*&ruby(みるじゅうよん){【Mi-14】}; [#cfc85678]
ソ連の[[ミル設計局>ミル(ヘリコプター設計局)]]で開発された[[対潜ヘリコプター]]。~
[[NATOコード]]は"&ruby(ヘイズ){Haze};"。~
[[Mi-8「ヒップ」>Mi-8]]の改良発展型である[[Mi-17「ヒップH」>Mi-8]]と並行して開発作業が進められ、1973年に原型機が初飛行した。~
~
機体構造はMi-8を踏襲しているが、[[テイルローター]]が左側に移されたほか、胴体を水密構造とし下部を艇体型にした。~
[[降着装置]]は引き込み式となり、主脚を収納する[[スポンソン]]には膨張式[[フロート]]が装備されており着水時に浮力を与え安定性を高めている。~
また、テイルブーム後端にもゴムパック式のフロートが装備されており、水面に[[テイルローター]]が接触・破損するのを防いでいる。~
[[魚雷]]・[[爆雷]]等は胴体内に搭載しており、底部を開き投下される。~
~
主なバリエーションとして、対潜作戦型のPLのほか、機雷掃海型のBT、捜索救難型のPS、民間型のPが製作され、民間型はアエロフロート航空などで就役している。~
主なバリエーションとして、対潜作戦型のPLのほか、機雷掃海型のBT、捜索救難型のPS、民間型のPが製作され、民間型は[[アエロフロート航空]]などで就役している。~
~
ロシア海軍では退役しているが、現在でもウクライナ、ポーランド、リビア、北朝鮮などで運用されている。~
**スペックデータ [#b8481fe5]
|乗員|4名|
|全長|25.30m|
|胴体長|18.20m|
|全高|6.93m|
|[[主ローター>メインローター]]直径|21.29m|
|円盤回転面積|356|
|空虚重量|8,900kg|
|最大離陸重量|14,000kg|
|[[エンジン]]|イソトフ(現クリーモフ)[[TV3-117M>TV3-117]][[ターボシャフト]]([[推力]]2,200shp)×2基|
|[[速度]]&br;(最大/巡航)|124kt/108kt|
|[[海面上昇率>上昇率]]|N/A|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|3,500m|
|[[航続距離]]|612[[nm>海里]](1,133km)|
|兵装|AT-1またはAPR-2[[対潜魚雷]]&br;[[航空爆雷>爆雷]]&br;Kh-23「グロム(AS-7「ケリー」)」[[AGM>空対地ミサイル]]等|
|[[アビオニクス]]|12-M捜索[[レーダー]]&br;APM-60曳航式[[MAD>磁気捜索装置]]&br;Oka-2[[ソノブイ]]&br;R-842M [[HF]]無線機&br;R-860 [[VHF]]無線機&br;RV-Z電波高度計&br;ARK-9及びARK-U2無線コンパス&br;DISS-15ドップラーメーター&br;AP-34B自動操縦装置&br;SAU-34自動制御システム|
~
**派生型 [#r4cf9a2b]
-V-14:~
試作・原型機。~
~
-Mi-14PL "ヘイズA":~
対潜哨戒型。~
機首下面に12-M捜索レーダー、胴体後部にAPM-60曳航式[[MAD>磁気捜索装置]]、OKA-2[[ソノブイ]]を装備。~
胴体内武器庫に航空[[爆雷]]、AT-1またはAPR-2[[対潜魚雷]]などを搭載する。~
胴体内武器庫に[[航空爆雷>爆雷]]、AT-1またはAPR-2[[対潜魚雷]]などを搭載する。~
~
-Mi-14PL ストライク:~
Kh-23「グロム(AS-7『ケリー』)」空対地ミサイルを装備した型。~
~
-Mi-14PLM:~
PL型の改良型。~
[[レーダー]]や[[ソナー]]、コンピュータなどの電子機器を更新した。~
~
-Mi-14PŁ(Mi-14PW):~
ポーランド海軍向けの改良型。~
主に捜索・救難用途に用いられた。~
~
-Mi-14PŁ/R(Mi-14PW/R):~
捜索救難型。~
レスキューバスケットを運用可能にするためのサイドドア拡張や空調システムの改良((操縦士の[[コックピット]]と輸送[[キャビン]]で独立した温度制御が可能になった。))などが行われている。~
また、新しい気象レーダーやSPG-300デッキクレーン、サーチライト3基を装備している。~
また、新しい[[気象レーダー]]やSPG-300デッキクレーン、サーチライト3基を装備している。~
~
-Mi-14BT "ヘイズB":~
[[機雷]]掃海型。~
機首下面に捜索レーダー、テイルブームに[[ドップラーレーダー]]2基を装備。~
~
-Mi-14PS "ヘイズC":~
捜索救難型。~
胴体左舷に大型スライドドアや引き込み式救難ホイスト、機首側面にサーチライトを装備。~
~
-Mi-14PX:~
PL型ベースの捜索救難訓練型。~
ポーランド海軍で運用されたが、後に対潜型に戻された。~
~
-Mi-14PZh:~
BT型ベースの消防型。~
~
-Mi-14PZh「エルミネーター掘廖~
BT型ベースの消防型。~
~
-Mi-14GP:~
民間型の輸送または旅客型。~
~
-Mi-14P:~
客席と24人分の座席を装備する民間型。~
アエロフロート航空などで就航中。~
~

IP:61.113.201.119 TIME:"2022-05-07 (土) 07:30:23" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php?cmd=edit&page=Mi-14" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/101.0.4951.54 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS