*&ruby(えふじーえむひゃくよんじゅうはち){【FGM-148】}; [#f4d41863]
FGM-148 &ruby(ジャベリン){Javelin};((狩猟・スポーツ競技用の投げ槍の意。))~
[[FGM-77「ドラゴン」>FGM-77]]の後継として開発され、[[アメリカ陸軍]]で使用されている携帯型[[対戦車ミサイル]]。~
実戦運用では、2003年のイラク戦争で始めて使用された。~
~
現代[[ミサイル]]には必須の能力でもある[[撃ちっ放し能力]]を備え、内蔵コンピュータが自律的に[[終端誘導]]を行う。~
また、圧縮ガスでミサイルを押し出した後に[[ロケット>ロケットエンジン]]に点火する[[コールドローンチ]]方式を採用しているため、射手の位置が露呈しにくい。~
誘導モードとして、建築物などに直撃させるための「ダイレクトアタック」モードと、対装甲車両用の「[[トップアタック]]」モードが選択できる。~
飛行高度は、「ダイレクトアタック」モードでは高度150m、「トップアタック」モードでは高度50mである。~
弾頭には[[爆発反応装甲]]を想定した[[タンデムHEAT>成形炸薬弾]]を採用している。~
~
最大の欠点は、1発当たりおよそ10万ドル(((最近の為替レートであれば)日本円で1000万円ほど。))という高価なユニットコストである。~
最大の欠点は、1発当たりおよそ10万ドル(((1ドル=111円換算で)日本円で1100万円ほど。))という高価なユニットコストである。~
そのため、[[アメリカ陸軍]]でも本ミサイルを運用する兵士は通常の訓練をシミュレーターで行い、適性優良と認められなければ実射を行う事ができない。

**スペックデータ [#k9b14c60]
|全長|1.2m|
|口径|142mm(砲身内径)/127mm(ミサイル)|
|弾頭直径|127mm|
|重量|6.4kg(CLU((Command Launch Unit.))(発射指揮機))&br;15.9kg(LTA((Launch Tube Assembly.))(ミサイル発射筒))&br;計22.3kg|
|推進方式|[[固体燃料ロケットモーター>固体燃料ロケット]]|
|発射速度|発射準備30秒以下、再装填20秒以下|
|射程&br;(最短/最大)|75m/2,500m|
|照準装置|4倍率(昼間)、4倍率又は9倍率(夜間)|
|弾頭|[[タンデムHEAT>成形炸薬弾]](8.4kg)|
|誘導方式|画像[[赤外線誘導]](IIR)、自律誘導|
|[[装甲]]貫徹力|600mm以上(RHA換算)|
**主な採用国 [#i819a83d]
-アメリカ
-イギリス:[[ミラン]]の後継として配備
-オーストラリア:発射機92基
-チェコ
-ヨルダン:発射機30基
-リトアニア:発射機30基
-ニュージーランド:発射機24基
-ノルウェー:発射機90基
-アイルランド:発射機60基
-中華民国(台湾):発射機60基
-カナダ:発射機200基
-サウジアラビア
-バーレーン
-フランス
-インド
-オマーン
-アラブ首長国連邦(UAE)

IP:153.194.237.84 TIME:"2019-02-24 (日) 20:38:58" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/72.0.3626.119 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS