*&ruby(まーぶ){【MIRV】}; [#k6663638]
''M''ultiple ''I''ndependently-targetable ''R''eentry ''V''ehicle (複数個別誘導再突入機)~
~
[[弾道ミサイル]]の形態のひとつで、1基に複数の弾頭を搭載し、それぞれの弾頭が個別に[[終端誘導]]を行うもの。~
主として[[戦略核兵器]]としての[[大陸間弾道ミサイル]]で採用されている。~
~
このシステムを搭載した[[ミサイル]]は、成層圏への到達後、角度・目標への到達時期ごとに弾頭が1発ずつ[[ミサイル]]本体から離脱する。~
このシステムを搭載した[[ミサイル]]は、[[成層圏]]への到達後、角度・目標への到達時期ごとに弾頭が1発ずつ[[ミサイル]]本体から離脱する。~
弾頭は個々に半ば独立した[[ミサイル]]であり、姿勢制御を行いながら大気圏に再突入・起爆する。~
しかし、弾頭単体での[[航続距離]]は短く、ミサイル本体の弾道から大きく外れた場所には着弾できない。~
加えて、通常の[[弾道ミサイル]]と比べてさらに[[半数必中界]]が増加する。~
~
MIRVを採用する主要な利点は、同じ[[ペイロード]]を単弾頭で用いる場合より危害面積が増える事である。~
[[破壊力>デストラクションパワー]]の総量が同等であれば、それを1箇所に集めるより分散させた方が効率的に広い地域を破壊できる((ごく単純に換算して、爆発の危害半径を2倍にするためには8倍の破壊力が必要となる。半径が2倍になれば体積は8倍になるからだ。))。~
また、弾頭の数が実質的に数倍以上になるため、迎撃・対処が著しく困難となる上、最も巨大で高価な[[ロケットエンジン]]部分を共用する事で大幅なコスト削減ともなる。~
~
[[核弾頭>核兵器]]の小型化が開発上の課題であったが、1970年代に実用化され、[[ICBM>大陸間弾道ミサイル]]の主流に躍り出た。

>ちなみに、このシステムは当初、[[SALT機弊鑪兵器制限条約)>戦略兵器制限交渉]]の抜け道として開発された。~
同条約で制限の対象とされたのが核ミサイルの「保有数」のみで、搭載される弾頭の数については考慮外であったためである。~
結果、その後の[[START]](戦略兵器削減条約)で核弾頭そのものの保有数が制限されるに至っている((現在、このシステムを搭載したミサイルに搭載できる核弾頭は1個に制限されている。))。

IP:180.44.147.87 TIME:"2015-12-15 (火) 18:25:50" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/47.0.2526.80 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS