// 文脈を無視して自衛隊に関する豆知識を混入するのはご遠慮ください。
// 【旅団】の定義を解説するに際して、自衛隊だけの局地的な事情は論旨から外れています。

*&ruby(りょだん){【旅団】}; [#z6cf502e]
Brigade.~
~
[[陸軍]]の編制上の[[部隊]]単位の一つ。~
~
国際的に見て一定と言える原則はないが、おおむね[[師団]]より小さく、[[連隊>部隊]]よりは大きい。~
おおむね下限は1,500人、上限は6,000人程度とされる。~
指揮官の[[階級]]は[[少将]]・[[准将]]・大佐のいずれか。この点でも各国ごとに制度が一定しない。

**制度上の意義 [#w61cb426]
「旅団」という語は「数千人程度の兵士の集合」程度の意義であり、なぜ、なんのために集合したのかという含意はない((このため、[[ゲリラ]]や[[テロリスト]]が自らの組織を「旅団」と名乗る例もままある。))。~
「旅団」という語は「数千人程度の兵士の集合」程度の意義であり、なぜ、なんのために集合したのかという含意はない。~
従って、意図に応じて様々なタイプ・様々な目的の「旅団」が存在する。

:師団内の旅団|師団と連隊を繋ぐ指揮系統上の連結部として旅団を設ける場合がある。~
この場合、典型的には2個歩兵連隊を束ねて1個旅団、2個旅団を束ねた上で[[支援]]兵科を連ねて1個師団とする。~
ただし、[[第一次世界大戦]]以降の師団は直下に3個歩兵連隊を置く編成が多く、この種の旅団は近年見られない。~
:混成旅団/独立混成旅団((「混成」は[[支援]]・[[兵站]]部隊を内包する事を、「独立」は師団の管理下にない事を示す。))|師団の編成要件を満たすが、正規の師団と対等には戦えない比較的小規模な軍勢を「旅団」と称する場合がある。~
これは[[低強度紛争>紛争]]や治安維持を想定し、[[戦略]]的[[展開]]の早さを重視して編成される。~
近年では[[軍団>部隊]]の主力を大規模な[[師団]]で構成しつつ、1つか2つの混成旅団を加える事が多い。~
また、[[師団]]の概念を廃して[[軍団>部隊]]全体を混成旅団の集合で構成するケースも増えている((この傾向はヨーロッパ諸国、特にアメリカ以外の核兵器保有国に顕著。&br;  [[NATO>北大西洋条約機構]]の伸張に伴って蓋然性の低下した[[国家総力戦]]対策より、危急の[[テロリズム]]対策に軍事的資源を振り分けているものと推定される。))。~
:特科独立旅団|[[師団]]の要件を満たせない極端に偏った部隊編成を行い、「旅団」として組織する場合がある。~
これは[[砲兵]]・[[工兵]]や[[機甲部隊]]、その他の支援兵科に典型的で、[[軍団>部隊]]規模で部隊運用を行う際に見られることがある。~
[[師団]]の隷下において特定兵科を増強する特殊な師団編成を構成したり、必要に応じて他の[[師団]]の[[支援]]に投入される。~
:旅団戦闘団|軍によっては[[連隊>部隊]]をして「旅団」「旅団戦闘団」と称する事がある。~
これは通常、[[軍政]]上の都合で連隊制度を解体したのち、同等の機能を持った何かが必要とされた事を意味する。~
一般に単一兵科のみで構成される「連隊」と異なり、旅団戦闘団は独立した[[兵站]]機能を持つ。~
特に[[対ゲリラ戦>ゲリラ戦]]において、必要最小限の兵力のみを[[展開]]して応戦する事を企図する。~

:旅団ではないもの|[[ゲリラ]]や[[テロリスト]]においても、あるいは文化的な文脈でも、何らかの集団が「旅団(Brigade)」と称される例は多い。~
これは主に翻訳上の問題であり、組織構造を示す語(日本語でいう「隊」「団」など)を適切に英訳できないため「Brigade」とみなされる例が少なくない。~
あるいは、実態として数十名程度の小組織がハッタリとして旅団を名乗る場合もある(「[[師団]]」「軍団」「戦線」などと名乗る場合もある)。
IP:43.234.255.218 TIME:"2018-05-16 (水) 21:40:40" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:60.0) Gecko/20100101 Firefox/60.0"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS