*&ruby(えーじーえむはちじゅうよん){【AGM-84】}; [#z71e7785]
AGM-84 &ruby(ハープーン){Harpoon};~
~
1970年代に開発された、アメリカの[[空対艦ミサイル]]。~
後に[[水上艦]]発射型の[[RGM-84]]や、[[潜水艦]]発射型の[[UGM-84]]などといった派生型を生み出し、「ハープーン」シリーズとして西側諸国軍の主力対艦ミサイルになった。~
~
[[プラットフォーム]]が[[航空機]]であるため初速は十分に確保できるので、[[RGM-84]]や[[UGM-84]]についているブースターは無い。~
また細い[[キャニスター]]や魚雷発射管に入れる必要もなく、ただ[[ハードポイント]]に取り付けるだけでよいので、[[主翼]]とフィンも最初から展開されている。~
~
飛翔パターンは大別して2つあり、一つは従来のミサイルと同じく、目標に向かい突入するパターン。~
これは迎撃されやすい反面高速で飛行でき、射程距離も伸びる利点がある。~
もう一つは[[シースキミング]]で突入するパターンで、レーダーによる被発見率を低下させ、迎撃されにくい利点を持つが、射程が著しく短くなる欠点がある。~
~
誘導方式は他のハープーンと同じく中間誘導は[[慣性誘導>慣性航法装置]]、[[終端誘導]]は[[アクティブレーダー誘導]]で行われる。~
弾頭は、爆速9000m/秒+を誇るオクトーゲン(HMX)を装備。~
~
また、その長射程を活かした派生型として、[[空対地ミサイル]]型の[[SLAM]]((Standoff Land Attack Missile.))シリーズが存在する。~
これは[[AGM-137「TSSAM」>AGM-137]]の開発が遅れたために、既存の部品を組み合わせることでスタンドオフ攻撃が可能な[[ミサイル]]を急遽開発することになったという経緯がある。~
**スペックデータ [#obdfc772]
|>|CENTER:''AGM-84D''|
|全長|3.79m|
|直径|34.29cm|
|重量|515.25kg|
|翼幅|91.44cm|
|推進方式|[[ターボジェット]]|
|エンジン|テレダイン J402-CA-400 ターボジェットエンジン([[推力]]2,935N)|
|速度|遷音速(約970km/h)|
|速度|[[遷音速]](約970km/h)|
|弾頭|HE 貫通/爆風弾頭|
|弾頭重量|224kg|
|射程|約124 km以上|
|誘導方式|[[慣性>慣性航法装置]]+[[アクティブレーダー>アクティブレーダー誘導]]|
~
|>|CENTER:''AGM-84E SLAM''|
|全長|4.45m|
|直径|34cm|
|重量|620kg|
|翼幅|91cm|
|推進方式|ターボジェット|
|エンジン|テレダイン CAE J402ターボジェットエンジン|
|弾頭|[[HE>榴弾]] 爆風貫通効果弾頭|
|弾頭重量|221.6kg|
|射程|約95km|
|誘導方式|画像[[赤外線]][[シーカー]]+[[データリンク]] [[慣性>慣性航法装置]]+[[GPS>全地球測位装置]]|
~
|>|CENTER:''AGM-84H SLAM-ER''|
|全長|4.35m|
|直径|34cm|
|重量|635kg|
|翼幅|2.18m|
|推進方式|ターボジェット|
|エンジン|テレダイン CAE J402-CA-400ターボジェットエンジン|
|弾頭|WDU-40/B 爆風破片弾頭|
|弾頭重量|360kg|
|射程|250km以上|
|誘導方式|統合誘導航法装置([[GPS>全地球測位装置]]付[[INS>慣性航法装置]])、[[データリンク]]付[[赤外線]][[シーカー]]([[終末誘導]])|
|誘導方式|統合誘導航法装置([[GPS>全地球測位装置]]付[[INS>慣性航法装置]])、[[データリンク]]付[[赤外線]][[シーカー]]([[終端誘導]])|
~
**バリエーション [#h66fa720]
-A/R/UGM-84 Harpoon block IA:~
-A/R/UGM-84 Harpoon block A:~
基本型。~
~
-A/R/UGM-84C Harpoon block IB:~
-A/R/UGM-84C Harpoon block B:~
ポップアップモードを搭載しない型。~
A型よりわずかに低い高度で巡航する。~
~
-A/R/UGM-84D Harpoon block IC:~
改善された[[ECCM]]や中間[[INS誘導>慣性航法装置]]機能の追加した型。~
-A/R/UGM-84D Harpoon block C:~
改善された[[ECCM]]や中間[[INS誘導>慣性航法装置]]機能を追加した型。~
射程が約220kmに延伸したとの情報もある。~
~
-A/RGM-84F Harpoon block ID:~
-A/RGM-84F Harpoon block D:~
射程220〜315kmの射程延伸型。~
[[レーダー]]作動時に標的が捉えられない場合、クローバー形の飛行経路を描いて自動再捜索/再突入を行う機能を持つ。~
1991年に初飛行したが、冷戦が終焉したため1993年に開発が中止された。~
~
-AGM-84E SLAM:~
1990年に開発された、AGM-84などがベースの空対地ミサイル。~
ハープーンの弾体に[[中間誘導]]用として[[AGM-62「ウォールアイ」>AGM-62]]の[[GPS>全地球測位装置]]や[[データリンク]]機器を追加し、[[終端誘導]]を[[AGM-65F>AGM-65]]と同じ[[赤外線画像誘導>赤外線誘導]]に置き換えている。~
~
-AGM-84H SLAM-ER:~
SLAMの射程延伸型(Expanded Response)。~
[[トマホーク>BGM-109]][[巡航ミサイル]]のものを改造した[[主翼]]を装備しているのが特徴。~
その他、射程の延長や誘導装置の改善などの改良が施され、移動目標への攻撃が可能になり、電波妨害に対しても強くなった。~
~
-AGM-84K SLAM-ER ATA((Automatic Target Acquisition.)):~
H型の自立攻撃能力を強化した改良型。~
[[シーカー]]に画像の自動照合機能を追加し、[[パイロット>エビエーター]]の負担を軽減した。~
また、状況に応じてパイロットが目標の選択を行うことができる。~
~
-AGM-84L Harpoon block II:~
-AGM-84L Harpoon block 供~
中間誘導に[[GPS>全地球測位装置]]を併用し、誘導精度を高めた型。~
~
-AGM-84L Harpoon block III:~
-AGM-84L Harpoon block 掘~
L型の[[戦術データリンク>データリンク]]搭載型。~
長射程での誘導や発射後の誘導の自由度を高めている。~
block ICに対するアップグレードキットとして、2011年の初期作戦能力獲得を目指し開発中である。~
block Cに対するアップグレードキットとして、2011年の初期作戦能力獲得を目指し開発中である。~
~
参考リンク:http://strike-eagle.masdf.com/agm84.html
~
~
-AGM-84L
#ref(harpoon.jpg);
~
-AGM-84H
#ref(slamer.jpg);

IP:153.190.174.16 TIME:"2020-03-14 (土) 13:33:10" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/80.0.3987.132 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS