*&ruby(とくしまひこうじょう){【徳島飛行場】}; [#s84cfa30]
徳島県板野郡松茂町に所在する、[[防衛省]]管理の[[共用飛行場>空港]]。~
通称「徳島空港」。愛称は「徳島阿波おどり空港」。~
~
[[滑走路]]を以下に挙げる公共機関と共用している軍民共用空港である。~
-[[海上自衛隊]]徳島航空基地(JMSDF Tokushima Air Base)
-[[陸上自衛隊]]北徳島分屯地(JGSDF Vice-Camp Kitatokushima)((指揮命令系統上は善通寺駐屯地の分屯地。))
-[[陸上自衛隊]]北徳島分屯地(JGSDF Vice-Camp Kitatokushima)((指揮命令系統上は善通寺駐屯地(香川県)の分屯地。))
-徳島県警察航空隊
-徳島県消防防災航空隊

本飛行場は、[[第二次世界大戦]]中の1941年、[[日本海軍航空隊>日本軍]]の基地(([[九六式艦上戦闘機]]や[[白菊]]を配備していた。))として開設された((それ以前に大阪・堺から徳島・小松島市まで[[水上機]]の定期航路が存在していた(日本航空輸送研究所が運航)。))。~
終戦後は他の飛行場と同様、[[連合国軍>連合国(第二次世界大戦)]]によって接収されていたが、1958年に日本政府に返還され、[[防衛庁]]・[[海上自衛隊]]が同地に航空基地を開設、[[対潜哨戒機]]の飛行場として用いていた((後に実戦部隊は他の基地へ移駐し、現在は教育訓練部隊が配備されている。))。~
1962年に民間にも開放され「徳島空港」として用いられるようになった。~
>それまでは堺港((後に大阪側のターミナルは[[八尾空港]]→[[伊丹空港]]へと移転。))から吉野川水面までの[[飛行艇]]による定期便が運航されていた(日東航空が運航((後に日本国内航空→東亜国内航空→[[日本エアシステム]]となり、[[日本航空]]に経営統合される。)))。

現在では(冬季のみの季節便ながら)国際路線も運航され、四国東部の航空拠点としての役割を果たしている。~

**空港情報 [#o024a032]
|種別|軍民共用|
|[[滑走路]]|2,500m×45m(11/29)|
|3レターコード|TKS|
|4レターコード|RJOS|
|[[ILS>計器着陸装置]]|あり|
|設置・管理者|防衛省(海上自衛隊)|

**就航路線 [#tf45ba85]
|>|CENTER:''国内線''|
|CENTER:航空会社|CENTER:就航先|
|[[日本航空(JAL)>日本航空]]|[[東京国際空港]]・[[福岡空港]](([[ジェイエア]]の機材で運航。))・[[新千歳空港]]|
|[[全日本空輸(ANA)>全日本空輸]]|東京国際空港((ただし、貨物の取り扱いは不可。))|
|>|CENTER:''国際線''|
|キャセイドラゴン航空(HDA)|香港国際空港(冬季季節運航)|

**所在の部隊 [#wcdcdd0e]
-[[海上自衛隊]]隷下部隊
--教育航空集団徳島教育航空群
---第202教育航空隊([[TC-90>キングエア]]を装備)
---第202整備補給隊
---徳島航空基地隊
--[[呉地方警務隊徳島警務分遣隊>警務科]]

-[[陸上自衛隊]]隷下部隊
--[[中部方面隊]][[第14旅団>第14旅団(自衛隊)]]
---第14飛行隊([[UH-1J>UH-1]]を装備)
--中部方面航空隊
---中部方面管制気象隊第3派遣隊
--中部方面通信群
---第323基地通信中隊北徳島派遣隊
--徳島駐屯地業務隊北徳島派遣班

**所在の官公署航空組織 [#c5f1b3cc]
-徳島県警察生活安全部地域課
--徳島県警察航空隊([[EC135T2+>EC135]](愛称「しらさぎ」)を装備)
-徳島県庁危機管理部消防保安課
--徳島県消防防災航空隊([[BK117C-2>BK117]](愛称「うずしお」)を装備。[[ドクターヘリ]]的な運用をされており、大阪府や和歌山県にも相互乗り入れしている)

IP:153.188.229.13 TIME:"2021-03-07 (日) 07:43:00" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/89.0.4389.82 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS