*&ruby(ごごうせんしゃ){【5号戦車】}; [#ja3f5296]
Sd.Kfz.171 5号中戦車"&ruby(パンター){Pnther};"~
~
[[第二次世界大戦]]におけるドイツの代表的な[[中戦車]]。~
バルバロッサ作戦に於いて出現した「[[T-34>T-34(戦車)]]」や「KV-1」と言った強力なソ連戦車に対抗する為、強力な砲を搭載し高い防御力を備える[[戦車]]が是が非でも必要である、として1941年11月から開発され、1942年11月に採用された。~
//パンテルは単に日本語読みです。英語ではパンサーってそれは当たり前。
~
T-34を凌駕するために火力、重装甲を兼ね備え、尚かつ重量30t以内という思想で開発されたが、重量44tと結局超過してしまい、650馬力という比較的強力な[[エンジン]]を備えていたが、トランスミッション等の走行装置に不具合を抱えてしまった。~
~
だが、戦況がその不具合を改修するための時間を許さず、そのままの状態で5号戦車「パンターD型」として採用、クルスクでの戦い(チタデレ攻勢)投入されたのだが、その殆どが駆動系を故障、燃料漏れによる火災で2両全焼とさんざんなデビューとなった。~
だが、戦況がその不具合を改修するための時間を許さず、そのままの状態で5号戦車「パンターD型」として採用、クルスクでの戦い(チタデレ攻勢)に投入されたのだが、その殆どが駆動系を故障、燃料漏れによる火災で2両全焼とさんざんなデビューとなった。~
~
だが、その後改良したA型、G型、F型は期待通りの性能を発揮し、特に搭載されたKwK42/L70 70口径75mmの主砲は111mmの装甲を1,000mm先から貫通でき、命中率も高い為、遠距離から[[連合国軍>連合国(第二次世界大戦)]]戦車を易々と撃破する事が可能であった。~
防御の面でも基本的な車体構造はそれまでのドイツ戦車と同じ、[[圧延均質鋼板>鉄]]の溶接構造だが装甲を傾斜させた、いわゆる[[避弾径始]]の概念を初めて取り入れ、本車の美しい外見は、形状の見本となったソ連戦車の様な泥臭さが無く、また、今までの無骨なドイツ戦車とは一線を画している。~
~
防御は優れてはいたが、どちらかというと[[砲塔]]偏重の傾向があり、それに比べると車体側はやや弱装甲で、特に車体側面下部は[[対物ライフル]]でも貫通する事が可能であったと言われる。~
乗員は[[砲塔]]に車長、装填手、砲手、車体側に通信士兼機関銃士、操縦士の計5名。~
~
なお、5号戦車には「パンター2」と呼ばれる[[6号戦車]]B型と部品を共通化し、且つ防御力の強化を目指した発展型の計画があったが、5号戦車でも十分に戦えることが判明し、結局開発はされなかった。~
~
関連:[[エルンスト・バルクマン]]~
~
**スペックデータ [#v5df65a1]
|乗員|5名|
|全長|8.66m|
|車体長|6.87m|
|全高|2.85m|
|全幅|3.27m|
|重量|44.8t|
|懸架方式|ダブルトーションバー方式|
|エンジン|マイバッハ HL230P30 [[水冷>液冷エンジン]]4ストロークV型12気筒ガソリンエンジン(出力700馬力(520kW))|
|速度|55km/h(整地)&br;33km/h(不整地)|
|[[行動距離>航続距離]]|250km|
|武装|KwK.42 L/70 70口径75mm砲×1基(79発)&br;MG34 7.92mm機関銃×2挺(4,200発)|
|[[装甲]]|11mm 傾斜11°([[砲塔]]前面)&br;45mm 傾斜25°([[砲塔]]後・側面)&br;80mm 傾斜55°(車体前面)&br;40mm 傾斜40°(車体側面)&br;40mm 傾斜30°(車体後面)|

**各型式(アルファベット順ではない事に注意) [#fe751464]
-D型(842両):~
初期量産型。~
武装は70口径75mm KwK.42/L70、7.92mm×1挺。~
エンジンは第250号車まではマイバッハHL210 P30(出力650PS/3000rpm)が搭載されている。~
~
-A型(約2,200両):~
D型の改良型。~
新型[[キューポラ]]・ボールマウント式機銃架を装備、若干の構造変更、変速機を変更し駆動系の信頼性向上。他はD型と同一。~
~
-G型(3,100両(2,953両説もあり)):~
最多生産モデル。防御力向上の為、開口部が減少し側面装甲が強化された。~
[[ヤーボ]]対策のため、上部装甲厚も強化。~
後期型は[[ショットトラップ]]回避のため、[[砲塔]]防盾に「あご」状の張り出しを付けている。~
後はA型と基本的に同じ。~
~
-F型:~
[[前面投影面積]]を減少且つ装甲厚を増やし(120mm)、[[砲塔]]防盾をザウコフ型防盾に変更した小防弾型[[砲塔]]「シュマールトゥルム(パンター2用[[砲塔]])」に変更。~
試作1両のみ。~
~
**派生型 [#x614fe1b]
-PzBefWg 7.5cmKwK42:~
無線装備を充実させた指揮戦車。主砲はそのまま搭載されている。~
~
-PzBeobWg Panther:~
[[砲兵]]用観測戦車。主砲はダミー砲身に換装され、ダミー砲身横に機銃が装備された。~
~
-PzBergeWg Panther:~
車台を利用した戦車回収車。上部構造物は木製の箱形となった。~
~
-PzKpfw Panther II:~
超重装甲を施した後継型。計画のみ。~
~
~

IP:114.161.18.168 TIME:"2019-01-03 (木) 19:29:12" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/71.0.3578.98 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS