*&ruby(たんぱ){【短波】}; [#hdcf083b]
High Frequency(HF)/Short Wave(SW).~
~
[[電波>電磁波]]のうち、波長が10〜100m・[[周波数]]が3〜30MHzのものを指す。~
「デカメートル波」とも呼ばれる。~
~
地上から200〜400kmの上空にある「電離層F層」で反射された反射波が地球上の遠方まで到達するため、適切な設備と[[周波数]]を使えば世界中との通信が可能な特性を持つ。~
一方で、宇宙空間との通信には不向きである。~
~
こうした特性から、かつては世界中との交信に広く用いられてきたが、周波数帯域が狭いため、現代の情報伝送量を賄うには小さくなりつつある((短波の利用例である[[超地平レーダー]]は、[[レーダー]]としての解像度が極めて低く、物体の輪郭を識別するのがやっとだという。))。~
このため、(映像など)大量の情報を伝送する際には[[超短波>VHF]]や[[極超短波>UHF]]などが用いられている((遠距離への伝送には[[通信衛星>人工衛星]]を用いることもある。))。~
また、到達距離を長く取れることから、原子時計を用いて正確な[[周波数]]と時刻の情報を国内外に伝達する「標準電波((標準時と[[周波数]]の国家標準または国際標準として政府機関等が送信する[[電波>電磁波]]。))」や[[超地平レーダー]]にも用いられていた。~
>標準電波は、日本では2001年3月31日以降、受信状況の安定している長波((30〜300kHzの[[周波数]]の電波。「キロメートル波」とも。))に切り替えられたが、他国では現在でも短波で送信している国がある。

**主な用途 [#wdf5fd71]
-ラジオ放送~
特に国外向けの放送に用いられることが多い。~
-洋上航空無線
-[[VOLMET放送]]
-[[VOLMET放送]]((欧州地域では[[VHF]]で送信している。))
-船舶無線
-軍用無線
-アマチュア無線
-非常通信
-[[超地平レーダー]]
-標準電波
-ICタグ((13.56MHz帯が用いられる。長波の125kHz帯や[[極超短波>UHF]]の2.45GHz帯を用いるものもある。))

IP:118.14.32.153 TIME:"2022-07-16 (土) 07:31:40" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php?cmd=edit&page=%C3%BB%C7%C8" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/103.0.0.0 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS