*&ruby(えーじーえむろくじゅうご){【AGM-65】}; [#d394c913]
AGM-65 &ruby(マーベリック){Maverick};~
~
[[アメリカ軍]]をはじめとする西側世界各国軍で広く使用されている[[空対地ミサイル]]。~
[[AGM-12]]の後継として[[ヒューズ]]社(後に[[レイセオン]]社)が1968年から開発を開始し、1972年に量産型が[[米空軍>アメリカ空軍]]に納入された。~
~
[[撃ちっ放し能力]]を持ち、主に対戦車攻撃や小型施設([[バンカー>掩蔽壕]]や[[レーダー]]・ミサイルサイト)の破壊に使われる。~
主な発射母機は[[A-4]]、[[A-6]]、[[A-7]]、[[A-10]]、[[AV-8B/GR7>ハリアー]]、[[F-4]]、[[F-5>F-5(戦闘機)]]、[[F-15E>F-15]]、[[F-16 Block50/52plus>F-16]]、[[F/A-18]]、[[F-111]]、[[P-3C>P-3]]、[[A-50]]、[[AH-1W>AH-1]]、[[SH-2G>SH-2]]。~
主な発射母機は[[A-4]]、[[A-6]]、[[A-7]]、[[A-10]]、[[AV-8B/GR7>ハリアー]]、[[F-4]]、[[F-5>F-5(戦闘機)]]、[[F-15E>F-15]]、[[F-16 Block50/52plus>F-16]]、[[F/A-18]]、[[F-111]]、[[P-3C>P-3]]、[[A-50>A-50(攻撃機)]]、[[AH-1W>AH-1]]、[[SH-2G>SH-2]]。~
現在では生産が終了し、軍の備蓄分のみとなっている。~
~
本ミサイルを発射する際、[[エビエーター]]は「[[ライフル]]」とコールする。~

**主な搭載機 [#i147ea33]
-[[戦闘機]]/[[戦闘爆撃機]]
--[[F-4「ファントム供>F-4]]
--[[F-5「タイガー供>F-5(戦闘機)]]
--[[F-20「タイガーシャーク」>F-20]]
--[[F-15E「ストライクイーグル」>F-15E]]
--[[F-16「ファイティング・ファルコン」>F-16]]
--[[F/A-18「ホーネット」>F/A-18]]
--[[F/A-18E/F「スーパーホーネット」>F/A-18]]
--[[F-111「アードバーク」>F-111]]
--[[F-CK-1 経国>IDF経国]]
--[[AJ37「ビゲン」>ビゲン]]
--[[JAS39「グリペン」>グリペン]]

-[[攻撃機]]
--[[A-4「スカイホーク」>A-4]]
--[[A-6「イントルーダー」>A-6]]
--[[A-7「コルセア」>A-7]]
--[[A-10「サンダーボルトII」>A-10]]
--[[AV-8B「ハリアー供>ハリアー]]
--[[BAe]][[ハリアー]]
--SOKO J-22「オラオ」
~
-[[対潜哨戒機]]
--[[P-3「オライオン」>P-3]]
--[[P-1]]
~
-[[ヘリコプター]]
--[[AH-1W「スーパーコブラ>AH-1]]
--[[AH-64「アパッチ」>AH-64]]
--[[SH-2G「スーパー・シースプライト」>SH-2]]

**スペックデータ(AGM-65F)[#a4dbf655]
|全長|2.49m|
|直径|30.5cm|
|翼幅|71.12cm|
|重量|304kg|
|射程|27km|
|速度|超音速|
|推進方式|[[固体推進ロケットモーター>固体燃料ロケット]]|
|[[エンジン]]|チオコール TX633デュアル推力減煙モーター|
|誘導方式|[[赤外線誘導]]|
|発射機|LAU-88(3連装)・LAU-117|
~
|>|>|>|>|>|>|>|>|CENTER:''各ミサイル諸元''|
|形式|AGM-65A|AGM-65B|AGM-65D|AGM-65E|AGM-65F|AGM-65G|AGM-65H|AGM-65K|
|誘導方式|>|CENTER:[[TV画像>可視光誘導]]|CENTER:[[画像赤外線>赤外線誘導]]|[[セミアクティブ&br;レーザー>セミアクティブレーザー誘導]]|>|CENTER:画像赤外線|>|CENTER:TV画像|
|発射重量|>|>|CENTER:210kg|CENTER:293kg|>|CENTER:307kg|CENTER:210kg|CENTER:360.45kg|
|弾頭|>|>|CENTER:[[HEAT>成形炸薬弾]]&br;(57kg)|CENTER:[[HE>榴弾]]&br;(136kg)|>|CENTER:HEAT&br;(136kg)|>|CENTER:HEAT&br;(57kg)|
|信管|>|>|CENTER:着発|CENTER:遅延|>|>|>|CENTER:着発|
|最大射程|>|CENTER:3km|>|CENTER:20km|>|CENTER:25km|>|CENTER:20km|
|主な用途|>|>|CENTER:[[米空軍>アメリカ空軍]]向け|CENTER:[[米海兵隊>アメリカ海兵隊]]向け|>|CENTER:[[米海軍>アメリカ海軍]]向け|>|CENTER:[[米空軍>アメリカ空軍]]向け|

~
**バリエーション [#tf9803c6]
-AGM-65A:~
初期量産仕様。~
[[米空軍>アメリカ空軍]]向けの[[TV誘導>可視光誘導]]型。~
~
-AGM-65B:~
A型の[[シーカー]]に目標画像拡大機能を追加する改良を施し、ロックオン距離を延長した型。~
~
-AGM-65C:~
[[アメリカ海兵隊]]用に[[セミアクティブレーザー誘導]]を採用し、弾頭重量を2倍にした。~
開発費の高騰によりキャンセル。~
~
-AGM-65D:~
B型の改良型。~
赤外線画像誘導方式を採用することで、全天候発射能力を持っている。~
~
-AGM-65E:~
一度キャンセルされたC型とほぼ同一の性能をもつ[[米海兵隊>アメリカ海兵隊]]仕様。~
遅延信管を採用し、弾頭を[[HEAT>成形炸薬弾]]から[[HE>榴弾]]に変更している。~
~
-AGM-65F:~
[[米海軍>アメリカ海軍]]向けの対艦攻撃仕様。~
D型の[[シーカー]]とE型の[[HE>榴弾]]弾頭を持ち、遅延信管が採用され、対艦攻撃に最適化されている。~
~
-AGM-65G:~
D型の弾頭をE型のものに変更し、ソフトウェアのアップグレードも行われている。~
小型目標用にAGM-65G2も製作された。~
~
-AGM-65H:~
B/D型の[[シーカー]]を交換した型。~
当初はミリメートル波のアクティブ・シーカー型として開発されていたが、1993年に一度開発がキャンセルされ、開発再開後はCCD型テレビシーカーが採用された。~
~
-AGM-65J:~
F型の[[シーカー]]をH型のものに換装した型。~
~
-AGM-65K:~
G型の[[シーカー]]をH型のものに換装した型。~
~

IP:153.188.229.13 TIME:"2020-10-04 (日) 06:48:52" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/85.0.4183.121 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS