*【&ruby(しーきゅうじゅうなな){C-97};】 [#f747b681]
Boeing C-97 &ruby(ストラトフレイター){Stratofreighter}; /KC-97 &ruby(ストラトタンカー){Stratotanker}; /B377 &ruby(ストラトクルーザー){Stratocruiser};~
~
[[第二次世界大戦]]中にアメリカの[[ボーイング]]社が開発した[[輸送機]]/[[空中給油機]]。~
[[アメリカ陸軍航空隊>USAAF]]に採用され、後に[[空軍>アメリカ空軍]]に引き継がれた。~
~
同社製の[[戦略爆撃機]]・[[B-29]]から[[エンジン]]((当初は[[ライトR-3350>R-3350]]を搭載していたが、量産型では[[R-4360「ワスプ・メジャー」>ワスプ]]に変更された。))・[[主翼]]・尾翼を流用し、胴体は上下に膨張したダルマ形に改修した。~
>この「ダルマ構造」は現在の[[旅客機]]・[[貨物機]]にも受け継がれている((ただし、現在の機体では与圧耐久性の都合や空気抵抗を減らす関係で円形に整形されており、内部のみが上下に分割された作りとなっている。))。

積荷はトラック2輛ないし[[軽戦車]]1輛を搭載可能だったが、胴体の[[抗力]]が大きくて操縦応答性が鈍重なために[[前線]]での運用は忌避された。~
総生産888機中814機は[[空中給油機]]型のKC-97として生産され、残りの輸送機型もほぼ[[後送]]に用いられた。~
~
戦後、民間向けに[[旅客機]]型・[[貨物機]]型のB377「ストラトクルーザー」が生産された。~
このうち数機はエアロ・スペースライン社により大容積[[貨物輸送機>貨物機]]「グッピー」シリーズに改造され、[[サターンロケット>サターン(宇宙ロケット)]]や[[エアバス社>エアバス(企業)]]製[[旅客機]]の機体コンポーネント((エアバス社の機体は、ヨーロッパ各地の協力メーカーで作られた機体コンポーネントをフランス・トゥールーズの工場に運んで組み立てている。))といった大容積貨物の輸送に携わった。~

**スペックデータ [#y2498694]
|>|CENTER:''C-97''|
|乗員|5〜6名([[機長]]・[[副機長]]・[[ナビゲーター>航法員]]・[[航空機関士]]・[[ロードマスター]]1〜2名)|
|[[ペイロード]]|兵員134名・担架69席|
|全長|33.7m|
|全高|11.7m|
|翼幅|43.1m|
|翼面積|161.1|
|空虚重量|37,410kg|
|全備重量|54,420kg|
|最大離陸重量|79,370kg|
|[[エンジン]]|[[P&W>プラット&ホイットニー]][[R-4360B「ワスプ・メジャー」>ワスプ]]4重星型28気筒[[空冷エンジン]]×4基|
|出力|3,500hp(2,610kW)|
|速度&br;(最高/巡航)|603km/h / 482km/h|
|速度&br;(最高/[[巡航>巡航速度]])|603km/h / 482km/h|
|[[航続距離]]|6,920km|
|フェリー航続距離|9,270km|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|10,670m|
|[[翼面荷重]]|337.8kg/|
|パワー/マス|192W/kg|
~
|>|CENTER:''KC-97L''|
|乗員|6名([[機長]]・[[副機長]]・[[ナビゲーター>航法員]]・[[航空機関士]]・[[航空通信士]]・ブームオペレーター)|
|全長|35.79m|
|全高|11.68m|
|翼幅|43.03m|
|機体重量|37,421kg|
|積載重量|69,400kg|
|最大離陸重量|79,379kg|
|[[エンジン]]|[[P&W>プラット&ホイットニー]][[R-4360-59「ワスプ・メジャー」>ワスプ]]4重星型28気筒[[空冷エンジン]]×4基&br;[[GE>ジェネラルエレクトリック]] [[J47-GE-23>J47]][[ターボジェット]]×2基|
|出力|3,500hp(R-4360-59)&br;5,790lbf(J47-GE-23)|
|速度&br;(最高/巡航)|644km/h / 370km/h|
|速度&br;(最高/[[巡航>巡航速度]])|644km/h / 370km/h|
|[[航続距離]]|3,700km|
|[[最大上昇限界高度>上昇限度]]|9,144m|
|[[燃料]]搭載量|9,000ガロン(34,000リットル)|
~
|>|CENTER:''B377''|
|乗員数|4名(フライトクルー、[[キャビンクルー>フライトアテンダント]])|
|乗客数|メインデッキで最大100名+下部デッキラウンジで最大14名&br;通常は乗客64名または80名|
|全長|33.63m|
|全高|11.66m|
|翼幅|43.05m|
|翼面積|164.3|
|空虚重量|37,875kg|
|最大離陸重量|67,132kg|
|[[エンジン]]|[[P&W>プラット&ホイットニー]][[R-4360-B6「ワスプ・メジャー」>ワスプ]] [[空冷>空冷エンジン]]星型28気筒×4基|
|エンジン出力|3,500hp(2,600kW)|
|[[プロペラ]]|4枚翅低速フルフェザリングプロペラ|
|最高速度|604km/h|
|[[巡航速度]]|484km/h|
|[[航続距離]]|6,800km|
|[[上昇限度]]|9,800m|
~
**バリエーション(カッコ内は生産・改修機数)[#xf8ccefa]
-[[輸送機]]型
--XC-97(3機):~
ライト[[R-3350「サイクロン18」>R-3350]]エンジンを装備する原型機。~
~
--YC-97(6機):~
R-3350エンジン装備の増加試作型で貨物専用型。~
~
--YC-97A(3機):~
R-3350エンジン装備の増加試作型で兵員輸送型。~
~
--YC-97B(1機):~
定期路線用の旅客型でB377原型機。~
80席と貨物スペースを持つ。~
~
--C-97A「ストラトフレイター」(50機):~
R-4360エンジンを装備する量産型。82席・担架79床の兵員・患者輸送型。~
後に貨物輸送兼用型に改造された。~
~
---JC-97A(A型1機):~
特殊試験用機。~
~
---VC-97A(A型2機):~
戦略航空軍団司令部用指揮官機。~
戦略航空軍団((現在の「地球規模攻撃軍団」。))司令部用指揮官機。~
~
--C-97C(14機):~
キャビン床および電子装備を強化した型。~
~
--C-97D(YC-97A・1機、YC-97B・1機、C-97A・2機):~
旅客輸送型。~
~
---VC-97D(A型3機):~
戦略航空軍団司令部用指揮官機。~
~
--C-97E(60機):~
KC-97Eの輸送機改装型。~
KC-97Eの[[輸送機]]改装型。~
~
--C-97F(159機):~
KC-97Fの輸送型改修型。貨物扉などを改善。~
~
--C-97G(135機):~
KC-97Gの輸送型。~
~
--HC-97G(22機):~
KC-97Gの捜索救難機改装型。~
KC-97Gの[[捜索救難]]機改装型。~
~
--YC-97J(KC-97G・2機):~
KC-97Gのエンジンを[[P&W>プラット&ホイットニー]][[YT34-P-5>T34]]軸流式[[ターボプロップ]](出力5,700hp)に換装した旅客輸送型。~
~
--C-97K(KC-97G・26機):~
戦略航空軍団用要員輸送機。~
~
--377M「アナク」:~
1960年代、[[イスラエル空軍>イスラエル軍]]が、中古のB377を買い取って[[輸送機]]に改装したもの。~
機体後部はC-97と同じ形状になっている。~
~
-[[空中給油機]]型
--KC-97A(3機改装):~
後部貨物扉を除去し、[[空中給油]]装置を付加した[[空中給油機]]型。~
[[KC-135]]のデビューまで使われた。~
~
--KC-97E(60機):~
最初から空中給油機として新造された型。~
後部貨物扉はなし。~
~
--KC-97F(159機):~
E型のエンジン改良型。乗員6名。~
エンジンはR-4360-59B(出力3,800hp)を搭載。~
~
--KC-97G(592機):~
空中給油機/輸送機兼用型。多くは輸送機として用いられた。~
うち135機は後に空中給油器材を降ろし、C-97Gに改装された。~
~
---GKC-97G(5機改装):~
地上訓練器材に改装された型。~
~
---JKC-97G(1機):~
[[GE>ジェネラルエレクトリック]] J47-GE-23[[ターボジェット]]を追加した型。~
~
--KC-97H(1機改装):~
F型のうち1機を[[ドローグ方式>プローブアンドドローグ]]の空中給油装置の試験のために改装した型。~
~
--KC-97L(81機改装):~
G型にJ47ジェットエンジンを追加搭載した型。~
~
-民間型
--B377「ストラトクルーザー」(56機):~
民間向け[[旅客機]]型。~
総二階建ての客室と、バー・ラウンジ等の設備から「空飛ぶホテル」の異名を得ていた((ボーイングでは2つの[[キャビン]]すべてを座席にするオプションも用意していたが、本機を発注した航空会社はすべて[[ファーストクラス]]相当のモノクラス設定にしていた。))。~
事故が多発した((本機のみならず、本機の母体である[[B-29]]や[[B-50]]、[[B-36]]、[[DC-7]]など、大型レシプロ機は大出力化したエンジンと機体とのマッチングに苦慮するケースが多く、これを原因としたトラブルも多発した。))事と、(当時の基準としては)大型過ぎて機体価格が高価だったうえに[[空港]]設備の利用が困難だった((本機と同じ頃、フランスで開発されたブレゲー「デュポン」も同じ問題を抱えており、こちらも長くは用いられなかった。&br;  また、2000年代に本機と同様の機体構造でデビューした[[エアバス>エアバス(企業)]][[A380]]も同じような問題点(2階客室の乗降口に接続できる[[ボーディングブリッジ]]が必要になるなど)を抱え、受注が伸び悩んだ末に2019年に受注が打ち切られ、2021年に生産終了となった。))点から、長くは運用されなかった。~
~
--エアロ・スペースラインB377PG「プレグナント・グッピー((Pregnant Guppy(妊娠したグッピー)の意。上方に膨らんだ胴体からの命名。))」:(1機)~
宇宙ロケット「[[サターン>サターン(宇宙ロケット)]]」の輸送用として、エアロ・スペースライン社がB377をベースに改造した大容積物品対応型[[重貨物輸送機>貨物機]]。~
アポロ計画の終結後、1979年に解体された。~
~
--エアロ・スペースラインB377SG「スーパー・グッピー」:(1機)~
B377をベースに改造された大容積物品対応型輸送機。~
エンジンは当初原型機と同じR-4360-B6だったが、のちに[[P&W>プラット&ホイットニー]] T34-P-7「ターボ・ワスプ」軸流式[[ターボプロップ]]に換装している。~
「プレグナント・グッピー」と同様に[[サターンロケット>サターン(宇宙ロケット)]]の輸送に使われた後、アリゾナ州ツーソンのピマ航空宇宙博物館で[[保管>モスボール]]されている。~
~
--B377SGT「スーパー・グッピー・タービン」(4機):~
[[エンジン]]を[[アリソン]]501-D22C((T56の民間モデル。))[[ターボプロップ]]に換装したモデル。~
[[エンジン]]ナセルは[[P-3]]の物を、プロペラとスピナーキャップは[[C-130]]の物をそのまま流用している。~
1970年代からは[[エアバス社>エアバス(企業)]]の部品輸送にも使用された((このため、1990年代に[[A300-600ST]]が就航するまで「すべての[[エアバス]]は[[ボーイング]]の翼によって届けられる」「すべてのエアバス機はボーイングの翼で[[初飛行]]する」などという揶揄が生まれた。))。~
1970年代からは[[エアバス社>エアバス(企業)]]の部品輸送にも使用された((このため、1990年代に[[エアバス>エアバス(企業)]]が[[A300-600ST「ベルーガ」>A300-600ST]]を就航させるまで「すべての[[エアバス]]は[[ボーイング]]の翼によって届けられる」「すべてのエアバス機はボーイングの翼で[[初飛行]]する」などという揶揄が生まれた。))。~
現在は[[NASA]]で1機が運用中。~
~
--エアロ・スペースラインB377MG「ミニ・グッピー」:~
「プレグナント・グッピー」「スーパー・グッピー」と同様、B377をベースに改造された大容積物品対応型輸送機。~
[[搭載量>ペイロード]]はスーパー・グッピーより小さい。~
~
--B377MGT「ミニ・グッピー・タービン」:~
B377SGTと同様、[[エンジン]]をアリソン 501-D22C[[ターボプロップ]]に換装したモデル。~
~

IP:118.14.32.153 TIME:"2023-01-28 (土) 07:38:50" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/109.0.0.0 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS