*&ruby(えふひゃくご){【F-105】}; [#we68a56d]
Republic F-105 "&ruby(サンダーチーフ){Thunderchief};"
Republic F-105 "&ruby(サンダーチーフ){Thunderchief};".~
~
[[ベトナム戦争]]で多用された、アメリカの[[戦闘爆撃機]]。~
~
リパブリック社が開発した前作・[[F-84「サンダージェット」>F-84]]をさらに発展させた、[[核兵器]]運用能力と空対空戦闘能力をもつ多目的戦闘機(一種の[[マルチロールファイター]])として、1951年に自社開発を開始、55年に試作機が初飛行した。~
最大速度が[[マッハ]]2を越え、核兵器運用能力を持つ本機は、当時のアメリカが標榜していた[[大量報復戦略>相互確証破壊]]の一部として歓迎され、1957年に採用承認されている。~
また、1964年4月から一ヶ月間だけ[[サンダーバーズ]]で使用されていた。~
~
本機の形式記号には[[戦闘機]]を示すFナンバーが付けられているが、その特性は[[爆撃機]]に近く、戦闘機としては異例な[[ウェポンベイ]]を備え、高度な航法・攻撃システムを搭載している。~
また高速を出すために胴体は[[エリアルール]]に則った形状をしており、「鉄の蝶」や「空飛ぶコーラ瓶」とも呼ばれた。~
~
実際に核兵器を運用する機会はなかったが、[[ベトナム戦争]]において高い[[搭載能力>ペイロード]]と速度を活かし、北爆の主役を務めた。~
しかし[[翼面荷重]]が高く、かつ、大量の爆弾を搭載して運動性が悪くなることが多かった本機は、[[MiG-17]]をはじめとする北ベトナム軍の戦闘機をかわすことが出来ず、また機体の耐久性は非常に高かったものの、単発で油圧系統の抗堪性が低かったためにかなりの被害を受けた。~
このため前線では「間違ってFの記号をつけた[[爆撃機]]」とすら呼ばれるようになった。~
そのため、それを皮肉るような愛称として"&ruby(サッド){Thud};"(日本語訳で「どさっ」、など重い物が落ちる音を表す。転じて撃墜されて地面に落ちる音を暗示)などと呼ばれたりもした。~
逆に、本機による[[ミグ]]の撃墜記録は28機で、その戦果の殆どが[[M61A1]]により記録されたものである([[AIM-9]]による撃墜は3機にとどまっている)。~
~
通常の爆撃任務の他に、複座のF型に電子戦機器を搭載した[[敵防空網制圧]]用のG型が実戦に投入され、任務を果たしている。~
しかしこちらも猛烈な[[AAA]]や[[SAM]]の危険にさらされたため、かなりの被害を被ることとなった。~
~
ベトナム戦争において爆撃の約75%を占めるなど、まさに主役といえる活躍をした本機ではあったが、度重なる出撃によりベテランパイロットが急激に減少。~
ベトナム戦争において[[爆撃]]の約75%を占めるなど、まさに主役といえる活躍をした本機ではあったが、度重なる出撃によりベテランパイロットが急激に減少。~
その被害も甚大で、被撃墜数はD型332機、F・G型50機と、総生産数の半分以上がベトナムの戦場で失われた。~
この総被撃墜382機という数字は、実にアメリカ軍がベトナム戦争で失った[[固定翼機]]の約1/3にあたる。~
~
そのため正規の部隊を編成するのにも機数不足をきたし、ベトナム戦争終了後早々に第一線を退くこととなった。~
これにより、アメリカでは[[第二次世界大戦]]後ほぼ唯一戦争で「使い切られた」戦闘機となった。~
~
**スペックデータ(F-105G)[#c093af24]
|種別|[[戦闘爆撃機]]|
|主任務|多用途|
|主契約|リパブリック|
|[[初飛行]]|1955年10月22日(YF-105A)|
|クルー|[[パイロット]]1名/2名(F型/G型)|
|クルー|[[パイロット>エビエーター]]1名/2名(F型/G型)|
|全長|19.63m|
|全高|5.99m|
|翼幅|10.65m|
|[[主翼]]面積|35.76|
|零揚抗力係数|0.0173|
|抗力面積|0.62|
|アスペクト比|3.18|
|空虚重量|12,181kg|
|全備重量|16,165kg|
|最大離陸重量|23,967kg|
|[[ペイロード]]|6,350kg|
|[[エンジン]]|[[P&W>プラット&ホイットニー]] J75-P-19W[[ターボジェット]]×1基|
|[[推力]]|63.6kN([[ドライ>ミリタリー推力]])/109kN([[A/B>アフターバーナー]]使用時)|
|最高速度|[[マッハ]]2.08(高度11,000m)|
|[[戦闘行動半径]]|1,252km|
|フェリー[[航続距離]]|3,550km|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|14,800m|
|[[上昇率]]|195m/s|
|[[翼面荷重]]|452kg/|
|[[推力重量比]]|0.74|
|揚抗力比|10.4|
|固定武装|[[M61A1 20mmバルカン砲>M61A1]]×1門(装弾数1,028発)|
|搭載兵器|5箇所の[[ハードポイント]](爆弾倉×1、[[パイロン]]×4)に6,400kgの兵装を搭載可能。|
|~|[[AIM-9「サイドワインダー」>AIM-9]]&br;[[AGM-12「ブルパップ」>AGM-12]]&br;[[AGM-45「シェライク」>AGM-45]]&br;[[AGM-78「SARM」>AGM-78]]&br;LAU-32/LAU-59[[ロケット弾]][[ポッド]](Mk.4 FFAR「マイティマウス」×7発)&br;[[M117]]/M118/[[Mk.80>Mk.80シリーズ]]通常爆弾&br;CBU-24[[クラスター爆弾]]&br;B28/B43/B57/B61[[戦術核爆弾>戦術核兵器]]|
|[[アビオニクス]]|NASARR R-14Aレーダー&br;AN/ASG-19「サンダースティック」[[FCS>火器管制装置]][[レーダー]]&br;AN/ARN-85 [[LORAN]]|

**派生型 [#q228a4e5]
-YF-105A:~
試作機。(2機)~
~
-YF-105B:~
試作機。エリアルールの採用などが行われた。(4機)~
~
-F-105B:~
単座の初期生産型。(75機(生産前機含む))~
~
-F-105C:~
複座練習機型の提案モデル。1957年に実物大モックアップ段階で計画中止。~
~
-F-105D:~
全天候能力強化型で単座型最終モデル。(610機)~
~
-F-105E:~
D型の複座練習機型。1959年計画中止、製造中の機体はD型として完成。~
~
-F-105F:~
D型の[[ワイルドウィーゼル]]用複座攻撃機型。(143機)~
~
-F-105G:~
F型を改修した[[ワイルドウィーゼル]]機への最終モデル。(61機改装)~
~
-RF-105B:~
偵察型の提案モデル。17機発注も計画中止により、JF-105Bに改装。~
~
-JF-105B:~
RF-105Bから改造されたシステム査定試験用機。[[地対空ミサイル]]の試験に使用。(3機改装)~
~
-EF-105F:~
F型の[[ワイルドウィーゼル]]機改修型。(86機改装)~
~

IP:153.190.174.16 TIME:"2019-06-30 (日) 11:43:25" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php?cmd=edit&page=F-105" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/75.0.3770.100 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS