*&ruby(えーさんよんまる){【A340】}; [#ea0e6f03]
Airbus A340.~
~
1990年代、[[エアバス社>エアバス(企業)]]が初めて開発した[[四発>多発機]]の[[旅客機]]で、[[エンジン]]の数([[双発>双発機]]・4発)と胴体の長さ、その他の細かい点を除けば、[[A330]]と共通する部分が多い。~
1990年代、[[エアバス社>エアバス(企業)]]が初めて開発した[[四発>多発機]]の[[旅客機]]で、[[エンジン]]の数([[双発>双発機]]・四発)と胴体の長さ、その他の細かい点を除けば、[[A330]]と共通する部分が多い。~
[[コックピット]]は[[A320]]同様[[フライバイワイヤー]]、[[サイドスティック]]を導入し、レイアウトが[[A320]]ファミリーや[[A330]]とほとんど共通しているため、訓練の時間や費用を大きく削減することができる。~
~
[[エアバス>エアバス(企業)]]としては、[[ETOPS]]による制約から陸上の中・長距離[[フライト]]を運航するユーザーには双発の[[A330]]を、洋上(特に太平洋・大西洋線)の長距離[[フライト]]を運航するユーザーには(四発エンジンの信頼性を売りに)本機を重点的に販売してきたが、近年はエンジン自体の信頼性向上で[[双発機]]の[[航続距離]]が伸びており、本機は急速に立ち位置を失った。~
~
それでも([[B747]]を導入するほどの需要がない)長距離路線を運航するユーザーを中心に販売は続けられたが、2011年に生産終了。合計377機の生産に終わった。~
~
日本では[[全日本空輸]]が5機を発注していたがキャンセルしたため、日本での運用はなかった((ただし、コンポーネントの一部は日本企業([[新明和工業]]など)が生産していた。))。

**スペックデータ [#ode777c8]
|CENTER:形式|CENTER:-200|CENTER:-300|
|CENTER:乗員|>|CENTER:2名([[機長]]・[[副機長]])|
|CENTER:基本座席数&br;(3クラス)|CENTER:261名|CENTER:295名|
|CENTER:全長|CENTER:59.4m|CENTER:63.6m|
|CENTER:全高|>|CENTER:16.7m|
|CENTER:全幅|>|CENTER:60.3m|
|CENTER:[[キャビン]]幅|>|CENTER:5.28m|
|CENTER:[[主翼]]面積|>|CENTER:361.6|
|CENTER:[[後退角]]|>|CENTER:30°|
|CENTER:無荷重量|CENTER:129,000kg|CENTER:129,275kg|
|CENTER:最大離陸重量|CENTER:275t|CENTER:271t|
|CENTER:貨物室&br;容量|CENTER:100.2m³|CENTER:162.8m³|
|CENTER:[[燃料]]搭載量|CENTER:155,040リットル|CENTER:141,500リットル|
|CENTER:[[エンジン]]|>|CENTER:CFMインターナショナル[[CFM-56]][[ターボファン]]×4基&br;(-5C2/C3/C4/C4P)|
|CENTER:エンジン[[推力]]|CENTER:138.78kN(CFM56-5C2)&br;144.57kN(CFM56-5C3)&br;151.25kN(CFM56-5C4)|CENTER:138.78kN(CFM56-5C2)&br;144.57kN(CFM56-5C3)&br;151.25kN(CFM56-5C4)&br;149.9kN(CFM-56-5C4P)|
|CENTER:貨物搭載数|CENTER:LD3コンテナ×18&br;パレット×30|CENTER:LD3コンテナ×30&br;パレット×10|
|CENTER:巡航速度|>|CENTER:[[マッハ]]0.82|
|CENTER:[[離陸]]滑走距離&br;(最大離陸重量時)|CENTER:2,990m|CENTER:3,000m|
|CENTER:巡航高度|>|CENTER:11,887m|
|CENTER:[[航続距離]]|CENTER:14,800km|CENTER:13,500km|
~
|CENTER:形式|CENTER:-500|CENTER:-600|
|CENTER:乗員|>|CENTER:2名([[機長]]・[[副機長]])|
|CENTER:基本座席数&br;(3クラス)|CENTER:313名|CENTER:380名|
|CENTER:全長|CENTER:67.9m|CENTER:75.30m|
|CENTER:全高|>|CENTER:17.1m|
|CENTER:全幅|>|CENTER:63.45m|
|CENTER:[[キャビン]]幅|>|CENTER:5.28m|
|CENTER:[[主翼]]面積|>|CENTER:439.4|
|CENTER:[[後退角]]|>|CENTER:31.1°|
|CENTER:無荷重量|CENTER:170,400kg|CENTER:177,000kg|
|CENTER:最大離陸重量|CENTER:365t|CENTER:366t|
|CENTER:貨物室容量|CENTER:153.9m³|CENTER:207.6m³|
|CENTER:[[燃料]]搭載量|CENTER:214,810リットル|CENTER:194,880リットル|
|CENTER:[[エンジン]]|>|CENTER:ロールス・ロイス [[トレント553/556>トレント(エンジン)]]ターボファン×4基|
|CENTER:エンジン[[推力]]|>|CENTER:236kN(トレント553)&br;249kN(トレント556)|
|CENTER:貨物搭載数|CENTER:LD3コンテナ×32&br;パレット×11|CENTER:LD3コンテナ×42&br;パレット×14|
|CENTER:巡航速度|>|CENTER:マッハ0.83|
|CENTER:[[離陸]]滑走距離&br;(最大離陸重量時)|CENTER:3,050m|CENTER:3,100m|
|CENTER:巡航高度|>|CENTER:11,887m|
|CENTER:[[航続距離]]|CENTER:16,000km|CENTER:13,900km|



**A340の派生型 [#i46e8212]
[[A330]]/A340ファミリーとして次のものがラインナップされている。~
-A340-200:~
3クラス仕様で261席の基本型。~
~
-A340-300:~
3クラス仕様で295席の胴体延長型。~
~
-A340-8000:~
A340-200に[[燃料]]タンクを追加した[[航続距離]]延長型。1機のみ生産。~
8,000[[海里]](14,800km)を飛行可能とする。~
~
-A340-500:~
3クラス仕様で313席の航続距離延長型。~
約16,000kmの[[航続距離]]を持ち、[[A330]]/A340ファミリーでは最も[[航続距離]]が長い。~
~
-A340-600:~
3クラス仕様で380席の胴体延長型。~
全長約75.3mと、[[旅客機]]では最も全長が長い((2009年11月に[[ボーイングB747-8>B747-8]](貨物型)がロールアウトするまで、民間航空機では世界最長であった。))。~
~

IP:153.190.174.16 TIME:"2019-06-30 (日) 11:32:33" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/75.0.3770.100 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS