*&ruby(しーえふひゃくご){【CF-105】}; [#v7c7c531]
Avro Canada CF-105 "&ruby(アロー){Arrow};"~
~
1950年代にカナダのアブロ・カナダで開発された[[超音速]][[戦闘機]]。~
ソビエトの[[戦略爆撃機]]を迎撃する[[戦闘機]]で従来使用されてきた[[CF-100「カナック」>CF-100]]の後継機として、1953年に開発が始まり、1958年に試作機が[[初飛行]]した。~
~
世界で始めて[[フライバイワイヤー]]を実用化した機体であり、[[ペイロード]]が[[爆撃機]]並に大きく、最大で[[AIM-7]]を6発、または[[AIM-4]]を12発搭載できるほか、[[爆弾]]や[[対艦ミサイル]]を装備すれば対地攻撃や対艦攻撃も行うことも可能と、後年の「[[マルチロールファイター]]」と呼ばれる機体にもなりうる可能性が存在した。~
また、[[P&W>プラット&ホイットニー]] [[J75]][[ターボジェット]]を双発で搭載し、無尾翼デルタで23mを越す大型の胴体には大量の燃料を搭載できるため、[[マッハ]]1での飛行を最大2.5時間も維持することが可能だった。~
~
しかし、[[F-99「ボマーク」>CIM-10]]などの[[地対空ミサイル]]の発達や価格の高騰((当時の日本円に換算して1機あたりの価格は34億円以上だった。))、政権交代により1959年2月に開発は中止され、5機の試作機と設計書類はすべて処分された。~
しかし、[[F-99「ボマーク」>CIM-10]]などの[[地対空ミサイル]]登場に伴って発生した[[ミサイル万能論]]や価格の高騰((当時の日本円に換算して1機あたりの価格は34億円以上だった。))、政権交代により1959年2月に開発は中止され、5機の試作機と設計書類はすべて処分された。~
~
なお、ソ連の[[MiG-25]]の開発には[[スパイ]]によって盗まれた当機のデータが役立てられたとされる。~

**スペックデータ [#h39fae18]
|乗員|2名|
|全長|23.7m|
|全高|6.45m|
|翼幅|15m|
|翼面積|113.8|
|翼型|root:NACA 0003.5(modified)&br;tip:NACA 0003.8(modified)|
|空虚重量|22,244kg|
|総重量|25,818kg|
|最大離陸重量|31,119kg|
|[[エンジン]]|[[P&W>プラット&ホイットニー]] [[J75-P-3>J75]][[アフターバーナー]]付き[[ターボジェット]]×2基&br;(オレンダ PS.13「イロクォイ」エンジンに換装予定だった)|
|[[推力]]|J75:&br;[[ドライ>ミリタリー推力]]:73kN(16,500lbf)&br;[[A/B>アフターバーナー]]使用時:105kN(23,500lbf)&br;&br;イロクォイ:&br;ドライ:89kN(20,000lbf)&br;A/B使用時:130kN(30,000lbf)|
|最大速度|[[マッハ]]1.98(高度5,000ft(15,000m)、試験飛行時の最高記録)&br;[[マッハ]]2.3以上(計画)|
|[[巡航速度]]|マッハ0.91(高度36,000ft(11,000m))|
|[[戦闘行動半径]]|670km|
|[[上昇限度]]|16,000m|
|[[翼面荷重]]|227kg/|
|[[推力重量比]]|0.825(積載重量時)|
|固定武装|なし|
|ロケット弾|AIR-2「ジニー」無誘導[[核ロケット弾>核兵器]]×2発|
|[[空対空ミサイル]]|Velvet Glove×4発(1956年開発中止)or [[AIM-4「ファルコン」>AIM-4]]×8発&br;or [[AIM-7「スパロー供>AIM-7]]×3発(キャンセル)|
|[[アビオニクス]]|ヒューズ MX-1179火器管制システム|
~

IP:124.144.51.84 TIME:"2022-12-03 (土) 23:24:02" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php?cmd=edit&page=CF-105" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 16_0_2 like Mac OS X) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Mobile/15E148 Safari Line/12.19.0"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS