*&ruby(えーさん){【A-3】}; [#t656f73c]
Douglas A3D/A-3 &ruby(スカイウォーリア){Skywarrior};.~
~
1950年代、アメリカの[[ダグラス・エアクラフト>ダグラス]]が開発・生産し、[[アメリカ海軍]]に納入された大型[[艦上攻撃機]]。~
~
本機はもともと、当時大きくて重かった[[核兵器]]を[[航空母艦]]で運用する[[プラットフォーム]]として、[[ノースアメリカン]]社の「[[AJ(A1J)『サヴェージ』>AJ]]」とともに開発がすすめられていた機体であった。~
海軍より提示されたスペックは「航空母艦より運用可能な、核爆弾の搭載を前提とした4.5tの[[爆弾搭載能力>ペイロード]]を持ち、3,700kmの[[戦闘行動半径]]を持つ艦上攻撃機」というものであったが、ノースアメリカン社の「XA2J『スーパーサヴェージ』」との競争試作の結果、本機が正式な開発契約を勝ち取り、開発が始まった。~
~
[[後退翼]]に2基の[[ターボジェット]][[エンジン]]を搭載した本機は、1952年10月28日に[[初飛行]]して高い性能を示し「YA3D-1」として採用が決定。~
続いて生産された量産型は1956年から部隊配備が開始され、SCB-27A改装を受けた[[「エセックス」級>エセックス]]や更に大型化した[[ミッドウェイ級>ミッドウェイ]]・[[フォレスタル級>フォレスタル]]などに搭載された。~
しかし、1961年にはより高速を出せる[[A3J「ビジランティ」>A-5]]のデビューに伴って早くも生産が終了。同時に核攻撃任務からも外された。~
また、1962年には[[機体命名法]]の変更に伴い「A-3」と改められている。~
~
その後の本機は、[[核兵器]]搭載のために確保された大きな[[ペイロード]]を活かし、[[電子戦機]]や[[空中給油機]]などに改修されて長く使われ、最後の機体が退役したのは1991年のことであった。~
また、[[空軍>アメリカ空軍]]でも[[軽爆撃機>爆撃機]]・「B-66『デストロイヤー』」として採用された。~
~
[[ベトナム戦争]]にも投入され、主に[[機雷]]投下任務に使用された。~
~
**スペックデータ [#ue17a6f2]
|>|CENTER:''A3D-2/A3B''|
|乗員|3名|
|全長|23.27m|
|全高|6.95m|
|翼幅|22.10m|
|翼面積|75.4|
|空虚重量|17,836kg|
|積載重量|31,750kg|
|最大離陸重量|37,195kg|
|[[エンジン]]|[[P&W>プラット&ホイットニー]][[J57-P-10>J57]][[ターボジェット]]×2基|
|[[推力]]|46.7kN([[ドライ>ドライ推力]])/55.3kN(水注入時)|
|[[推力]]|46.7kN([[ドライ>ミリタリー推力]])/55.3kN(水注入時)|
|速度&br;(最大/巡航)|982km/h / 837km/h|
|[[航続距離]]|3,380km|
|[[上昇限度]]|12,495m|
|[[翼面荷重]]|421kg/|
|固定武装|イスパノ・スイザ[[M3L>HS.404]] 20mm[[機関砲]]×2門(尾部[[ターレット>砲塔]]、後に撤去)|
|兵装|胴体内に通常爆弾や戦術核爆弾を5,800kgまで搭載可能。&br;[[Mk.82 500ポンド爆弾>Mk.80シリーズ]]×12発&br;[[Mk.83 1000ポンド爆弾>Mk.80シリーズ]]×6発&br;1,600ポンド爆弾×8発&br;2,000ポンド爆弾×4発&br;自由落下型[[核爆弾>核兵器]]×1発|
~
|>|CENTER:''B-66「デストロイヤー」''|
|乗員|3名|
|全長|22.9m|
|全高|7.2m|
|翼幅|22.1m|
|翼面積|72.5|
|空虚重量|19,300kg|
|積載重量|26,200kg|
|最大離陸重量|38,000kg|
|[[エンジン]]|アリソンJ71-A-11またはJ71-A-13[[ターボジェット]]×2基|
|[[推力]]|45kN|
|最高速度|1,020km/h|
|[[戦闘行動半径]]|1,500km|
|フェリー[[航続距離]]|3,970km|
|[[上昇限度]]|12,000m|
|[[上昇率]]|25m/s|
|[[推力重量比]]|0.35|
|[[翼面荷重]]|361.4kg/|
|固定武装|イスパノ・スイザ[[M24>HS.404]] 20mm[[機関砲]]×2門(尾部[[ターレット>砲塔]])|
|兵装|胴体内に通常爆弾や戦術核爆弾を6,803.9kgまで搭載可能。|
~
**バリエーション(カッコ内は生産・改修機数) [#cd986e95]
-XA-3A/XA3D-1(2機):~
[[ウエスチングハウス]]J40エンジンを搭載する原型機。~
~
-YA-3A/YA3D-1(12機((XA3D-1よりの改修型も含む。))):~
先行量産型。P&W J57-P-6エンジンを装備。~
~
--YRA-3A/YA3D-1P(YA-3Aから1機):~
写真偵察型の試作機。~
~
--YEA-3A/YA3D-1Q(YA-3Aから1機):~
電子戦(電波妨害)型の試作機。~
~
-A-3A/A3D-1(50機):~
初期生産型。~
~
--TA-3A/A3D-1T:~
訓練機型。~
~
-A-3B/A3D-2(164機):~
全天候作戦能力を追加した機体。~
エンジンはJ57-P-10に換装している。~
~
--KA-3B(B型83機、EKA-3B×11機):~
[[空中給油機]]型。~
~
--NA-3B(B型2機):~
試験機型。~
~
--EKA-3B(B型8機、KA-3B×34機((31機の資料もあり。))):~
電子戦・空中給油兼用型。~
~
-YRA-3B/YA3D-2P:~
写真偵察型の試作機。~
~
--RA-3B/A3D-2P(30機):~
写真偵察型。~
~
---ERA-3B(RA-3Bより8機):~
電子戦型。~
~
---NRA-3B(RA-3Bより6機):~
試験機型。~
~
-EA-3A/A3D-1Q(YA-3Aから4機):~
[[電子戦]](電波妨害)型。~
~
-EA-3B/A3D-2Q(25機):~
電子妨害([[情報収集>ELINT]])型。~
[[爆弾倉>ウェポンベイ]]を与圧キャビンに改修している。~
~
--VA-3B(EA-3Bより1機):~
VIP輸送機型。爆弾倉に与圧式旅客キャビンを設置した。~
~
-TA-3B/A3D-2T(12機):~
爆撃手/[[航法士>航空士]]訓練型。~
~
--NTA-3B(TA-3Bより1機):~
試験機型。~
~
--UA-3B(TA-3Bより7機):~
汎用輸送機型。~
~
-B-66B「デストロイヤー」(72機):~
空軍向け軽爆撃機型。~
~
--RB-66A(5機):~
空軍向け写真偵察型。実質は試作機。~
~
--RB-66B(145機):~
空軍向け写真偵察型の生産モデル。~
~
--EB-66B(RB-66Bより13機):~
電子戦機型。~
~
--RB-66C(36機):~
空軍向け電子戦/電子偵察機型。オペレーター4人が搭乗。~
~
---EB-66C:~
RB-66Cを改称したもの。~
~
--WB-66D(36機):~
空軍向け天候偵察機型。オペレーター2名搭乗。~
~
--EB-66E(RB-66Bより55機):~
[[電子戦機]]型。~
~
--X-21:~
[[NASA]]で使用されていた層流制御実験機。WB-66Dがベース。~
主翼変更のために大きく膨らんだ背面が特徴。~
~

IP:114.161.18.168 TIME:"2017-05-07 (日) 11:39:47" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/58.0.3029.96 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS