br;「ファンタマスゴリア」[[ELINT]]ポッド&br;「ヴェルガ」ELINTポッド|N027「コピヨー25」レーダーポッド&br;A-737航法装置&br;I-251M「シクヴァルM」照準システム&br;「マーキュリー」夜間照準ポッド&br;「ファンタマスゴリア」[[ELINT]]ポッド&br;「ヴェルガ」ELINTポッド|
|~|>|CENTER:「イルキッシュ」統合[[電子戦]]システム|
|~|L-150「パステル-K(SPO-32)」&br;[[レーダー警報受信機>レーダー警戒受信機]]&br;L-203I「ガデルーニャ-1FU」&br;アクティブ[[電子妨害装置>ECM]]&br;UV-26 [[チャフ]]・[[フレア]]ディスペンサー&br;(192発装填可能)&br;L166SI「スクホグルース」&br;[[赤外線パルスジャマー]]|L-150「パステル-K(SPO-32)」&br;レーダー警報受信機&br;MSP-410「オムリ」&br;アクティブ電子妨害装置&br;UV-26 チャフ・フレアディスペンサー&br;(192発装填可能)&br;L166SI「スクホグルース」&br;赤外線パルスジャマー|

**派生型 [#v2bc99b5]
-T8:~
原型機。~
[[NATO>北大西洋条約機構]]では[[ラームJ]]と呼ばれた。~
~
-Su-25"フロッグフットA":~
ソ連型の初期生産型。~
「クリョン(Klyon)-PS」[[レーザー]]目標捕捉/追尾システムにより、[[レーザー誘導]]式[[ミサイル]]および[[誘導爆弾]]の運用が可能で、弾着点連続表示による爆撃も行える。~
[[HUD]]は装備されておらず、[[コックピット]]正面に[[MiG-27]]と同系列のASP-17反射式照準器を装備する。~
~
--Su-25K:~
輸出型。~
~
--Su-25K:~
艦上攻撃機型。~
1973年に研究が開始されたソ連の[[カタパルト]]式空母の搭載機として[[MiG-23K>MiG-23]]やP-42KB([[Su-27]]試作機の名称)と共に研究が行われていた。~
カタパルト空母の建造が見送られ、スキージャンプ式となったことによりMiG-23Kとともに開発中止となった。~
~
-Su-25UB"フロッグフットB":~
複座練習機型。~
兵装搭載能力は単座型と同様である。~
~
--Su-25UBK:~
輸出型。~
~
--Su-25UBP:~
SU-25UTGの陸上訓練型。計画のみ。~
~
-Su-25UT (Su-28):~
複座練習機。~
兵装搭載能力は省かれている。試作のみ。~
開発で得たノウハウはSu-25UTG艦上練習機の開発に役立てられた。~
~
--Su-25UTG"フロッグフットB":~
艦上練習機型。~
後部に[[着艦フック>アレスティングフック]]を装備し、[[着陸装置>ランディングギア]]も強化されている。~
生産機はロシアとウクライナとで半数ずつ分けられた。~
ウクライナの機体は1994年に3機をロシアのSu-25UBと交換、2007年に中国に1機、2011年にエストニア経由でアメリカに1機売却されている。~
~
-Su-25BM:~
標的曳航機型。~
~
-Su-25T:~
1984年に初飛行した対戦車攻撃機型。~
UB型をベースに、後席を廃止して電子機器と2基の燃料タンクを設置、照準システムを「シクヴァル」に換装した。~
[[TV画像誘導>可視光誘導]][[ミサイル]]が運用可能になり、[[HUD]]を装備するようになった。~
プログラムは2000年に正式に中止された。試作機を含めた製作数は20機以下。~
~
--Su-25TK(Su-34):~
輸出型。~
~
--Su-25SMT:~
ウランウデ工場が提案している機体。~
Su-25TのエアフレームにSu-25SM3に類似した[[アビオニクス]]システムを搭載し、コックピットの与圧改善により飛行高度を12,000mとし、構造距離も延長させるもの。~
~
-Su-25TM (Su-39「ストライクシールド」):~
Su-25Tをベースに開発された全天候型対戦車攻撃機。~
照準システムを「シクヴァルM」に換装し、胴体下に「コピヨー((ロシア語で槍の意。))25」[[レーダー]][[ポッド]]を搭載している。~
高価なため製造数は試作機を含め4機のみ。~
~
-Su-25SM:~
Su-25TやSu-25TMが高価過ぎるために立案された、ロシアのSu-25の能力向上改修型。~
1999年に初飛行。~
コックピットは一部が[[MFD]]となり[[グラスコックピット]]化されている。~
~
--Su-25UBM:~
SM型の複座練習機型。攻撃能力を有する。~
2008年に初飛行し、2010年にロシア空軍で制式化された。~
~
-Su-25SM2:~
SM型に新しい[[敵味方識別装置]]と無線機を搭載したもの。~
~
-Su-25SM3:~
SM型のさらなる改修型。~
照準システムをSOLT-25に換装し、「ビテブスク-25」[[電子戦]]スイートを装備。~
より多くの武器の使用が可能となった。~
~
--Su-25UBM2:~
複座練習機型。~
~
-Su-25KM「スコルピオーン」:~
2001年に初飛行したSu-25UBの能力向上型。~
グルジアのТАМ((Тбилавиамшени - Тблисский авиазавод.))社とイスラエルの[[エルビット・システム]]社との共同開発。~
コックピットはカラー[[MFD]]3枚で構成される[[グラスコックピット]]となっている。~
グルジア空軍で運用されている。~
~
-Ge-31「ボラ」:~
グルジアが開発している派生型。~
エンジンやアビオニクスなどのロシア製のパーツをフランス、イタリア、イギリスから調達したシステムに換装している。~
~
-Su-25M1:~
ウクライナでのアップグレード型。~
~
--Su-25UBM1:~
M1の複座型。~
~
-PSSh((Perspektivnym Samoletom Shturmovikom(将来攻撃機)の略。))):~
Su-25の後継機で大規模発展型。開発名称は「シェルシェン((Шершень:ロシア語でスズメバチの意。))-EP」。~
UB型をベースに後席を廃止し燃料タンクを設置するなどの改良が加えられる。~
2016年に開発中止。~
~

IP:153.151.165.27 TIME:"2019-08-13 (火) 19:01:51" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/76.0.3809.100 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS