*&ruby(みぐさんじゅういち){【MiG-31】}; [#l3648f3a]
1970年代、旧ソビエトの[[ミコヤン・グレービチ>ミグ]]設計局が設計した[[迎撃戦闘機]]。~
運用国は現在の所、ロシア(280機)とカザフスタン(34機)のみ。~
[[NATOコード]]は"&ruby(フォックスハウンド){Foxhound};"~
~
[[MiG-25]]の改良型として1975年9月に[[初飛行]]し、1977年から量産化開始、1980年から運用が開始された。~
[[NATO>北大西洋条約機構]]の[[攻撃機]]・[[爆撃機]]・[[巡航ミサイル]]等への対抗を主目的とする。~
~
[[航空機]]としては初のパッシブ[[フェイズドアレイレーダー]]である RP-37 N007「ザスロン(障壁)」([[NATOコード]]「フラッシュダンス」)を装備。~
戦闘機載[[フェイズドアレイレーダー]]はアクティブ方式を採用するのが一般的だが、MiG-31は戦闘機として唯一パッシブ方式を採用している。~
~
長距離・中距離での[[目視外射程]]戦闘能力は[[Su-27]]や[[MiG-29]]以上。~
また、[[データリンク]]を使用して[[ミニAWACS]]としても運用でき、目標データを[[Su-27]]などに送信することが可能である。~
~
武装では[[R-33>AA-9]]や[[R-37>AA-13]]・[[KS-172]]等の[[長射程空対空ミサイル>空対空ミサイル]]の運用が可能となった。~
また[[中射程空対空ミサイル>空対空ミサイル]]では[[R-77>AA-12]](MiG-31Mのみ)・[[R-40>AA-6]]を、[[短射程空対空ミサイル>空対空ミサイル]]では[[R-60>AA-8]]が搭載可能。~
補助装備として[[GSh-6-23]] 6砲身23mm[[ガトリングガン]]・[[空中給油]]プローブを搭載している。~
また、エンジンをソユーズ・ツマンスキー R-15BD-300ターボジェットから燃費の良いソロヴィヨーフ D-30F6[[ターボファン]]へと換装されている。~
~
改良元である[[MiG-25]]の「[[超音速]]飛行[[SAM>地対空ミサイル]]サイト」という設計コンセプトを継承し、高高度・高速飛行中での迎撃に特化。~
低空における[[機動力]]は非常に低いが、広域防空任務を想定した機体であるため、低空・低速で戦闘に突入する事自体が想定されていない。
低空における[[機動力]]は非常に低いが、広域防空任務を想定した機体であるため、低空・低速で戦闘に突入する事自体が想定されていない。~
~
本機の後継としてMiG-41(PAK DP)が開発中である。~

**スペックデータ [#bd2da815]
|乗員|2名|
|全長|22.69m|
|全高|6.15m|
|全幅|13.47m|
|[[主翼]]面積|61.6|
|空虚重量|21,820kg|
|離陸重量|41,000kg(機内燃料最大時)|
|最大離陸重量|46,200kg|
|最大兵装搭載量|6,960kg|
|[[エンジン]]|ソロヴィヨーフ(現アビアドビガーテル)D-30F6[[ターボファン]]×2基|
|[[推力]]|93.1kN&br;151.9kN([[A/B>アフターバーナー]]使用時)|
|最高速度|[[マッハ]]2.83|
|巡航速度&br;(最大/経済)|[[M>マッハ]]2.35/M0.85|
|[[上昇率]]|208m/秒|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|20,600m|
|滑走距離&br;([[離陸]]/[[着陸]])|1,200m/800m|
|[[航続距離]]|1,780nm(フェリー時、[[空中給油]]なし)|
|[[戦闘行動半径]]|388nm(マッハ2.35、[[R-33>AA-9]]×4)&br;647nm(マッハ0.85、[[R-33>AA-9]]×4)&br;782nm(マッハ0.85、[[R-33>AA-9]]×4、[[増槽]]使用時)&br;1,185nm(マッハ0.85、[[R-33>AA-9]]×4、[[増槽]]使用、[[空中給油]]1回)|
|固定武装|[[GSh-6-23 23mm機関砲>GSh-6-23]]×1門|
|兵装|[[R-33>AA-9]]/[[R-37>AA-11]]×4発 + [[R-40>AA-6]]×2発もしくはR-33/-37×4発 + [[R-60>AA-8]]×4発&br;[[R-77/RVV-AE>AA-12]]×4発(MiG-31M)&br;MiG-31BM:&br;[[対レーダーミサイル]]:[[Kh-31P>AS-17]]、[[Kh-25MP>AS-12]]&br;[[空対地>空対地ミサイル]]/[[空対艦ミサイル]]:[[Kh-29T>AS-14]]、[[Kh-59>AS-13]]&br;爆弾類:KAB-1500×3発、KAB-500×6発|
~
**MiG-31の主な種類 [#fe2e1e71]
-Ye-155MP:~
試作原型機。~
1975年9月16日に初飛行。~
生産型と比べて、主翼付け根のストレーキが無く、前縁フラップも無い。~
また、[[エアブレーキ]]を兼ねる主脚扉の形状も異なっている。~
~
-MiG-31:~
[[空中給油]]プローブを持たない初期生産型。~
~
-MiG-31DZ:~
初期型に[[空中給油]]ドローグを装備した試験機。~
~
-MiG-31B:~
[[ECCM]]能力を高めた「ザスロンA」[[レーダー]]や[[ECM]]機器、[[空中給油]]装置を搭載した型。~
改良型の[[R-33S>AA-9]]空対空ミサイルを搭載可能。~
~
-MiG-31BS:~
MiG-31(初期生産型)のB型仕様への改修型。~
~
-MiG-31LL:~
[[射出座席]]試験機型。~
~
-MiG-31D:~
衛星迎撃型。~
対衛星ミサイルを胴体下[[ハードポイント]]に1発搭載する。~
主翼付け根はMiG-31Mと同じ形状になっている。~
2機が試作され、実物のミサイルも製造されたが、ミサイルは試射すら行われず1990年に計画が中止された。~
~
-MiG-31A:~
D型に準ずる商業用衛星打ち上げ母機型。~
単体で100kg、「イシム」固体燃料ブースター装備で160kgまでの小型衛星を低軌道に乗せられる能力を持っていた。~
計画のみ。~
~
-MiG-31E:~
[[レーダー]]やジャミング装置、[[IFF>敵味方識別装置]]を装備せず電子戦関連装置をダウングレードした輸出型。~
現在のところ海外からの発注はイランのみ((現時点ではイランの受領は確認されていない。))。~
また、カザフスタンにも輸出された。~
~
-MiG-31M:~
MiG-31の性能向上型。~
[[レーダー]]に「ザスロンM」を搭載し、[[ハードポイント]]を胴体下と翼下外側の2箇所に追加。~
電子機器も改良され、後席は[[グラスコックピット]]化された。~
また、R-37やR-77の運用能力を付与された。~
7機の試作機が生産されたが、予算不足で計画は中止され、量産・運用に至らなかった。~
~
-MiG-31F:~
「ザスロンAM」レーダーを搭載し、空対地攻撃能力を持つ[[マルチロール>マルチロールファイター]]型。~
MiG-31M同様に後席が[[グラスコックピット]]化するなど近代改修を受けている。~
量産・運用されなかったが、技術はのちのMiG-31BMにフィードバックされた。~
~
-MiG-31BM:~
F型に準ずる[[マルチロール>マルチロールファイター]]型。~
[[Kh-29>AS-14]]、Kh-31、Kh-59/[[Kh-59M>AS-18]]など多様な空対地兵器の装備が可能となった。~
~
-MiG-31FE:~
BM型の輸出型。~
中国、イラク、リビア、アルジェリアに提案されたが、量産・運用されず。~
~

IP:153.151.162.102 TIME:"2018-02-12 (月) 12:04:26" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php?cmd=edit&page=MiG-31" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/64.0.3282.140 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS