*&ruby(せんげきじゅうさん){【殲撃13】}; [#m63af9da]
+旧式化した[[殲撃6]]([[MiG-19]])を代替するために計画された[[戦闘機]]。~
1971年に第112航空廠((現在の瀋陽飛機工業集団有限公司。))所属の中国航空研究院601所((現在の瀋陽飛機設計研究所。))が開発を開始した。~
機体設計案は[[F-4]]や[[F-16]]の影響を受けており、主翼は下反角をつけた上翼を採用し、エンジンはツマンスキー(カチャツロフ)[[R-29-300>R-29]][[ターボファン]][[エンジン]]を[[リバースエンジニアリング]]によって国産化した渦噴15(WP-15)を搭載する予定であった。~
しかし、十分な信頼性を有する大推力のエンジンを得られなかった点や[[殲撃8]]の改良型である[[殲撃8II]]の方が実用化に要する経費や開発リスクの面において殲撃13よりも優れていると判断された事から1981年に計画中止になった。~

しかし、十分な信頼性を有する大推力のエンジンを得られなかった点や[[殲撃8]]の改良型である[[殲撃8>殲撃8II]]の方が実用化に要する経費や開発リスクの面において殲撃13よりも優れていると判断された事から1981年に計画中止になった。~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|乗員|[[パイロット>エビエーター]]1名|
|全長|17.48m|
|全高|N/A|
|全幅|10.4m|
|機体重量|11,660kg|
|[[エンジン]]|渦噴15(WP-15)[[ターボファン]]×1基&br;(ツマンスキー[[R-29-300>R-29]]の[[リバースエンジニアリング]]によって国産化したもの)|
|[[推力]]|8,290kg([[ドライ>ミリタリー推力]])&br;12,500kg([[A/B>アフターバーナー]]使用時)|
|[[推力重量比]]|1.07|
|最大速度|[[M>マッハ]]2.0〜2.4|
|[[航続距離]]|2,340km|
|作戦行動半径|600km|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|N/A|
|武装|[[機関砲]]、中/短距離[[AAM>空対空ミサイル]]等|
~
+中国空軍での[[Su-30MKK/MKK2/MKK3>Su-27]]を[[ライセンス生産]]した際の名称。~
~
[[MKK>Su-27]]は多少スペックダウンされており、性能的には[[Su-30MKI>Su-27]]以下だが、[[MKK2/MMK3>Su-27]]では同等の性能を持っていると思われる。~
~
ちなみに[[Su-30MKK2>Su-27]]以降は新型センサー([[M400偵察ポッド>M400]]等)を搭載すると、空中指揮所としても機能し、他の[[航空機]]10機と相互[[データリンク]]を管制する事が可能である。~
殲撃13は、[[殲撃11]]と同じように納入を3回に分けていて、第一期は2001年に[[空軍]]用向けの[[Su-30MKK>Su-27]]38機が納入、第二期は2002〜2003年にかけて同じく[[空軍]]用に28機が納入、そして第三期が2004年から[[空軍]]・[[海軍]]用に38〜40機納入される予定である。~
~
なお、機体と一緒にロシア製の[[Kh-59M「オーヴォトM(AS-18『カズー』)」>AS-18]]・[[Kh-29(AS-14『ケッジ』)>AS-14]][[空対地ミサイル]]、[[TV誘導爆弾>誘導爆弾]][[KAB-500Kr>KAB-500]]、[[Kh-31A(AS-17『クリプトン』)>AS-17]][[対レーダーミサイル]]、[[R-77(AA-12『アッダー』)>AA-12]]中射程[[空対空ミサイル]]・[[R-73(AA-11『アーチャー』)>AA-11]]短射程[[空対空ミサイル]]等も「抱き合わせセット」で輸出したと言う不特定情報がある。~
~
[[Su-30MKK2>Su-27]]に関しては2004年から(予定納入数は38機)[[海軍]]に第一バッチの12機が2004年3月に、第二バッチの12機が2004年8月に中国に引き渡された。~
これらの機体は空軍の訓練テストセンターと南京軍管区の第3、第29戦闘機師団、広州軍管区の第18戦闘機師団に、また海軍のSu-30MKK2は東海艦隊の第4戦闘機師団に配備されている。~
~
現在開発中である[[Su-30MKK3>Su-27]]は捜索距離300kmの新型アクティブ・フェイズドアレイ・レーダーを装備し、エンジンも[[AL-31]]の改良型が搭載される予定だが、納入時期は未定である。~
~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|乗員|2名|
|全長|21.94m|
|全高|6.36m|
|全幅|14.70m|
|重量|17,700kg|
|[[エンジン]]|サトゥールン・リューリカ [[AL-31F>AL-31]][[ターボファン]]([[推力]]122.6kN([[A/B>アフターバーナー]]) ×2基|
|最大速度|M2.0|
|[[戦闘行動半径]]|1,500km|
|[[上昇限度]]|17,300m|
|固定武装|[[GSh-301 30mm機関砲>GSh-301]]×1門|
|兵装|[[空対空ミサイル]]:[[R-77(AA-12「アッダー」)>AA-12]]、[[R-27(AA-10「アラモ」)>AA-10]]、[[R-73(AA-11「アーチャー」)>AA-11]]&br;[[空対地ミサイル]]:[[Kh-59(AS-13「キングボルト」)>AS-13]]、[[Kh-29(AS-14「ケッジ」)>AS-14]]&br;[[空対艦ミサイル]]:[[Kh-31A(AS-13「クリプトン」)>AS-17]]&br;[[対レーダーミサイル]]:[[鷹撃91(YJ-91/Kh-31P/AS-17C「クリプトン」)>YJ-91]]&br;爆弾/ロケット弾:KAB-500Kr[[TV誘導>可視光誘導]]爆弾等|
~
#ref(J-13.jpg)
Photo スホーイ HP

IP:153.190.174.16 TIME:"2020-03-24 (火) 18:08:13" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/80.0.3987.149 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS