*&ruby(せんげきなな){【殲撃7】}; [#z8ee7fb1]
中国国産の[[超音速]][[戦闘機]]。~
中国語では殲-7(殲撃7)を「ジエン・チー」と呼ぶ。また、「J-7」や「F-7」とも言う。~
~
本機は旧ソ連(ロシア)の[[MiG-21]]を[[コピー>チャイニーズコピー]]したもので、オリジナル[[MiG-21]]の基本性能の良さと、中国初の[[マッハ]]2級超音速[[戦闘機]]と言うこともあり、中国独自の発展型が数多く作られた。~
~
基本的な性能は[[MiG-21]]と大して変わりがないが、初期型の殲撃7I型は、30I型30mm[[機関砲]]を2門装備し、国産の成都 渦噴13(WP-13・A/B64.7kN)を搭載した事によりエンジン推力は5%向上している。これらが[[MiG-21]]との違いである。~
本機は2500機以上が生産され、中国空軍・海軍で使用されている他、後述の通りアジア・アフリカ各国へも輸出されている。~
輸出型には、使用国ユーザーの要望で搭載機器の一部(計器類、[[射出装置>射出座席]]、通信機材等)が西側の製品に転換されているものもある。~
~
また、[[湾岸戦争]]や[[イラン・イラク戦争]]などの実戦にも使われた。(結果は[[MiG-21]]と一緒で惨敗であった。)~
また、[[湾岸戦争]]や[[イラン・イラク戦争]]などの実戦にも使われた(結果は[[MiG-21]]と同様、惨敗であった。)。~
~
本機は、今後も海外への売り込みを続けると思われるが、次世代の[[戦闘機]]に比べると能力がかなり落ちている。~
本機は今後も海外への売り込みを続けると思われるが、次世代の[[戦闘機]]に比べると能力がかなり劣っている。~
しかし、価格的に新鋭機を買う余裕が無い国にとっては、お手ごろの値段となっている。~
~
**開発の経緯 [#id618791]
本機は前述の通り、MiG-21をベースとして開発されたが、その経緯は複雑であった。~
~
当初、本機は[[ライセンス生産]]機として開発がはじまった。~
1961年、その第一段階として、生産技術を習得するためにMiG-21の[[ノックダウン生産]]契約がソ連との間で締結された。~
しかし、計画が起動した初期に中ソ関係が悪化し、ロシア人技術者が全員帰国してしまう。~
中国技術陣は、不完全な形で残された技術資料から[[リバースエンジニアリング]]を行い、原型機の生産にまでこぎつけた。~
~
そして1966年に原型機が初飛行したが、その直後に文化大革命が勃発。~
この政変で、エリートや知識人層に対する大規模な追放が行われ、その結果、航空産業を含めた中国の工業技術は長期間の停滞を余儀なくされた。~
~
こうしたさまざまな事件に巻き込まれたことにより、量産第1ロットの生産開始は1968年、中国空軍で最初の実戦部隊が編成完結したのは1972年と大幅に遅延してしまった。~
>因みに南昌飛機製造公司が開発した[[J-12>殲撃12]]は、当機の就役の遅れを補う目的で開発されたが低性能だったため、結局物にならなかった。

#ref(J-7E.jpg)

Photo:Chinese Defence Today

関連:[[MiG-21]]

**主な採用国 [#dc9decf4]
中国、北朝鮮、ミャンマー、バングラデシュ、スリランカ、パキスタン、タンザニア、スーダン、ジンバブエ、イラク、エジプト、イエメン、イラン、アルバニア、ナイジェリア
~
**性能諸元[#v502c778]
|CENTER:タイプ|CENTER:''殲撃7&br;(J-7)''|CENTER:''殲撃7I&br;(J-7I)''|CENTER:''殲撃7II&br;(J-7II)''|CENTER:''殲撃7E&br;(J-7E)''|
|CENTER:乗員|>|>|>|CENTER:[[パイロット>エビエーター]]1名|
|CENTER:全長|>|CENTER:14.945m|CENTER:14.89m|CENTER:13.95m|
|CENTER:全高|>|CENTER:4.103m|>|CENTER:4.11m|
|CENTER:翼幅|>|>|CENTER:7.154m|CENTER:8.32m|
|CENTER:翼面積|>|>|CENTER:23|CENTER:24.88|
|CENTER:空虚重量|CENTER:-|CENTER:5,068kg|CENTER:5,375kg|CENTER:5,292kg|
|CENTER:離陸重量&br;(通常/最大)|CENTER:-|CENTER:-/7,850kg|CENTER:7,531kg/-|CENTER:7,540kg/9,100kg|
|兵装搭載量|>|>|CENTER:1,000kg|CENTER:1,400kg|
|機内燃料搭載量|>|>|>|CENTER:2,385L|
|機外燃料搭載量&br;([[増槽]]搭載時)|>|>|CENTER:1,800L|CENTER:1,780L|
|~|>|>|CENTER:(800L×1基 + 500L×2基&br;または&br;500L×3基)|CENTER:(800L×1基+480L×2基&br;または&br;500L×3基)|
|CENTER:[[エンジン]]|>|>|>|CENTER:[[ターボジェット]]×1基|
|~|CENTER:成都 渦噴7B&br;(WP-7B)|CENTER:成都 渦噴7&br;(WP-7)|CENTER:成都 渦噴7B&br;(WP-7B)|CENTER:成都 渦噴13F&br;(WP-13F)|
|CENTER:出力&br;(通常/[[A/B>アフターバーナー]])|CENTER:43.15kN/59.83kN|CENTER:38.90kN/49.20kN|CENTER:43.15kN/59.83kN|CENTER:4,400kg/6,500kg|
|CENTER:最高速度|CENTER:[[マッハ]]2.04|CENTER:1,200km/h|>|CENTER:マッハ2.04|
|CENTER:最高速度&br;(地表高度)|CENTER:1,200km/h|>|CENTER:-|CENTER:1,200m/h|
|CENTER:[[航続距離]]&br;(最大/実用)|>|CENTER:-/1,740km|CENTER:2,230km/1,740km|CENTER:2,200km/1,250km|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|>|CENTER:18,800m|CENTER:18,200m|CENTER:17,500m|
|CENTER:最大上昇力|>|CENTER:9,000m/min|10,800m/min|11,700m/min|
|CENTER:最大[[G]]|>|CENTER:7G|>|CENTER:8G|
|CENTER:固定武装|CENTER:30I型30mm[[機関砲]]×1門&br;(装弾数60発)|>|>|CENTER:30I型30mm[[機関砲]]×2門&br;(装弾数60発)|
|[[ハードポイント]]|>|>|>|CENTER:2箇所|
|CENTER:[[AAM>空対空ミサイル]]|>|>|CENTER:[[霹靂2/2A>霹靂2]]、[[霹靂5B>霹靂5]]、[[霹靂7]]×2発|CENTER:[[霹靂2/2A>霹靂2]]、[[霹靂5]]、[[霹靂7]]、[[霹靂9]]&br;×2発&br;[[R-550]]または[[AIM-9P>AIM-9]]×4発|
|CENTER:[[爆弾]]|>|>|CENTER:500kg(250-/100-/50)|CENTER:500kg×2発&br;または&br;250kg×4発&br;または&br;100kg×10発|
|CENTER:[[ロケット弾]]|>|>|CENTER:55mmロケット弾×18発&br;または&br;90mmロケット弾×7発|CENTER:ロケット弾ポッド×2〜4基&br;HF-7C(57mm×18発)&br;90I式(90mm×7発)|

**殲撃7の主な種類 [#hf9236fe]
-殲撃7(J-7):~
[[MiG-21F-13>MiG-21]]に準じた初期型。12機製作。~
~
-殲撃7I(J-7I):~
成都による初期生産型で、1門だった30I型30mm機関砲を2門にした[[昼間戦闘機]]型。~
少数生産。~
~
-F-7A:~
J-7I型の輸出型。~
エンジンを渦噴7から渦噴7Bに換装している。~
アルバニアとタンザニアに輸出された。~
~
-殲撃7II(J-7II):~
J-7I型の改良型。~
[[キャノピー]]を再設計し[[射出座席]]を装備したほか、エンジンを渦噴7Bに換装、機内燃料タンクを増設などが行われている。~
人民解放軍空軍の主力となった他、同海軍にも配備されている。~
~
-F-7B:~
J-7II型の輸出型。~
[[AIM-9]]や仏製[[R-550]][[AAM>空対空ミサイル]]を運用できる。~
エジプト、イラク、スーダンに輸出された。~
~
-殲撃7IIA(J-7IIA):~
J-7II型の改修型。~
[[FCS>火器管制装置]]等の[[アビオニクス]]は西側製の物を搭載し[[ピトー管]]が機種下面から同上面に移設された。~
~
-F-7M:~
J-7IIA型の改良輸出型。~
バングラデシュ(F-7MB)、イラン(F-7N)、ミャンマー、ジンバブエに輸出された。~
~
-F-7IIN:~
F-7M型の改良型。JL-7Aレーダーを搭載している。~
ジンバブエに輸出された。~
~
-F-7B:~
輸出型。~
[[AIM-9]]・[[R-550]][[AAM>空対空ミサイル]]の運用が可能。~
北朝鮮、イラク、エジプト、スーダンへ輸出された。~
~
-F-7BS:~
J-7IIA型の輸出型。~
中国製アビオニクスを装備するが、[[HUD]]は未装備。~
戦力増強のためにスリランカに輸出された。~
~
-F-7NI:~
ナイジェリアへの輸出型。~
~
-Super-7(超七):~
米グラマン社と共同の改修計画。天安門事件により中止。~
のちに[[FC-1(JF-17)>FC-1]]へと発展。~
~
-殲撃7IIH(J-7II):~
J-7II型の対地攻撃能力強化型。~
~
-F-7M「エアガード」:~
F-7IIA型ベースの改良輸出型。~
主に[[射出座席]]をさらに改善し、[[ハードポイント]]を4ヶ所に増設した型。~
バングラデシュ(F-7MB)、イラン(F-7N)、ミャンマー、ジンバブエ、イエメン共和国に輸出されている。~
~
-F-7P「エアボルト」:~
M型のパキスタン空軍型。~
[[AIM-9「サイドワインダー」>AIM-9]][[AAM>空対空ミサイル]]を4発搭載できる。~
~
-F-7MP「エアボルト」:~
P型の改良型。~
各種新型[[アビオニクス]]を搭載し、多種多様な兵装を搭載できるように、[[パイロン]]を2個増加、後方視界用[[リアビューミラー]]を搭載している。~
~
-殲撃7III(J-7C):~
[[Mig-21MF>MiG-21]]相当の改良型で全天候作戦能力を持つ。~
性能不良で少数のみ生産。~
~
-殲撃7IIIA(J-7D):~
J-7III型の改良型。~
性能不良で少数のみ生産。2011年11月27日に全機が退役。~
~
-殲撃7E(J-7E):~
J-7IIの改良型で中国空軍向け。~
[[主翼]]を[[ダブルデルタ翼]]に全面改修し、電子装備を改良。~
全天候運用能力を持つ。~
~
-殲撃7EH(J-7EH):~
J-7Eの海軍航空隊向け改修型。~
洋上飛行に備えて機体やエンジンの各部に防錆防塩処理が施されている。~
~
-殲撃7EB(J-7EB):~
J-7E型ベースのアクロ機。~
中国空軍のアクロバットチーム「[[空中儀仗隊]]」に配備された。~
~
-F-7MG:~
J-7Eの輸出型。~
~
-F-7PG:~
J-7MGのパキスタン空軍型。~
[[0-0射出座席>射出座席]]、[[ECM]]装置等を備える。~
~
-殲撃7FS(J-7FS):~
エア・インテイクを下部に移し機首上面にレーダーを搭載したテスト機。~
~
-殲撃7G(J-7G):~
J-7Eの改良型。~
KLJ-6Eパルスドップラー・レーダーを装備。~
~
-F-7BG:~
J-7Gのバングラデシュ空軍型。~
~
-F-7BGI:~
F-7BGの発展型。~
2012年から運用予定。~
~
-F-7NM:~
J-7G型のナミビア空軍型。~
F-7NGの名称もある。~
~
-殲撃7GB(J-7GB):~
J-7Gベースのアクロ機。~
J-7EBに替わって「[[空中儀仗隊]]」に配備された。~
~
-殲教7(JJ-7):~
[[MiG-21U>MiG-21]]に準じた複座練習機型。~
ベース機体の違いにより数種類の派生型が存在する。~
~
-FT-7:~
JJ-7の輸出型。~
~
-殲教7A(JJ-7A/FT-7A):~
J-7A/F-7Aの複座練習機型。~
~
-殲教7B(JJ-7B/FT-7B):~
J-7B/F-7Bの複座練習機型。~
~
-殲教7M(JJ-7M/FT-7M):~
F-7Mの複座練習機型。~
~
-FT-7P:~
F-7Pの複座練習機型。~
23mm連装機関砲を装備するために胴体が延長されている。~
~
-FT-7PG:~
パキスタン向け輸出型。~
~
-FT-7NI:~
PG型のナイジェリア向け輸出型。~
~
-F-7MF:~
多目的戦闘機型。~
FC-1の輸出向け廉価版として開発されている。~
~
-F-7MS:~
レーダー試験機型。~
F-7MF用のレーダーをテストした。~
~

IP:223.132.215.214 TIME:"2018-02-20 (火) 18:45:12" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS