*&ruby(ほまれ){【誉】}; [#p302c24f]
中島「誉」(ハ-45)~
~
[[中島飛行機>SUBARU]]が製作し、[[旧陸海軍>日本軍]]に納入した[[航空機]]用の[[空冷エンジン]]。~
誉は海軍での名称で、陸軍名称では「ハ-45」と呼ばれる。~
主な搭載機は[[紫電]]、[[紫電改]]、[[疾風]]、[[烈風]]、[[銀河>銀河(爆撃機)]]、[[流星]]など。~
主な搭載機は[[紫電]]、[[紫電改]]、[[疾風>四式戦闘機]]、[[烈風]]、[[銀河>銀河(爆撃機)]]、[[流星]]など。~
~
[[零戦>零式艦上戦闘機]]や[[隼>隼(戦闘機)]]等に搭載された[[栄]]エンジンをベースに、2,000馬力級のエンジンとして開発され、試作段階ではめざましい性能を発揮した。~
同クラスのエンジンとしては極めて小型・軽量であり、日本で作れた事自体が奇跡に近いエンジンであった。~
~
その高性能から、軍はこぞってこれを採用した。~
だが、いざ量産態勢に入ると精巧な作りが災いし、当時生産現場の第一線を占めていた動員学徒などの臨時工の手に負えず粗製濫造されてしまい、また、粗悪なガソリンや油脂類と相まって、所定の性能が全く発揮出来ず、搭載機の足を引っ張り続けた。~
~
戦後、本エンジンを搭載した陸軍の四式戦闘機「[[疾風]]」が、[[アメリカ軍]]の手で最大689km/hを記録し、その潜在的な高性能が証明された。~
だが、それは[[アメリカ軍]]の高い整備技術と良質なガソリンを使用することで達成できた記録であり、日本でその性能を発揮出来ないのでは何ら意味は無かった。~
~
結果として、本エンジンは1940年代の日本の工業技術力の優秀さと限界の両方を証明することになってしまった。~
~
**搭載機 [#pe02f14f]
-[[局地戦闘機]]「[[紫電(N1K1-J)>紫電]]」および「[[紫電改(N1K2-J)>紫電改]]」
-[[四式戦闘機「疾風」>疾風]](陸軍)
-[[四式戦闘機「疾風」>四式戦闘機]](陸軍)
-局地戦闘機「[[天雷(J5N)>天雷]]」(試作機)
-[[艦上戦闘機]]「[[烈風(A7M)>烈風]]」
-陸上爆撃機「[[銀河(P1Y)>銀河(爆撃機)]]」
-[[艦上攻撃機]]「[[流星(B7A)>流星]]」
-陸上攻撃機「[[連山(G8N)>連山]]」(試作機)
-艦上偵察機「[[彩雲(C6N)>彩雲]]」
~
**性能諸元 [#b5988dc8]
|CENTER:形式|CENTER:誉一一型&br;(ハ45-11)|CENTER:誉二一型&br;(ハ45-21)|
|CENTER:タイプ|>|CENTER:空冷星形複列18気筒(9気筒2列)|
|CENTER:全長|>|CENTER:1,690mm|
|CENTER:直径|>|CENTER:1,180mm|
|CENTER:乾燥重量|>|CENTER:830kg|
|CENTER:ボア×ストローク|>|CENTER:130mm×150mm|
|CENTER:排気量|>|CENTER:35,800cc|
|CENTER:圧縮比|>|CENTER:7.0|
|CENTER:バルブ挟み角|>|CENTER:75度|
|CENTER:[[過給器]]|>|CENTER:水エタノール噴射装置付き&br;遠心式[[スーパーチャージャー]]1段2速|
|CENTER:離昇出力|1,800HP/2,900rpm/+400mmHgブースト|2,000HP/3,000rpm/+500mmHgブースト|
|CENTER:公称出力|一速全開:&br;1,650hp/2,900rpm+250mmHgブースト&br;(高度2,000m)&br;二速全開:&br;1,460hp/2,900rpm+250mmHgブースト&br;(高度5,700m)|一速全開:&br;1,860hp/3,000rpm+350mmHgブースト&br;(高度1,750m)&br;二速全開:&br;1,620hp/3,000rpm+350mmHgブースト&br;(高度6,100m)|
~
**バリエーション [#h661d51f]
-海軍型~
--誉一一型(ハ45-11/NK9B):~
初期生産型。疾風(初期生産型)に搭載。~
冷却フィンは砂型鋳造方式で製作されていた。~
水エタノール噴射装置の噴射位置がスロットルの直前(キャブレター内)にあった。~
~
--誉一二型(ハ45-12):~
11型の[[過給器]]の減速比を変更し性能向上を図った型。銀河と流星に搭載。~
水メタノール噴射位置が過給機翼車内に移された。~
~
--誉二一型(ハ45-21/NK9H):~
一一型の改良型で、回転数・ブースト圧を上げて出力を200馬力に向上させた最多量産型。~
水メタノール噴射装置は過給機インペラ背後に噴射する方式に改められた。~
この型より、冷却フィンは植え込みひれ方式を採用した(後期生産型はブルノー方式)。~
紫電、紫電改、彩雲、疾風といった実用機に搭載された。~
~
--誉二二型(ハ45-22/NK9K):~
21型の[[プロペラ]]減速比を変更し、強制冷却ファンを装備した型。~
彩雲の試作機などに搭載された。~
~
--誉二三型(ハ45-23/NK9H-S):~
21型に中島式低圧[[燃料]]噴射方式を採用した型。~
[[紫電三二型>紫電]]に搭載試験中に終戦を迎えた。~
~
--誉二四型(ハ45-24/NK9K-S):~
22型に低圧燃料噴射装置を搭載した型。~
~
--誉二四ル型(ハ45-24ル/NK9K-L):~
24型に[[排気タービン]][[過給器]]を追加した型。試製彩雲改に搭載。~
~
--誉二五型(ハ45-25):~
過荷重に対応してクランクシャフトの形状を改善した型。試験中に終戦を迎える。~
~
--誉二六型(ハ45-26):~
プロペラ減速機構にVDM方式を採用した型。試作のみ。~
~
--誉三一型(ハ45-31/NK9K-O):~
出力向上(離昇2,200hp)を狙い、21型に強制冷却ファンを追加し、さらに高回転・高ブースト化した型。~
計画段階で中止された。~
~
--誉四一型(ハ45-41/NK9A):~
過給器を2段3速に変更し、強制冷却ファンとインタークーラーを設けた型。試作のみ。~
~
--誉四二型(ハ45-42/NK9A-O):~
41型の出力向上型。離昇出力2,200hp。試作のみ。~
~
--誉四四型(ハ45-44):~
41型と同じく2段3速の過給器を備えるが、インタークーラーを省き出力を控えめにした型。~
離昇出力1,810hp。試験中に終戦を迎える。~
~
--誉五二型(ハ45-52/NK9L):~
[[排気タービン]][[過給器]]、燃料直接噴射装置、強制冷却ファンを装備した型。~
~
--誉六一型(ハ45-61/NK9M):~
[[推進式>プッシャー式]]の機体向けに延長軸と強制冷却ファンを装備した型。~
~
-陸軍型~
--ハ145:~
2段3速過給器を備えた40番台に相当する陸軍仕様の型。~
二式単座戦闘機「鍾馗」三型に搭載され試験が行われていた。~
~
--ハ245:~
高高度性能の向上を図ったとされる陸軍向けの型。~
~

IP:114.161.18.168 TIME:"2017-10-10 (火) 19:03:41" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php?cmd=edit&page=%CD%C0" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/61.0.3163.100 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS