*&ruby(おびひろくうこう){【帯広空港】}; [#f0d7306c]
北海道帯広市に所在する[[特定地方管理空港>空港]]。[[愛称]]は「とかち帯広空港」。~
[[滑走路]]施設を以下の公的機関と共用する[[飛行場]]である。~
-[[航空大学校]]帯広分校
-北海道警察航空隊帯広分遣隊(「だいせつ1号」[[AW139]]が常駐)

本空港の歴史は、[[第二次世界大戦]]前の1937年、現在の[[陸上自衛隊]]帯広駐屯地の場所に[[旧日本陸軍>日本軍]]が設置した「緑ヶ丘飛行場」に始まる。~
戦後の1956年に[[陸上自衛隊]]が使用を開始し、1964年に[[第三種空港]]として民間利用が開始された。~
1971年には[[航空大学校]]の帯広分校が開校して訓練用飛行場としても用いられてきたが、帯広市街地に近いことによる騒音問題や[[滑走路]]の延伸が困難なことから、1981年に現在地に移転((なお、旧空港の敷地は[[飛行場]]機能が残されて「十勝飛行場」となり、[[陸上自衛隊]][[第5師団→第5旅団>第5旅団(自衛隊)]]の隷下部隊が利用している。))。~
終戦後しばらくは放置されていたが、1956年に[[陸上自衛隊]]が「帯広駐屯地」として使用を開始し、1964年に[[第三種空港]]として民間利用が開始された。~
1971年には[[航空大学校]]の帯広分校が開校して訓練用飛行場としても用いられてきたが、帯広市街地に近いことによる騒音問題や[[自衛隊]]施設との兼ね合いで[[滑走路]]の延伸が困難なことから、1981年に現在地に移転((なお、旧空港の敷地は[[飛行場]]機能が残されて軍用の「十勝飛行場」となり、[[陸上自衛隊]][[第5師団→第5旅団>第5旅団(自衛隊)]]の隷下部隊が利用している。))。~
同時に「[[第二種空港]]」に改められ、滑走路も2000mに延長して[[ジェット>ジェットエンジン]]機の利用を可能にした。~
~
2020年には「北海道エアポート」社(([[新千歳空港]]を筆頭とする道内主要7空港の運営を行う民間会社。))に施設の運営が委譲され、民営化された。~

**空港情報 [#a1c411b0]
|種別|特定地方管理空港(旧[[第二種空港]])|
|[[滑走路]]|2,500m×45m(17/35)|
|[[ILS>計器着陸装置]]|カテゴリー|
|3レターコード|OBO|
|4レターコード|RJCB|
|設置・管理者|北海道エアポート(施設の管理)&br;帯広市(土地の管理)|
~
**就航路線 [#lc988b6c]
|航空会社|就航地|
|[[日本航空(JAL)>日本航空]]|[[東京/羽田>東京国際空港]]、[[名古屋/中部>中部国際空港]](季節運航)|
|[[全日本空輸(ANA)>全日本空輸]]|東京/羽田([[ADO>AIRDO]]運航)|
|[[AIRDO(ADO)>AIRDO]]|東京/羽田|
~

IP:118.14.32.153 TIME:"2022-08-13 (土) 09:29:50" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/104.0.0.0 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS