*&ruby(あいえるななろく){【Il-76】}; [#m2d342ed]
旧ソビエトの[[イリューシン]]設計局が設計・開発した極地用[[輸送機]]。~
[[NATOコード]]では&ruby(キャンディッド){Candid};と呼ばれる。~
~
それまで使用されてきた[[An-12「カブ」>An-12]]の後継として、1967年から開発が始まり、1971年に初飛行した。~
機体は高翼構造で、当時[[アメリカ空軍]]で配備され始めた[[C-141「スターリフター」>C-141]]の影響を受けているが、シベリアや北極など極地での運用を考慮しているため、強力な[[エンジン]]や[[STOL]]性を重視した[[後退角]]付き[[主翼]]の採用などで[[離陸]]滑走距離は短くなっている。~
~
現在でも多くの機体が、アエロフロート航空をはじめとした民間航空会社でも使用されている他、中国やインドなどにも輸出されている。~

**スペックデータ [#k0b18a39]
|タイプ|CENTER:Il-76M|CENTER:Il-76TD|CENTER:Il-76MF|
|乗員|>|>|CENTER:5名+兵員140名|
|全長|>|CENTER:46.59m|CENTER:53.19m|
|全高|>|CENTER:14.76m|CENTER:14.45m|
|全幅|>|>|CENTER:50.50m|
|[[主翼]]面積|>|>|CENTER:300.0|
|[[アスペクト比]]|>|>|CENTER:8.5|
|[[翼面荷重]]|CENTER:機体重量:307kg/&br;最大離陸重量:567kg/|CENTER:機体重量:307kg/&br;最大離陸重量:633kg/|CENTER:機体重量:347kg/&br;最大離陸重量:700kg/|
|空虚重量|>|CENTER:92,000kg|CENTER:104,000kg|
|最大離陸重量|CENTER:170,000kg|CENTER:190,000kg|CENTER:210,000kg|
|最大[[ペイロード]]|>|>|CENTER:40,000kg|
|胴体最大直径|>|>|CENTER:4.80m|
|貨物部全長|>|>|CENTER:3.40m|
|貨物部全高|>|CENTER:20m|CENTER:25.75m|
|貨物部幅|>|>|CENTER:3.46m|
|[[エンジン]]|>|>|CENTER:[[ターボファン]]×4基|
|~|CENTER:ソロヴィヨーフ設計局((現PNPPアビアドビガテル。))&br;[[D-30KP>D-30]]&br;([[推力]]117.68kN)|CENTER:ソロヴィヨーフ設計局&br;D-30KP シリーズ2&br;(推力122kN)|CENTER:ソロヴィヨーフ設計局&br;[[PS-90A-76>PS-90]]&br;(推力142kN)|
|[[燃料]]搭載量&br;(機体内)|>|>|CENTER:109,480リットル|
|最大速度|>|>|CENTER:850km/h|
|巡航速度|>|CENTER:750km/h|CENTER:800km/h|
|進入速度|>|CENTER:220km/h|CENTER:240km/h|
|[[海面上昇率>上昇率]]|>|>|CENTER:不明|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|>|>|CENTER:15,500m|
|巡航高度|CENTER:9,000m|CENTER:12,000m|CENTER:13,000m|
|離着陸距離&br;([[離陸]]/[[着陸]])|CENTER:850m/450m|CENTER:1,700m/1,000m|CENTER:1,800m/990m|
|[[航続距離]]|CENTER:40t搭載時:5,000km&br;最大搭載時:4,200km|CENTER:40t搭載時:5,400km&br;最大搭載時:4,400km|CENTER:40t搭載時:6,300km&br;最大搭載時:5,800km|
|兵装|>|>|CENTER:なし&br;軍用型はオプションとして[[GSh-23L 23mm機関砲>GSh-23]]×2門の尾部銃座を装備できる。|
~
**派生型 [#pb5fbf9a]
***軍用 [#xa8aca9d]
-Il-76:~
原型機および基本生産型。~
~
-Izdeliye-576:~
詳細不明。~
~
-Izdeliye-676/-776:~
テレメトリー及び通信中継の試験機。~
~
-IZdeliye-976("SKIP"):~
[[Kh-55「グラナート(AS-15『ケント』)」>AS-15]][[巡航ミサイル]]のテストベッド機。~
ミサイル試験のモニタリングにも使用される。~
A-50などと同様の「シュメーリ」レーダー((後にアップグレードにより除去された。))を装備し、翼端にはポッドはテレメトリーの受信用ポッドが装備される。~
~
-Izdeliye-1076:~
特務作戦用。~
~
-Izdeliye-1176(Il-76-11):~
[[ELINT]]型。~
~
-Il-76-Tu160:~
Tu-160緊急修正計画をサポートするために一時的に変換された機体。~
~
-Il-76D:~
[[空挺師団>空挺部隊]]向け軍用輸送機型。~
尾翼付近に[[GSh-23 23mm機関砲>GSh-23]]を装備。~
~
-Il-76K/MDK/MDK-II:~
宇宙飛行士の訓練機型。~
弾道飛行することにより無重力を作り出すことが可能である。~
ガガーリン宇宙飛行士訓練センターに配備されている。~
~
-Il-76LL:~
エンジンのテストベット機。~
~
-Il-76M"キャンディットB":~
改良型。~
中央翼に[[燃料]]タンクを増設して[[航続距離]]を延長、[[電子戦]]機材と[[チャフ]]・[[フレア]]ディスペンサーを搭載している。~
尾部の銃座は除去された。~
~
-Il-76MD:~
エンジン出力を強化し[[ペイロード]]を拡大した軍用輸送機型。~
[[空中給油]]受油管を装備可能。~
~
--[[Il-78]]&ruby(マイダス){Midas};:~
[[空中給油機]]型。別項参照。~
~
--[[A-50]]&ruby(メインステイ){Mainstay};:~
[[早期警戒機]]型。別項参照。~
~
--A-60:~
航空機搭載[[レーザー]]の研究機でアメリカの[[AL-1]]に相当する機体である。~
Il-76 バージョン 1Aとも呼ばれる。~
~
--Il-76MD Skal'pel-MT:~
移動病院型。~
~
--Il-76MDM:~
MD型の近代化改修型。~
D-30KPエンジン、機体、着陸装置の強化により機体寿命を15年延長、ペイロードも増加している。~
[[アビオニクス]]はIl-76MD-90A(Il-476)と共通化される。~
また、自己防御システムとして「プレジデント-S」システムが搭載される。~
~
--Izdeliye-176:~
Il-76PPのプロトタイプ。~
~
---Il-76PP:~
[[電子戦機]]型。~
大きな問題が発生したため機材はIzdeliye-176に搭載されたのみとなった。~
~
--バグダッド:~
[[AEW&C>早期警戒管制機]]型。~
カーゴランプの換わりに固定式のレドームを設け、そこにトムソンCSF社製の「タイガーG」レーダーを搭載している。~
カーゴランプの代わりに固定式のレドームを設け、そこにトムソンCSF社製の「タイガーG」レーダーを搭載している。~
~
--アドナン1:~
イラク向けにフランスの支援を受けて開発されたAEW&C型。「バグダード1」とも呼ばれる。~
TRS-2100「タイガーG(Tiger G)」レーダーを搭載。~
直径9mのグラスファイバー製レドームを装備し、機首下の窓を廃止、ストレーキが2枚追加されている。~
~
---アドナン2:~
TRS-2105「タイガーG」(探知距離350km)レーダーを搭載した改良型。~
戦闘機の管制と誘導を行う機体として設計された。~
「バグダード2(Baghdad 2)」とも呼ばれた。~
~
---シームルグ((イラン神話に登場する神秘的な鳥。)):~
イラン空軍に捕獲された際の名称。~
その後、ロシアの支援の下イランが開発したレーダー(探知距離1,000km)が装備され、2008年4月より運用が開始された。~
~
--Il-76(空中給油機型):~
イラク空軍が独自に空中給油機化したもの。~
~
--Il-76(CFTEエンジンテストベッド機):~
中国がエンジンテストベッド機としたもの。~
~
--Il-76MD-90:~
MD型の近代化改修型。~
エンジンをPS-90A-76に換装して[[航続距離]]を5,400kmに延伸し、ペイロードを50トンに拡大、巡航速度も850kmとなった。~
機体の運用寿命も延長されている。~
~
--Il-76MD-90A(Il-476):~
MD型の大規模発展型。~
エンジンをPS-90A-76に換装し、機体に複合材料を適応、主翼を新開発されたものに変更している。~
コックピットも[[グラスコックピット]]化され、デジタル式航法システム(KUPOL-IIシリーズ)、SAU-76デジタルフライトコントロールシステムを採用した。~
また、ロシアの輸送機として初めてトイレを備えたのも特徴である。~
トイレ(容量は28リットル、6名の搭乗員+数十名の兵員を想定)は機首部分に独立したものが備えられているほか、140名の兵員を空輸する際にはさらに2基のトイレモジュール(各80リットルの容量)を追加搭載可能である。~
さらに、調理用のキッチンモジュールやお湯を沸かすためケトルも搭載が行われている。~
~
---A-100LL:~
システムのテストベッド機型。退役したA-50がベース。~
~
---A-100:~
[[早期警戒管制機>AWACS]]型。~
~
---A-100E:~
輸出型。~

~
---Il-78M-90A(Il-478):~
空中給油機型。~
~
---A-60SE:~
航空機搭載[[レーザー]]の研究機。~
~
--Il-76MD-14:~
アヴィアドヴィガーテリ PD-14[[ターボファン]]エンジンへの換装案。~
~
-Il-76MF:~
胴体延長とエンジン出力強化を行った軍用輸送機型。~
Il-76TD-90VDと同じく、エンジンはPS-90を搭載し、胴体は6.6mm延長されている。~
試作機は1995年に初飛行したが、量産されず。~
~
--Il-76MF-90A:~
国防省からの要請で開発が検討されているストレッチ型。~
~
--Il-76PSD:~
MF型に[[合成開口レーダー]]を搭載したもの。~
~
-Il-76VKP(Il-82):~
空中コマンドポスト(指揮司令部)/通信中継型。~
前部胴体正面にカヌー状の大型フェアリングを備える。~
~
-Il-76PS(Il-84):~
救難機型。製造されず。~
~
***民間 [#w9662f87]
-Il-76T "キャンディットA":~
燃料搭載量を増加させた民間輸送機型。~
~
-Il-76MGA:~
初期に考案された商業貨物輸送型。~
~
-Il-96((Il-96の型式名は、後に開発された[[民間旅客機>Il-96]]に採用された。)):~
初期に考案された旅客/貨物輸送型。計画のみ。~
~
-Il-76TD:~
MD型に準ずる民間輸送機型。1982年初飛行。~
空中給油関係の装備は搭載せず。~
~
--Il-76TD-90VD:~
ヴォルガ・ドニエプル航空向けに開発されたTDの改良型。~
エンジンにソロヴィヨフPS-90を採用し、[[グラスコックピット]]を部分的に装備した。~
~
--Il-76TD-90SW:~
シルクウェイ航空向け改修型。Il-76TD-90VDと同様。~
~
--Il-76TD-S:~
移動病院機型。~
~
--Il-76TD-90A:~
Il-76MD-90Aの民間型。~
~
-Il-76TF:~
MF型に準ずる民間向けタイプ。量産されず。~
~
-Il-76P/TP/TDP/MDP:~
消防航空機型。~
VAP-2消火剤タンクキットを装備し、40tの水を搭載して火災現場に投下可能。~
~

IP:153.194.237.84 TIME:"2019-04-21 (日) 16:47:44" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php?cmd=edit&page=Il-76" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/73.0.3683.103 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS