*&ruby(えすえすえぬにじゅうなな){【SS-N-27】}; [#k1c6cd3e]
P-900/3M54E/3M14"Biryuza((Бирюза:ターコイズ(トルコ石)の意。))"/91RE/3M51"Klub((カリブル(Калибр/Kalibr)とも呼ばれる。))".~
P-900/3M54/3M14"Biryuza((Бирюза:ターコイズ(トルコ石)の意。))"/91RE/3M51"Klub((カリブル(Kalibr/Калибр:[[口径]]の意)とも呼ばれる。))".~
[[NATOコード]]:SS-N-27 Sizzler/SS-N-30A~
~
旧ソ連/ロシアのNovator設計局が設計・開発した[[巡航ミサイル]]。~
Kh-55「グラナート」(SS-N-21)対地巡航ミサイルをベースに、1985年から開発が始まり、2001年に配備を開始している。~
~
本ミサイルには対艦、対地、対潜の3タイプが存在し、水上発射型は「Klub-N」、水中発射型は「Klub-S」、陸上発射型は「Klub-M」と呼ばれている。~
このほか、空中発射型の「Klub-A」も存在する。~
各タイプとも[[口径]]は533mmに統一されており、あらゆる魚雷発射管を使用することができる。~
水上発射型は3S14E VLSか3R14 UKSK VLSから、潜水艦発射型は533mm魚雷発射管から発射される。~
~
なお、最近の中国海軍向け[[キロ級>パルトゥース]]には、本ミサイルの発射が可能になっている636M型(改キロ型)が引き渡されている。~
また、インド海軍向けに開発された[[タルワー級>タルワー]][[フリゲート]]及び発展型の[[シヴァリク級>シヴァリク]]フリゲートには3M54用[[VLS>垂直発射システム]]1基(8セル)が搭載されている。~
**スペックデータ [#ve6668ab]
|>|>|>|CENTER:''対艦型''|>|>|CENTER:''対地型''|>|CENTER:''対潜型''|
|形式|CENTER:3M54E|CENTER:3M54E1|CENTER:3M54AE|CENTER:3M14TE|CENTER:3M14E|CENTER:3M14AE|CENTER:91RE1|CENTER:91RTE2|
|全長|CENTER:8.22m|CENTER:6.2m|CENTER:7.90m|CENTER:8.9m|CENTER:6.20m|CENTER:7.90m|CENTER:8m|CENTER:6.5m|
|直径|>|>|CENTER:53.3cm|0.645m|>|>|CENTER:53.3cm|CENTER:0.645m|
|発射&br;重量|CENTER:2,300kg|CENTER:1,780kg|CENTER:1,950kg|CENTER:3,205kg|CENTER:1,770kg|CENTER:1,950kg|CENTER:2,050kg|CENTER:1,300kg|
|推進&br;方式|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:[[固体燃料ブースター>固体燃料ロケット]]&br;+&br;[[ターボジェット]]|
|弾頭|>|>|>|>|>|CENTER:[[HE>榴弾]]|>|CENTER:MTT[[短魚雷>対潜魚雷]]|
|弾頭&br;重量|CENTER:200kg|CENTER:400kg|CENTER:200kg|>|CENTER:450kg|CENTER:200kg|>|CENTER:385kg|
|射程|約300km超|約300km|>|CENTER:約2,000〜2,500km|>|CENTER:670km超|CENTER:約50km|CENTER:約40km|
|飛翔&br;速度|>|CENTER:-|[[M>マッハ]]0.7&br;M2.0(終末時)|CENTER:-|M0.7|M0.7&br;M2.0(終末時)|>|CENTER:-|
|飛翔&br;高度|~|~|5〜10m|~|>|CENTER:5〜10m|~|~|
|誘導&br;方式|>|>|>|>|>|CENTER:[[INS>慣性航法装置]]+GLONASS([[中間誘導]])&br;[[アクティブレーダー誘導]]([[終端誘導]])|~|~|
~
**主なバリエーション [#t4d0f882]
-3M54K/3M54E:~
[[潜水艦]]の魚雷発射管から発射される対艦型。~
~
発射は150mより浅い深度で行われ、海面に到達すると主翼を展開、[[固体燃料ロケットブースター>固体燃料ロケット]]で初期加速を行いながら上昇する。~
[[中間誘導]]は[[INS>慣性航法装置]]+GLONASS(ロシア版[[GPS>全地球測位装置]])で、高度10〜15mを亜音速(マッハ0.8)の速度で巡航し、ターゲットの30〜40kmの地点で再上昇して[[終端誘導]]に切り替わる。~
終末誘導は[[アクティブレーダー誘導]]で、使用されるアクティブ/パッシブの複合[[シーカー]]は最大60kmのレンジを持つ(あくまで最大であり、実際はそれよりも短い)。~
~
[[超音速]]突入モードの場合、敵の迎撃を回避する為に目標手前20kmの地点で、[[固体燃料ロケット]]ブースター付きの先端部分『ダート』が分離し、[[ターボジェット]]エンジンを載せた胴体を投棄する(もちろん胴体を分離投棄せずに、そのまま[[亜音速]]で突入させることも可能である)。~
ダートを固体燃料ロケットブースターで海面スレスレの3〜5mの高度で超音速(マッハ2.9)まで加速し、低空高速で突入させる為に迎撃は非常に難しくなる。~
~
バリエーションとして、ダートを省略し弾頭重量と射程を増やした輸出用の「3M54E1」や、[[Su-27]]系列に搭載可能な[[空対艦ミサイル]]型の「3M54AE」、地対艦ミサイル型の「3M43AE1」といったバリエーションがある。~
~
-3M14T/3M14K/3M14TE/3M14AE/3M14E:~
空対地・艦対地型。空対地型は[[MiG-29]]系列の戦闘機に搭載される。~
アメリカ製の[[BGM-109「トマホーク」>BGM-109]]に似た外見を持つ為『トマホークスキー』という愛称がある。~
しかし、BGM-109とは違い[[地形追従飛行>地形追随飛行]]は不可能で、弾道飛行して目標に着弾するものと思われていたが、2016年のシリア内乱においてロシア軍が[[カスピ小艦隊]]よりシリアの反政府勢力に向け発射し、イラン領空を通過後シリア領内に着弾させ、地形追従能力と2,000kmを超える射程を持つことを証明した。~
また、2017年には黒海艦隊所属の[[キロ型潜水艦>パルトゥース]]2隻により地中海からシリア領内に向け発射された。~
3M14AEは空中発射型、3M14T/3M14TEは[[VLS>垂直発射システム]]発射型、3M14E/3M14Kは潜水艦発射型で誘導はGLONASSのみと思われる(未確認)。~
トマホークとほぼ同じ性能を持つ巡航ミサイルである本ミサイルが、トマホークと比較するとかなり劣悪だという印象を持たれていたのは、旧ソ連時代から続く西側による東側兵器に対する過剰な侮りと、ロシアも参加するミサイル技術管理レジームにより、輸出型は射程を300kmに抑えられている影響と思われる。~
~
-91RE1:~
-「オトヴェート」(91RE1):~
[[SS-N-16(RPK-6「ヴォドパド」)>SS-N-16]]の後継として開発された対潜ミサイル。~
3M54シリーズと同様、150mより浅い深度で魚雷発射管から発射され、15ノットで海面へと上昇する。~
海面に達すると[[固体燃料ロケット]]ブースターに点火し、弾道飛行して目標上空に到達。~
目標上空に到達するとブースターを投棄し、[[パラシュート>落下傘]]で魚雷を着水させて目標へ向かわせる。~
バリエーションとして水上艦からのVLS発射用に軽量化した91RTE2が存在する。~
~
-3M51:~
空中発射型。~
[[Su-32>Su-27]]、[[Tu-142>Tu-95]]、[[Tu-22M]]、[[Tu-160]]に搭載可能といわれているが、詳細は不明。~
~
-「クラブM」:~
沿岸防衛用の[[地対艦ミサイル]]型。~
射程300km。~
~
**主な搭載艦 [#v4650dfd]
-潜水艦
--ラーダ型潜水艦
--[[636型(改キロ級)潜水艦>パルトゥース]]
--[[シンドゥゴーシュ級潜水艦>パルトゥース]]
~
-水上戦闘艦
--シヴァリク級フリゲート
--[[タルワー級フリゲート>タルワー]]
--ステレグシュチィ級コルベット
--ゲパルト級フリゲート(2番艦「ダゲスタン」に搭載)~
--[[キーロフ級ミサイル巡洋艦>キーロフ]](3番艦の近代化改装により3S14 UKSK [[VLS>垂直発射システム]]に換装される予定)~
~

IP:153.151.155.193 TIME:"2021-12-15 (水) 18:37:39" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/96.0.4664.110 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS