*&ruby(けーえーにじゅうなな){【Ka-27】}; [#k4b3d801]

ソ連の[[カモフ設計局>カモフ]]で開発された[[対潜ヘリコプター]]。~
[[NATOコード]]は&ruby(へリックス){Helix};。~
~
初飛行は1973年。艦載型[[対潜ヘリコプター]]として開発された。~
[[ローター]]は[[Ka-50]]や[[Ka-25]]と同じく[[二重反転ローター]]を採用しているが、[[Ka-25]]よりも胴体が延長されており、また、夜間や悪天候下での作戦能力の強化や自動[[ホバリング]]機能の採用などが行われている。~
また、[[対潜ヘリコプター]]以外にも救難ヘリコプター型のPS型や[[レーダー・ピケット任務型>早期警戒機]]のKa-31、輸出用ダウングレード型のKa-28など派生型も多数開発されている。~
~
**スペックデータ [#ye90cda9]
|乗員|3名|
|全長|11.30m|
|全高|5.40m|
|[[主ローター>メインローター]]直径|15.70m|
|空虚重量|6,100kg|
|最大離陸重量|12,600kg|
**スペックデータ(Ka-27)[#ye90cda9]
|乗員|1〜3名+専門家2〜3名|
|容量|[[ペイロード]]4,000kg(Ka-32)または兵員16名(Ka-29)|
|全長|11.3m|
|全高|5.5m|
|[[主ローター>メインローター]]直径|15.8m|
|主ローター面積|392.2|
|空虚重量|6,500kg|
|総重量|11,000kg|
|最大離陸重量|12,000kg|
|最大兵装搭載量|800kg|
|[[エンジン]]|クリーモフ設計局 [[TV3-117]][[ターボシャフト]]×2機&br;([[推力]]1,659kW)|
|[[速度]]&br;(最大/巡航)|132kt/120kt|
|[[エンジン]]|クリーモフ設計局 [[TV3-117]][[ターボシャフト]]×2基&br;([[推力]]2,230hp(1,660kW))|
|最大速度|270km/h|
|[[巡航速度]]|205km/h|
|[[海面上昇率>上昇率]]|750m/min|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|5,000m|
|[[ホバリング]]高度限界|3,500m(OGE)|
|[[航続距離]]|432nm(機内[[燃料]]のみ)|
|[[戦闘行動半径]]|200km([[対潜哨戒>偵察]]作戦時)|
|兵装|Ka-27:&br;[[Kh-35(AS-20「カヤック」)>SS-N-25]][[対艦ミサイル]]×2発&br;[[対潜魚雷]](AT-1M・VTT-1・UMGT-1 Orlan・APR-2 Yastreb)×1発&br;[[深度爆弾>爆雷]]×2発&br;[[ソノブイ]](RGB-NM・RGB-NM-1)×36発&br;&br;Ka-29TB:&br;[[ロケット弾]][[ポッド]]×2基&br;[[ガンポッド]]&br;9K114「シュトゥールム(AT-6「スパイラル」)」[[対戦車ミサイル]]&br;GShG-7.62 7.62mm機関銃×1基(弾数1,800発)&br;2A42 30mm機関砲×1基(弾数250発)|
|兵装|Ka-27:&br;[[Kh-35(AS-20「カヤック」)>SS-N-25]][[対艦ミサイル]]×2発&br;[[対潜魚雷]](AT-1M・VTT-1・UMGT-1 Orlan・APR-2 Yastreb)×1発&br;[[深度爆弾>爆雷]]×2発&br;[[ソノブイ]](RGB-NM・RGB-NM-1)×36発&br;&br;Ka-29TB:&br;[[ロケット弾]][[ポッド]]×2基&br;[[ガンポッド]]&br;9K114「シュトゥールム(AT-6「スパイラル」)」[[対戦車ミサイル]]×4発&br;GShG-7.62 7.62mm機関銃×1基(弾数1,800発)&br;2A42 30mm機関砲×1基(弾数250発)|
|[[アビオニクス]]|[[レーダー]]、[[MAD>磁気捜索装置]]または[[ディッピングソナー]]、[[ソノブイ]]|
~
**派生型 [#le4d3ac9]
-Ka-25-2:~
プロトタイプ。~
~
-Ka-27K:~
[[対潜ヘリコプター]]型のプロトタイプ。~
~
-Ka-27PL "Helix-A":~
対潜ヘリコプター型。~
~
-Ka-27PS "Helix-D":~
[[捜索救難]]ヘリコプター型。吊り下げウインチを装備。~
~
-Ka-27PV:~
Ka-27PSの武装タイプ。~
~
-Ka-28 "Helix-A":~
Ka-27PLの輸出型。PL型と同等の仕様だが電子装備はダウングレードされている。~
~
-Ka-29TB "Helix-B":~
[[突撃輸送ヘリコプター>強襲ヘリコプター]]型。兵員16名を輸送可能。~
~
-Ka-29RLD:~
Ka-31の再設計型で初期の[[空挺部隊]]仕様。海上監視に使用。~
~
-Ka-31 "Helix-D":~
[[レーダー・ピケット機>早期警戒機]]型。~
胴体下部に折りたたみ式の早期警戒用レーダーアンテナを装備している。~
[[降着装置]]は引込式になり、レーダー使用時に干渉しないようになっている。~
~
-Ka-32A:~
民間輸送用の初期モデル。~
~
-Ka-32A1:~
戦闘ヘリコプター型。~
~
-Ka-32A2:~
警察仕様。サーチライトとスピーカーを装備。~
~
-Ka-32A3:~
捜索救難ヘリコプター型。~
~
-Ka-32A7~
Ka-27PSの武装型。~
~
-Ka-32A11BC:~
カナダ向けモデル。~
~
-Ka-32A12:~
スイス向けモデル。~
~
-Ka-32C:~
詳細不明。~
~
-Ka-32M:~
TV3-117VMA-SB3(1,839kW)ターボシャフトエンジン搭載型。Ka-32-10の後継機種。~
~
-Ka-32S "Helix-C":~
民間向け全天候ヘリコプター型。アンダーノーズレーダー付。~
石油プラットホームや船舶との連絡に使用される。~
~
-Ka-32T "Helix-C":~
多目的輸送ヘリコプター。2名のクルーと16人乗り込み可能。~
~
-Ka-32K "Helix-C":~
民間向けクレーン付ヘリコプター。引き込み式のゴンドラを装備。~
~
-HH-32:~
韓国空軍向けの捜索救難型。~
~

IP:153.151.161.111 TIME:"2019-09-04 (水) 16:49:11" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/76.0.3809.132 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS